「準天頂衛星」とは?

関連ニュース

準天頂衛星システム「みちびき」を活用したドローン実証実験を実施しました - 05月23日(木)17:00 

経済産業省及び内閣府宇宙開発戦略推進事務局、NEDO、楽天(株)は、準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位情報をドローンの自律飛行制御に活用し、国内で初めて、周囲が構造物で囲まれたドーム環境におけるピンポイント配置の実証実験を行いました。
カテゴリー:

準天頂衛星「みちびき」で実現、工場工程間のリアルタイムデータ収集・活用術 - 05月13日(月)06:10 

前回に引き続き、「IVIシンポジウム2019 -Spring- ~スマートシンキングが拓くものづくりの未来~」のレポートをお送りします。今回は、IVIの主要な活動である「業務シナリオワーキンググループ(WG)」と、そのWGの1つで、IVI発足当時から活動が継続している「拡張MESによる工場工程間のリアルタイムデータ収集・活用」WGの活動について、小島プレス工業の大島啓輔氏の講演を紹介します。
カテゴリー:

NTP処理能力が従来機種の2.5倍以上向上 セイコーのNTPサーバーに新ハイエンドモデルが登場 -複数年保守の標準対応や電源二重化など、高可用性も追求- - 05月15日(水)14:00 

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、セイコーのNTPサーバー「Time Serverシリーズ」の新ハイエンドモデルとして、NTP処理能力の向上と消費電力の大幅低減を実現した「TS-2560」を開発し、本日より販売を開始します。 「Time Server TS-2560」は、1999年の発売以来、公共分野および金融・医療・通信をはじめとする幅広い業界に約10,000台の導入実績をもつ「Time Serverシリーズ」の最新機種です。 時刻ソースとして、従来からのGPSに加え、新たに準天頂衛星システム(QZSS)とロシアの衛星測位システム(GLONASS)をサポートするマルチGNSSに対応します。 また、うるう秒対策(即時モード/漸次モード)など従来の「TS-2550」で備えているNTPサーバーとしての機能はすべて継承したうえで、NTPパケットの処理能力を2.5倍以上(弊社比)向上させるとともに、約40%の消費電力低減を実現しています。 運用・管理面においては、AC電源の二重化や設定情報の外部記憶媒体への保管対応など、高可用性を追求するとともに、標準で複数年の保守がつくため、大規模システムやデータセンターなどでの利用に適しています。 なお、「Time Server TS-2560」は2019年6月12日(水...more
カテゴリー:

「準天頂衛星」の画像

もっと見る

「準天頂衛星」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる