「潜伏キリシタン」とは?

関連ニュース

森禮子さんの小説「五島崩れ」を舞台化 長崎・五島のキリシタン弾圧描く - 12月02日(月)11:04 

 福岡市出身の芥川賞作家、森禮子(れいこ)さん(1928~2014年)が長崎・五島列島でのキリシタン弾圧を描いた小説「五島崩れ」が12月13日、博多座(同市博多区)で舞台化される。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が昨年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録されたのを機に、市
カテゴリー:

ローマ法王来日 「長崎を最後の被爆地に」胎内被爆の長崎大司教、教皇のメッセージ期待 - 11月23日(土)19:01 

 23日に日本に到着し、38年ぶりの来日が実現したローマ教皇(法王)。カトリック長崎大司教区の高見三明(みつあき)大司教(73)は訪日を熱心に呼びかけてきた一人だ。禁教下に信仰を守った「潜伏キリシタン」の子孫であり、胎内被爆者でもある。「キリシタン弾圧の歴史への言及、そして『長崎を最後の被爆地に』との強いメッセージを」。24日、長崎を訪れる教皇に期待を込める。
カテゴリー:

ローマ法王来日 キリスト棄教していなかった? 千々石ミゲルの新説に注目 - 11月21日(木)13:02 

 38年ぶりのローマ法王の来日を前に、430年以上前に法王と謁見した「天正遣欧少年使節」の千々石(ちぢわ)ミゲル(1569~1633年頃)をめぐる新説が注目を集めている。使節で唯一、棄教したとされていたが、禁教下に信仰を守った「潜伏キリシタン」だった説が高まり、来年には埋葬地の本格調査に着手する予定だ。「法王来日が歴史を変える好機になれば」と研究者も期待する。
カテゴリー:

【隠れキリシタンの静かな祈り】高齢化する独自の信仰 法王訪日で注目 長崎 - 11月20日(水)02:56  newsplus

https://jp.reuters.com/article/widerimage-hiddenchristian-idJPKBN1XT058 Reuters 2019年 11月 19日 4:48 PM JST 隠れキリシタンの静かな祈り、高齢化する独自の信仰 [生月島(平戸市)/長崎市 15日 ロイター] - 着物姿の漁師、川崎雅市さん(69)は、聖母マリア像が飾られた祭壇の前にひざまずいて十字を切ると、何世紀にもわたって受け継がれてきた聖歌を静かに詠唱し始めた。長年の潮焼けが顔にしわを刻む。 ローマ法王フランシスコの訪日を23―26日に控え、隠れキリシタンが注目を集めている。長崎には国内...
»続きを読む
カテゴリー:

潜伏キリシタンの「マリア」修復 法王にレプリカ贈呈へ 京都の会社 - 11月20日(水)00:00 

 江戸時代に長崎の潜伏キリシタンによって崇敬、保存されてきた絵画「雪のサンタマリア」が、美術工芸品の修復を手がける京都市左京区の宇佐美修徳堂(宇佐美直治社長)によって修復された。絵画を所蔵する「日本二十六聖人記念館」(長崎市)によると、来日するフランシスコ・ローマ法王が24日、同館前にある記念碑を訪
カテゴリー:

こんなにある酒の世界文化遺産 - 11月29日(金)13:00 

2019年11月29日 株式会社酒文化研究所 世界文化遺産にしたい「麹を利用した日本の発酵食文化」 酒好きほぼ100人に聞くアンケート「酒飲みのミカタ」世界遺産にしたい酒 フランシスコ・ローマ教皇が来日し、世界文化遺産に認定された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をはじめ広島、東京など歴訪されました。今回の訪日とユネスコの世界文化遺産登録は直接の関係はありませんが、登録されると多くの人の関心をひき、その文化の周知と理解を促すことはたしかでしょう。 ちなみに酒関連の世界文化遺産も海外に多数あります。あなたはいくつご存じでしょうか? 今回の、酒飲みほぼ100人に聞くアンケート「酒飲みのミカタ」は、酒関係の世界文化遺産と世界文化遺産に登録したい酒について伺いました。 ■「和食:日本人の伝統的な食文化」は7割が認知 アンケートでは次の世界文化遺産を列記して、ご存じのものを選んでもらいました。 ・フランス ボルドーのサン・テミリオン地区の歴史的建造物とブドウ畑(1999年) ・ポルトガル アルト・ドウロ・ワイン生産地域(2000年) ・ハンガリー トカイワイン産地の文化的景観(2002年) ・イタリア オルチャ渓谷の美しい景観(モンタルチーノなど著名なワイン産地がある 2004年) ・メキシコ リュウゼツラン景観とテキーラ村の古式産業施設群(2006年) ・スイス ラ...more
カテゴリー:

「長崎を最後の被爆地に」胎内被爆の長崎大司教、教皇のメッセージ期待 - 11月23日(土)18:59 

 23日に日本に到着し、38年ぶりの来日が実現したローマ教皇(法王)。カトリック長崎大司教区の高見三明(みつあき)大司教(73)は訪日を熱心に呼びかけてきた一人だ。禁教下に信仰を守った「潜伏キリシタン」の子孫であり、胎内被爆者でもある。「キリシタン弾圧の歴史への言及、そして『長崎を最後の被爆地に』との強いメッセージを」。24日、長崎を訪れる教皇に期待を込める。
カテゴリー:

ローマ法王来日へ 大阪で一子相伝つないだ信仰 - 11月20日(水)12:45 

 タイと日本歴訪のために19日夜(日本時間20日未明)、ローマを出発した第266代ローマ法王、フランシスコ(82)。「パパ」と親しまれ、全世界のカトリック信徒13億人のトップだ。23日からの日本滞在中は、禁教下に信仰を守った「潜伏キリシタン」の歴史にも触れる予定で、大阪北部の山あいに暮らす江戸期の潜伏信者の子孫たちは、特別な思いで来日を待ち望んでいる。
カテゴリー:

潜伏キリシタンの信仰対象「雪のサンタマリア」修復、レプリカはローマ法王へ - 11月20日(水)00:12 

 古い絵画や書籍の修理を手がける宇佐美修徳堂(京都市左京区)は19日、16~17世紀に描かれ長崎の潜伏キリシタンが信仰の対象とした宗教画「雪のサンタマリア」の修復が終了したと発表した。所有する「日本二十六聖人記念館」(長崎市)によると、潜伏キリシタンへの弾圧や戦時中の原爆投下などの被害を逃れた貴重な作品で、本格的な修復は初めてという。
カテゴリー:

「潜伏キリシタン」の画像

もっと見る

「潜伏キリシタン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる