「消費拡大」とは?

関連ニュース

梅議連 梅の長所を継続発信 紀州産は過去最悪の凶作(食品新聞) - 06月22日(土)07:08 

梅振興議員連盟は6月13日、参議院議員会館で第28回総会を開催し、今年度の決議文を採択した。同議連は梅産業の振興を目的に国会議員で作られ、梅と梅加工品の消費拡大や輸出促進などに取り組んでいる。 冒頭
カテゴリー:

10年後はインドとアメリカの2強になる!?投資のプロが中国との違いも解説 - 06月21日(金)12:08 

10年後の世界経済は、中国経済が停滞するなか、インドとアメリカの2強になっている可能性が高いでしょう。 モディ首相は2036年夏季五輪の誘致を目指しており、「36年の五輪開催に向けて、あらゆる手を尽くす」と公言しています。2028年のロサンゼルス五輪にインドの国技とも言えるクリケットが採用されたことを機に、インドの五輪開催の可能性が高まっています。10年後のインドは五輪を目前に控え、いたるところでインフラ整備や建設ラッシュが起きていることでしょう。 参照:ブルームバーグ「インド、2036年の夏季五輪招致目指す-モディ首相」 本稿では、投資のプロである筆者が、10年後の世界経済を予想します。インド経済についても解説するので、是非参考にしてみてください。 ※本記事は2024年6月19日時点の情報です。最新の情報についてはご自身でもよくお調べください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 SBI証券のサイトを見る[PR] 目次 10年後の世界経済 インド躍進の理由 2-1.政治が安定 2-2.人口構造 2-3.所得が増加傾向 2-4.言語と地理 2-5.白物家電・自動車の普及 10年後のインド経済 まとめ 1.10年後の世界経済 10...more
カテゴリー:

元祖よこはま焼きそば 目指せ新B級グルメ - 06月20日(木)15:26 

青森県横浜町の新たなB級グルメを目指して、町民有志が考案した「元祖よこはま焼きそば」が完成した。菜の花で知られる同町産の菜種油と、地元産ブランド豚「ほろよい豚」を使った塩焼きそば-が基本のレシピ。お披露目の試食会が19日、同焼きそばを提供する認定店第1号となった同町舘ノ後の「御食事処はまなす」で行われた。菜種油やほろよい豚の消費拡大と知名度向上などを目指し、同町のまちおこしグループ「よこはまSUN*SUN(サンサン)プロジェクト」(岩田広行代表)が春から試作を重ねてきた。基本のレシピが守られて…
カテゴリー:

水産物の冷凍加工業を行う「きゅういち」 能登半島地震で被災した珠洲市にホタテを送る、支援ページを公開 - 06月19日(水)09:00 

クックビズ株式会社の連結子会社である、水産物の冷凍加工を行う、きゅういち株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役社長:藪ノ 賢次、以下きゅういち)は、2024年1月に起こった能登半島地震で被災した珠洲市にホタテを送る支援ページを立ち上げました。 https://kyuichi.co.jp/pages/91support ■支援ページ立ち上げの背景 2024年1月1日の能登半島地震から半年が経ち、ニュースなどでは被災地の情報を得る機会が減っています。しかし、国道を含む多くの道路で土砂崩れや道路の陥没、アスファルトの割れといった被害は、5月末時点でも46区間で続いています。 また、被害の大きかった珠洲市では今もなお、ボランティアによる炊き出しが行われており、日々の食材調達が大きな課題となっています。 そこで当社では、5月2日に石川県珠洲市の健康増進センターへホタテ100kgを寄付。1,500食近くのお弁当の具材として活用いただきました。この取り組みを一度のみで終わらせるのではなく、継続的に支援を行うことを目指して支援ページを立ち上げました。 またきゅういちでは、2023年8月に中国が発表した禁輸措置などにより、出荷予定のホタテが行き場を無くし影響を受けておりました。 そこで2023年9月4日から一般消費者向けのECサイトをオープン。「食べて応援」を掲げ、国内消費を呼びかけたところ、3ヶ...more
カテゴリー:

風味爽やか 小川原湖産シラウオが棒ずしに - 06月14日(金)19:36 

青森県東北町の小川原湖漁協(濱田正隆組合長)は、八戸市の水産加工会社「ディメール」(小軽米道善社長)と共同で「しらうおの棒寿司」を開発した。小川原湖産シラウオは生食流通を自粛している影響で取引量が激減しており、同漁協は新たな商品で消費拡大を図る。町役場で14日、完成報告と試食会が開かれた。淡水魚などにつく寄生虫・顎口虫(がっこうちゅう)が皮膚に引き起こす「顎口虫症」の可能性のある患者が2022年に県内で確認されたことを受け、同漁協は加熱や冷凍処理したシラウオだけを出荷している。ただ、主力の生食…
カテゴリー:

「みかわ牛」PRに愛知・大村知事の名刺活用 銘柄推進協議会が表敬訪問で謝意 みそすき焼きの試食も(食品新聞) - 06月22日(土)07:04 

愛知県産ブランド和牛「みかわ牛」の認知向上と消費拡大を目指す「みかわ牛銘柄推進協議会」(以下協議会)が5月27日、同協議会の名誉会長を務める大村秀章愛知県知事を訪問した。 県では2011年度から、知
カテゴリー:

高橋洋一先生「中国人は相続税ゼロ、日本人は相続税世界一。これではどんどん不動産が中国人に買われる」 - 06月21日(金)08:16  poverty

相続税を「ゼロ」にすべき理由 所得税と〝二重課税の弊害〟目立つ 消費拡大や家族の助け、不動産を中国から守る策にも https://news.yahoo.co.jp/articles/6b4bc50f938217e1bc248494cb8b850c9e1295d3?page=1 ...
»続きを読む
カテゴリー:

観光白書2024が発刊、消費拡大効果高いコンテンツを重点支援、カギは地方部での滞在の促進(トラベルボイス) - 06月19日(水)13:30 

政府は2024年6月18日、令和6年(2024年)版「観光白書」を閣議決定し、発刊された。今回の白書は3部構成で、特に第III部で2024年度に講じようとする施策について、観光立国推進基本計画の柱とな
カテゴリー:

【栃木】 「田んぼアート」に「U字工事」那須塩原 - 06月17日(月)06:40  mnewsplus

06月12日 15時10分 栃木県産のコメの消費拡大をはかろうと、さまざまな色の稲で、地元出身のお笑いコンビの姿を描いた「田んぼアート」の公開が、那須塩原市で始まっています。 那須塩原市の中野登喜男さんは、毎年、市内の西遅沢地区の田んぼで、さまざまな色の稲を育てて絵を描く「田んぼアート」を制作しています。 ことしは、地元出身のお笑いコンビで、ふだんから栃木県産のコメをPRしている「U字工事」の2人が、おにぎりを持って笑っている姿を、9色の稲で表現しました。 また、去年、県北地域で生産されたコシヒカリ...
»続きを読む
カテゴリー:

国産化に針路をとれ:ケンミン食品 純国産米めんを一気通貫 コメ消費拡大へ貢献 - 06月14日(金)00:00 

 ビーフンやフォーなどコメを主原料にしためんの市場は順調に拡大しているが、日本産のジャポニカ米は、めん同士がくっつきやすく原料米に適さないことから、タイやベトナムで生産される長粒種のインディカ米を使用している。だが、この […] 投稿 国産化に針路をとれ:ケンミン食品 純国産米めんを一気通貫 コメ消費拡大へ貢献 は 日本食糧新聞電子版 に最初に表示されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる