「消防防災ヘリコプター」とは?

関連ニュース

登山客の救出手順確認 高梁市消防署が山岳救助訓練 - 10月20日(水)16:06 

 登山客が増える紅葉シーズンを迎え、高梁市消防署は19日、松山の高梁美しい森で山岳救助訓練を行った。岡山県消防防災ヘリコプター「きび」と連携、谷あいに落ちた遭難者の救出手順を確認した。 散策中...
カテゴリー:

兵庫県の防災ヘリ、大阪・西成の上空でスマホを落とす - 10月15日(金)01:28  news

兵庫県は10月14日午後5時8分ごろ、大阪府内での山岳救助から戻る途中の消防防災ヘリコプターから、 大阪市西成区付近でスマートフォン1台が落下したと発表しました。 落下時の高さはおよそ300メートルで、現時点では、けが人などは確認されていないということです。 https://news.yahoo.co.jp/articles/7ff811e926ccfb348a3153b579ae668c7ec8c1f5 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】大阪西成にヘリからスマホが落下 - 10月15日(金)07:49  livejupiter

兵庫県は10月14日午後5時8分ごろ、大阪府内での山岳救助から戻る途中の消防防災ヘリコプターから、大阪市西成区付近でスマートフォン1台が落下したと発表しました。(サンテレビ) ...
»続きを読む
カテゴリー:

消防ヘリ参加、水難救助訓練 イマリンビーチ - 10月08日(金)09:26 

佐賀県内の5消防本部と県防災航空隊が参加する水難事故を想定した合同救助訓練がこのほど、伊万里市のイマリンビーチで行われた。約60人が参加し、消防防災ヘリコプターを使った検索や救助の連携などを確認した。 訓練は各消防本部の持ち回りで毎年実施し、防災航空隊は初めて参加した。2024年にイマリンビーチで開かれる国民スポーツ大会水泳オープンウオーター競技で、複数人が行方不明になる想定で行った。 航空隊のヘリは要請を受けて30分余りで現場に到着。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる