「消費行動」とは?

関連ニュース

デジタルネイティブ「Z世代」各国の消費行動をレポート、日本はゲームアプリが人気 - 12月07日(土)10:59 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

App Annieがレポート公開!デジタルネイティブZ世代にエンゲージするには? - 12月04日(水)16:00 

モバイル市場データプラットフォームを提供するApp Annie(アップアニー)は、16~24歳の「Z世代」と呼ばれる若年層の各国での市場動向、モバイルでの消費行動をまとめたレポートを発表した。 「Z世代」は、生まれたときからインターネットが普及している環境下で育った、まさにデジタルネイティブな世代。この世代は、2019年末までにひとつ上のミレニアル世代を超えて、もっとも人口の多い世代となり、世界人口の約32%を占めるとみられる。 今後はこの世代が社会に進出し、購買活動を広げていくことが見込まれる。「Z世代」は、これまでの世代とは異なり「所有」より「利用」に価値を置く傾向があるなど、企業にとっては将来の顧客層である「Z世代」の顧客理解を進めることは避けて通れない。 ・日本の「Z世代」はゲームアプリへの関心が高い それでは、各国の動向を大まかに見ていく。 日本の「Z世代」の顕著な特徴として挙げられるのは、ゲームの利用時間。利用時間が長いだけでなく、ゲームアプリのアクセス回数が世界平均より80%も多い。 また、2019年上半期の時点で、日本はアメリカに比べて人口が少ないにも関わらず、ゲームアプリの消費支出はアメリカに次いで世界2位という非常に高い数値となっている。日本の「Z世代」は、ゲームアプリに対する関心がかなり高いといえる。 次に、ソーシャル分野に注目してみよう。ソーシャルメディアと...more
カテゴリー:

日・中のクロスオーバー消費行動モデルをフレーム化 「Dentsu CXC」がハイブリッド市場マーケティング向けのソリューションを強化 - 12月02日(月)12:22 

電通と電通イージス・ネットワークは12月2日、日本と中国のハイブリッド市場のマーケティング課題にクロスボーダーで対応していくグループ横断組織「Dentsu China Xover Center」が中心となり、グループ各社との連携のもと、総合ソリューションを強化していくと発表した。
カテゴリー:

エシカル消費の情報発信を強化 徳島県、12月2日からSNSや動画で - 12月01日(日)11:00 

徳島県は、クリスマスなどで消費行動が活発化する12月、人や社会、環境に配慮した「エシカル(倫理的)消費」についての理解を深めてもらうため、情報発信を強化する。
カテゴリー:

「環境・社会への配慮」購買の判断基準に、サーキュラーも浸透。博報堂調査 - 11月29日(金)10:42 

SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた取り組みが活発になる中で、日本でも資源をムダづかいしないよう「必要最小限を買い(ミニマル)」、修理などしながら「長く使い(ロングライフ)」、不要になったものも「人にあげる・売る(サーキュラー)」という購買行動が増えつつある。株式会社博報堂が11月18日に発表した「生活者のサステナブル購買行動調査」では、令和の消費スタイルが浮かび上がった。 調査は直近2~3カ月で食品・飲料・日用品を購入した全国20~60代の男女計6000名を対象に実施。日本の生活者が環境・社会を意識した消費行動にどう取り組んでいるか聞いた。 結果は、必要最小限の量を買って長く使う行動が定着しており、特に長く使えるものを買う生活者は9割以上に上る。「まだ使えるのは修理して使う」「必要最小限の量だけを買う」「資源をムダづかいしないように気を付けて買う」も7割以上で、安いモノを買っては使い捨てるという消費行動とは正反対だ。「不要になったがまだ使えるものは人にあげたり売ったりする」という回答は20・30代の女性を中心に7割となり、“モノの循環行動”が浸透してきている。 では、モノを買うとき、生活者は何を重視するだろうか。今後の購買意向では「環境や社会に悪い影響を与える商品は買わない(82.7%)」「環境や社会に悪い影響を与える企業の商品は買わない(81.0%)」などのボイコット(不...more
カテゴリー:

【消費支出】10月実質消費支出5.1%減、11カ月ぶりマイナス-駆け込み反動と台風で - 12月06日(金)13:10  bizplus

→減少幅は16年3月以来の大きさ、前回消費増税の14年4月を上回る →消費税のショックを吸収するのはなかなか難しい-農中総研の南氏 総務省が6日発表した家計調査によると、10月の消費支出(2人以上の世帯)は物価変動を除いた実質ベースで前年同月比5.1%減と、11カ月ぶりにマイナスとなった。10月の消費増税を控えた駆け込みの反動と台風が影響した。減少幅は2016年3月(5.3%)以来の大きさで、前回消費税率が引き上げられた14年4月(4.6%)を上回った。 ・キーポイント ・実質消費支出のブルームバーグ調査予想中央値は...
»続きを読む
カテゴリー:

東急プラザ渋谷にポップアップスペース「111」 センサーで消費行動把握 - 12月02日(月)21:35 

12月5日に開業する東急プラザ渋谷(渋谷区道玄坂1)3階に、ポップアップスペース「111-ICHIICHIICHI-」がオープンする。 #シブヤ経済新聞
カテゴリー:

電通と電通イージス・ネットワーク、日本・中国ハイブリッド市場におけるマーケティングソリューション強化 - 12月02日(月)11:15 

2019年12月2日 株式会社 電 通 電通と電通イージス・ネットワーク、日本・中国ハイブリッド市場における統合的マーケティングソリューションを強化  株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と電通イージス・ネットワークは、日本と中国の企業が抱える日本・中国ハイブリッド市場のマーケティング課題にクロスボーダーで対応していくグループ横断組織「Dentsu China Xover Center」(略称「Dentsu CXC(デンツウ シー・バイ・シー)」https://cxc-dentsu.com)が中心となり、グループ各社との連携の下、以下の2点により統合ソリューションを強化します。  1.日本・中国クロスオーバー消費行動モデル概念「SSSフレーム」を開発  2.中国有力EC運営会社「Leqee」(以下「ラーチー社」)との戦略的業務提携  1. 日本・中国クロスオーバー消費行動モデル概念「SSSフレーム」を開発  ※添付のPDFをご参照ください。  電通グループでは、中国インバウンド、越境ECの重要度が高まるこれからの時代における日本・中国クロスオーバー消費行動モデル概念「SSSフレーム」を開発し、企業・団体へのコミュニケーション・プランニングにおいて提唱していきます。  この消費行動モデル概念「SSSフレーム」は、日本と中国を別の市場として捉えるのではな...more
カテゴリー:

《J( 'ー`)し オキアミに見えるしオキアミの味だけど駿河湾で獲れたサクラエビらしいわ、これ》景品表示法違反か - 11月30日(土)06:01  newsplus

サクラエビ 誤解招く表示で指導 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20191129/3030005011.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 駿河湾でとれたサクラエビだと誤解を招く表示で台湾産のものを販売したとして、 静岡県は景品表示法に違反する疑いがあるとして、これまでに県内11の事業者に 行政指導を行ったことがわかりました。 駿河湾特産のサクラエビが記録的な不漁となる中、静岡県が飲食店や小売店を対象に実施している 景品表示に関する定期的な調査で...
»続きを読む
カテゴリー:

トヨタ、キャッシュレス決済アプリの提供開始 海外展開も計画 - 11月19日(火)22:08 

 トヨタ自動車は19日、スマートフォン用のキャッシュレス決済アプリ「トヨタウォレット」を開発し、提供を始めたと発表した。車の「所有から利用へ」の流れが進む中、カーシェアリングやレンタカー事業などで少額決済の利便性向上を図る。また、利用者の消費行動に関するデータを集め、商品やサービス改善にも生かしたい
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「消費行動」の画像

もっと見る

「消費行動」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる