「海外直接投資」とは?

関連ニュース

外資が引き続き中国市場の成長を見込んでいる訳は? - 07月08日(水)11:18 

新型コロナウイルス感染拡大により、世界経済は深刻な打撃を受けており、海外直接投資(FDI)も大幅に減少するとみられている。国際連合貿易開発会議(UNCTAD)は、今年、世界のFDIは2019年比で約40%減となり、2005年以降で最低の水準になるだろうと予想している。 ...
カテゴリー:

インド政府がTikTokなど中国企業の59のアプリを禁止すると発表 - 06月30日(火)10:00 

インド政府は現地時間6月29日夜に、「インドの国家安全と防衛を脅かす行為を行い、最終的にはインドの主権と倫理を侵害している」として中国企業が開発した59のアプリを禁止すると発表した(インド政府リリース)。インドと中国という世界で最も大きな人口を抱える2つの国の最新の睨み合いとなる。 インドの電子・情報大臣が禁止を命じたアプリには、インドが最大の海外マーケットとなっているByteDanceのTikTok、インドで最も売れているスマホメーカーXiaomi(未訳記事)のコミュニティビデオコールアプリ、Alibaba Groupの2つのアプリ(UC BrowserとUC News)、Shareit、CM Browser、インドで3番目に大きなeコマース企業とうたうClub Factory(未訳記事)、ES File Explorerなどが含まれる。 人口13億人の半分近くがネットを利用する世界第2位のインターマーケットであるインドがこれほど多くの外国アプリを禁止するのは今回が初めてだ。インド政府は、多くの「治安問題に影響を与えるデータセキュリティとプライバシーの流出について市民からの抗議」がコンピューター緊急対応チームに寄せられていたと述べた。 「こうしたデータの編集では、インドの国家安全と防衛にとって敵対的な要素を持ってマイニングプロファイリングが行われている」と説明した。 インド政府が...more
カテゴリー:

工業団地・経済区、20年上半期のFDI認可総額6400億円 [経済] - 06月26日(金)05:25 

 計画投資省によると、2020年1~6月期における全国の工業団地および経済区への海外直接投資(FDI)案件数は約335件で、認可総額(新規と追加投資を含...
カテゴリー:

国際金融公社、ハノイ市のFDI誘致に協力 [経済] - 07月01日(水)15:09 

 ハノイ市人民委員会はこのほど、世界銀行(WB)グループの一機関である国際金融公社(IFC)との間で、海外直接投資(FDI)の誘致に関する協力覚書(MOU)...
カテゴリー:

トランプが本気を出せば中国は秒殺される?香港市場がしぼんだら中国経済は息ができない=勝又壽良 - 06月26日(金)20:02 

米国は、国際基軸通貨国である。その底知れぬ力を見落とすと、中国は「秒殺」の運命を辿る。香港金融市場が、現在の地位を失えば、中国経済も道連れとなるのだ。米国は、この現実をしっかりと把握して手を打っている。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良) ※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2020年6月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。 他国を煽って「愛国心」を高める中国 中国は、大きな転換点を迎えている。世界各国へ孔子学院をつくって、表向きでは中国文化と中国語の普及を図るソフトパワーの強化に努めてきた。その孔子学院が、実は裏の顔を持っていたのである。中国人留学生の監視と、スパイ活動という実態が明らかにされている。ソフトパワーの強化が本旨でなく、ハードパワーの強化につなげる目的であったのだ。 ソフトパワーとは、国家が軍事力や経済力などの対外的な強制力によらず、その国の有する文化や政治的価値観、政策の魅力などに対する支持や理解、共感を得ることだ。国際社会からの信頼や、発言力を獲得し得る力とされている。この対極には、ハードパワーがある。 胡錦濤政権までは正直正銘、ソフトパワーに相当の力を入れていた。だが、2012年の習近平政権登場とともに、ハードパワーが前面に出ている。中国のソフトパワーは、ハードパワーを補強す...more
カテゴリー:

「海外直接投資」の画像

もっと見る

「海外直接投資」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる