「消費行動」とは?

関連ニュース

【無料ウェビナー】「Withコロナにおける国内マーケットのSNSマーケティング予算・施策の見直し方」8/25(火)11:00~ペイサー主催 - 08月07日(金)11:00 

ペイサー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:レオン メイ ダニエル、以下ペイサー)は、8月25日(火)11:00から、国内マーケットマーケティング担当者様向けのオンラインセミナー「Withコロナにおける国内マーケットのSNSマーケティング予算・施策の見直し方」を開催します。お申し込み:https://pacer0825.peatix.com/■「Withコロナにおける国内マーケットのSNSマーケティング予算・施策の見直し方」開催概要【内容】コロナを経て、消費者の生活スタイルや消費行動が変化し、これまでのマーケティング手法を見直さざるを得ない状況となりました。弊社には、SNSの運用に力を入れるべきか、広告に力を入れるべきか悩まれている企業様の声も寄せられています。一方で、SNSをはじめとしたプラットフォームでは新サービスや機能がリリースされ、新たなビジネスチャンスも広がっています。本セミナーでは、マーケティング予算や使い道の見直しが求められる今だからこそ知っていただきたい、SNSの活用戦略についてお話させていただきます。戦略的なお話のみならず、セミナー後すぐに活用できる運用ノウハウなどもご紹介させていただきますので、ぜひお気軽にご参加ください。<こんな方におすすめです>国内マーケットマーケティング担当者様・コロナを経て、デジタルシフトや既存の戦略見直しが求められている・マーケティ...more
カテゴリー:

三菱自、年度内にサブスク 消費行動「所有から利用へ」流れ強まる - 08月07日(金)05:00 

三菱自動車の加藤隆雄最高経営責任者=CEO=(58)は共同通信のインタビューに応じ、月単位などでの定額料金で車を貸し出す「サブスクリプション」のサービスを今年度…
カテゴリー:

BLファンの年間消費額「10万円以上」が4割、外出自粛の影響は? - 08月06日(木)20:00 

サンディアスは7月31日、「BL消費行動」に関するアンケート結果を発表した。調査は3月18日~23日、運営するBLポータルサイト「ちるちる」ユーザー、及び「ちるちる」Twitterフォロワー1,378名(平均年齢:約34歳)を対象にインターネットで行われた。
カテゴリー:

千趣会の上期 通販事業が増収増益、ブライダルの不振で連結では赤字も、ファンドとの提携解消  - 08月06日(木)07:30 

 千趣会の上期(1~6月)業績は、主力の通販事業が好調に推移したものの、これまで収益貢献してきたブライダル事業が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて大幅な減収減益・赤字となり、連結の売上高は前年同期比3・8%減の422億2600万円、営業損失が5億6300万円(前年同期は5億5900万円の黒字)、四半期純損失が30億円(同79億円の黒字)となった。  主力の通販事業は、一定期間購入のないユーザーに積極的なアプローチを行うなど、顧客基盤の再構築に注力した結果、減少傾向にあった購入者数が好転した。また、商品仕入れのオペレーション改革による原価低減推進などの効果や、新型コロナ感染症拡大に伴う巣ごもり消費の増加、リモートワークに起因する家具・生活用品販売の拡大などの新たな需要を獲得したことで、通販事業の売上高は前年同期比11・8%増の346億5000万円に、営業利益は前年同期の3200万円から12億1500万円へと大幅に改善した。  とくに休眠客に対してはDMなどでアプローチした結果、継続・復活会員が前年同期比41万2000人増えたほか、育児カタログの産院設置再強化などで新規会員数も同12万9000人増となった。  加えて、コロナで変化した消費行動を的確に捉え、ECでの生活提案やSEO対策などを強化したことも奏功し、通販事業の月次売上高は4月が前年同月比21・4%増、5月が同30...more
カテゴリー:

ビール、ゴルフ、持ち家…… 新型コロナで復活した、ミレニアル世代の若者によって消滅しかけた7つのアイテム - 08月03日(月)04:45 

新型コロナウイルスの流行は、人々の消費行動を変えている。
カテゴリー:

美人アナリストも驚く好業績!キャンドゥはコロナ禍で何を売った? - 08月07日(金)05:00 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの企業がダメージを受けました。一方で、業績をアップさせた企業もあります。その中で、株式アナリストとして個別銘柄・市況の分析を行う馬渕磨理子さんが注目したのは、100円ショップの『キャンドゥ』。株価も上昇しているといいます。コロナ禍の中で、キャンドゥが取った戦略、そしてどんな商品が売れたのでしょうか? 馬渕さんが解説していきます。 プロフィール:馬渕 磨理子(まぶち・まりこ)京都大学公共政策大学院、修士過程を修了。フィスコ企業リサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行う。認定テクニカルアナリスト(CMTA®)。全国各地で登壇、日経CNBC出演、プレジデント、SPA!など多数メディア掲載の実績を持つ。また、ベンチャー企業でマーケティング・未上場企業のアナリスト業務を担当するパラレルキャリア。大学時代は国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞。Twitter https://twitter.com/marikomabuchi 100円ショップ『キャンドゥ』の4倍返し 新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクやウェットティッシュなどの衛生商品は品不足となりましたが、そこで需要を獲得したのが100円ショップです。中でも、キャンドゥの株価はコロナ以前よりも高くなっています。 3月の底値1411円から、直近の高値2569円まで(1158円幅)上昇。コロナ以前...more
カテゴリー:

【経済】マイクロソフトがティックトックを欲しがる5つの理由 ~ 消費者市場での成功欲と利用者データがカギ - 08月06日(木)21:40  newsplus

マイクロソフト(Microsoft)が北京バイトダンス(ByteDance=北京字節跳動科技)傘下のティックトック(Tiktok)を買収するというのは、やや不自然に思われる。マイクロソフトは、法人向け事業を中核と位置づけてきてが、途中からアップルを意識して消費者市場に参入し始めた。マイクロソフトは、多くの分野でいくつもの製品やサービ スを投入してきたが、ことごとく失敗している。かろうじてエックスボックスだけが成功した。そのマイクロソフトが、完全なる消費者向け事業であるティックトックの買収になぜ積極的なのか。ヴァージ誌に...
»続きを読む
カテゴリー:

消費行動の世界基準! モノやサービスを買うなら「B-Corp」で。【VOGUEエディターの #ChangeChallenge 】 - 08月06日(木)19:00 

たとえプロダクトがサステナブルでも、それを手掛ける企業が地球や人にやさしくなければ意味がない!  というわけで、エディターたちのサステナブルライフへの取り組みを紹介するリレー連載「VOGUEエディターの #ChangeChallenge」最新回は、モノやサービスを買うときの指標となるアメリカ発「B-Corporation」認証について。
カテゴリー:

エディオン---1Q営業利益 黒字転換55.36億円、進捗率42.5% - 最新株式ニュース - 08月03日(月)09:07 

<2730>  エディオン  1107  +90第1四半期決算は、売上高が前年同期比2.7%増の1753.04億円、営業損益は55.36億円(前年同期は28.98億円の赤字)の黒字に転じた。通期計画に対する営業利益の進捗率は42.5%となる。経済活動を段階的に再開する中で、「新しい生活様式」への対応や、特別定額給付金の支給開始などから消費行動に対する意欲が高まり、来店客数・売上ともに回復。在宅勤務
カテゴリー:

【コラム】“ギルティー・プレジャー”という存在意.. - 08月02日(日)07:55 

【コラム】“ギルティー・プレジャー”という存在意義と消費行動 エディターズレターバックナンバー
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「消費行動」の画像

もっと見る

「消費行動」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる