「減収減益」とは?

関連ニュース

米エヌビディアの5-7月期、減収減益 ゲーム向け.. - 08月16日(金)12:24 

米エヌビディアの5-7月期、減収減益 ゲーム向けGPUは回復基調
カテゴリー:

【携帯キャリア】楽天モバイルの“スモールスタート”が各社の戦略に影--携帯大手3社の決算を読み解く - 08月14日(水)13:36  bizplus

 携帯電話大手3社の2019年度第1四半期決算が出揃った。ソフトバンクが増収増益を続ける一方、NTTドコモが新料金プランの影響で減収減益、KDDIも増収だが減益となるなど、久しぶりに各社の明暗が分かれた決算となった。  しかし、今後の関心はやはり10月の電気通信事業法改正と、楽天モバイルの新規参入の影響だろう。そこで、各社の通信事業と10月以降の取り組みにフォーカスし、今回の決算を振り返ってみたい。 □ドコモは新料金プランなどの影響で減収減益に  7月26日に発表されたドコモの第1四半期決算は、売上高が前年同期比1...
»続きを読む
カテゴリー:

ミクシィの1Qは85%の営業減益 止まらぬ「モンスト」不調 責任者変更で原点回帰へ - 08月09日(金)20:44  newsplus

ミクシィが2020年3月期第1四半期の連結決算を発表。売上高が前年同期比39.9%減の207億8000万円、営業利益が同85.2%減の16億3700万円、 最終利益が同84.4%減の11億3400万円と減収減益だった。不調が続くモンストの責任者を変更しており、原点に回帰してV字回復を目指すとしている。  ミクシィが8月9日に発表した2020年3月期第1四半期(19年4~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比39.9%減の207億8000万円、営業利益が 同85.2%減の16億3700万円、最終利益が同84.4%減の11億3400万円と減収減益だった。主力のスマートフォンゲ...
»続きを読む
カテゴリー:

ミクシィの1Qは85%の営業減益 止まらぬ「モンスト」不調 責任者変更で原点回帰へ - 08月09日(金)16:06 

ミクシィが2020年3月期第1四半期の連結決算を発表。売上高が前年同期比39.9%減の207億8000万円、営業利益が同85.2%減の16億3700万円、最終利益が同84.4%減の11億3400万円と減収減益だった。不調が続くモンストの責任者を変更しており、原点に回帰してV字回復を目指すとしている。
カテゴリー:

DeNA、1Q決算は減収減益--「マリオカート」と「ポケモン」で巻き返し狙う - 08月09日(金)09:00 

ディー・エヌ・エー(DeNA)は8月8日、2020年3月期第1四半期(2019年4~6月)の連結決算を発表。売上収益は313億8300万円、営業利益は23億1900万円、純利益は24億4700万円で減収減益に。減少トレンドが続くゲーム事業は、夏配信予定の「マリオカートツアー」と「ポケモンマスターズ」で巻き返しを図る。一方、スポーツ事業は好調となっている。
カテゴリー:

ルネサス---続伸、米エヌビディアが決算を受けて時間外取引で上昇 - 最新株式ニュース - 08月16日(金)10:23 

<6723>  ルネサス  627  +11続伸。アプライドマテリアルズやエヌビディアなど米半導体大手が市場予想を上回る決算を発表しており、同社など国内半導体関連にも買いが波及する展開になっている。同社との連動性が強いエヌビディアは、一時項目を除いた第2四半期EPSが1.24ドル、売上高が25.8億ドルとなり、減収減益とはなったものの、市場予想の1.14ドル、25.4億ドルを上回った。時間外取引で
カテゴリー:

【テレビ】<視聴率/絶好調のテレビ朝日>若い世代の視聴率が良いとは言えず、スポンサー獲得に繋がらない - 08月12日(月)22:20  mnewsplus

「ついに『ポツンと一軒家』が視聴率20%を突破した」テレビ朝日が大々的にそう発表しても、なぜか業界関係者は冷ややかだ。その理由が「視聴率」の内情を細かく分析することで見えてきた。 広告収入はなぜか減少 〈編成部から嬉しいお知らせです。昨日の『ポツンと一軒家』の視聴率が20%を超え、ゴールデンで断トツのトップを獲得しました〉 東京・六本木のテレビ朝日本社では今年4月以降、午前10時になるとほぼ連日、こんな景気のいいアナウンスが、番組名と数字を替えて館内に響き渡る。 テレ朝の視聴率(ビデオリサーチ社調...
»続きを読む
カテゴリー:

製紙2社増益、値上げ貢献 日本製紙は黒字転換 - 08月09日(金)18:58 

 製紙大手4社の令和元年4~6月期連結決算が9日出そろった。紙の国内需要が低迷する中、製品価格の値上げが貢献したレンゴーと大王製紙は最終損益で増益を確保し、日本製紙も黒字に転換した。最大手の王子ホールディングス(HD)は原材料価格の高騰が響いて減収減益だった。
カテゴリー:

ベイスターズの4~6月の収益 80億円(前年同期比18%増) - 08月09日(金)14:33  livejupiter

ディー・エヌ・エー(DeNA)は8月8日、2020年3月期第1四半期(2019年4~6月)の連結決算を発表した。 売上収益は313億8300万円(前年同期比7.5%減)、営業利益は23億1900万円(同54.6%減)、 純利益は24億4700万円(同53.2%減)で減収減益となった。 季節性の強いスポーツ事業を除いた売上収益は234億円(同14%減)、 Non-GAAP営業利益は4億円の赤字となっている。 主力であるゲーム事業については、売上収益は197億円(前年同期比8%減)、 営業利益は34億円(同36%減)と減収減益。前四半期から見ても減収減益となっている...
»続きを読む
カテゴリー:

プレサンス---前年1Qの大型物件売上の影響で減収減益も、高水準の売上を継続し、業績予想に対し順調に進捗 - 最新株式ニュース - 08月08日(木)16:57 

<3254>  プレサンス  1489  +21プレサンスコーポレーション<3254>は7日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比16.3%減の682.40億円、営業利益が同27.0%減の140.66億円、経常利益が同27.3%減の139.26億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同26.8%減の96.03億円となった。前年同期の特殊要因として同社最
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「減収減益」の画像

もっと見る

「減収減益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる