「海外パビリオン」とは?

関連ニュース

費用高騰に屈した「万博の華」 海外パビリオン「タイプA」は2割減 - 07月12日(金)19:58 

 自見英子万博担当相は12日の記者会見で、2025年大阪・関西万博に自前でパビリオンを建設する国は47カ国になるとの見通しを発表した。「タイプA」と呼ばれるパビリオンで、各国が独創的なデザインを競うことから「万博の華」と呼ばれる。当初は約60カ国が希望していたが、資材や人件費の高騰などを背景に、協会
カテゴリー:

海外パビリオン、49から簡易型に回る国「若干ある」 万博協会長 - 07月11日(木)21:20 

 2025年大阪・関西万博を主催する日本国際博覧会協会の十倉雅和会長(経団連会長)は11日、参加国が自前で建てる「タイプA」のパビリオン数が、現在の49カ国から、さらに減る可能性を明らかにした。当初は…
カテゴリー:

救世主に? 万博、建設業者未定の海外館に「タイプウッド」を提案 - 07月09日(火)09:15 

 2025年大阪・関西万博の海外パビリオンの建設促進に一役買おうと、地元・大阪府内の木材業者らでつくる府木材連合会(大阪市住之江区)が、住宅向けの木材や工法を用いた新たなパビリオンの形を提案している。名付けて「タイプウッド」。連合会が設計から建設までワンパッケージにして、参加国をサポートする。開幕ま
カテゴリー:

大阪万博の海外パビリオン建設現場で鋼材落下、けが人なし…安全確認まで工事中止 - 07月05日(金)20:34  newsplus

大阪万博の海外パビリオン建設現場で鋼材落下、けが人なし…安全確認まで工事中止(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/961c81e603ccfedb23f8ff6b0e41fa891e08da9e 7/5(金) 19:10配信  2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会(万博協会)は5日、人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)の海外パビリオンの建設現場で、作業員が車両から鋼材(長さ約10メートル、厚さ約5ミリ)をつり上げて運び出す際、誤って地面に落下させる事故があったと発表した。けが人はいなかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪・関西万博、パビリオンの建設現場で鋼材落下 けが人なし - 07月05日(金)19:40 

 2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会は5日、大阪市此花区の夢洲(ゆめしま)の海外パビリオン建設工事現場で、鋼材が落下する事故が発生したと明らかにした。けが人はなかった。作業の安全が確認できるまで、このパビリオンの工事は中止する。
カテゴリー:

「万博の華」のパビリオン・タイプA、47カ国に減少 建設費も影響 - 07月12日(金)18:30 

 自見英子万博相は12日の記者会見で、2025年に開かれる大阪・関西万博の海外パビリオンについて、各国が自前で設計・建設する「タイプA」の参加国が47カ国に減る見通しであることを明らかにした。当初は約…
カテゴリー:

海外パビリオンB、Cが完成 ヨルダンに初めて引き渡し 大阪万博 - 07月11日(木)20:32 

 2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会は11日、海外パビリオンのうち、協会が建設して参加国が個別に借り受ける「タイプB」の建物を、ヨルダンに初めて引き渡した。共同入居型の「タイプC」と合わせて全9棟が完成し、報道陣に内部を初公開した。
カテゴリー:

大阪・関西万博、鋼材落下は中国パビリオンの建設現場 - 07月06日(土)00:42 

 2025年大阪・関西万博の海外パビリオン建設工事中に起きた鋼材落下事故で、万博を運営する日本国際博覧会協会は5日、発生場所は夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)の中国パビリオンの建設現場だったと明らかにした。長さ10メートル、厚さ5ミリの鋼材8枚が3~4メートルの高さから落下、けが人はなかった。事故を
カテゴリー:

万博会場建設現場で10メートルの鋼製資材落下 負傷者確認されず - 07月05日(金)19:47 

 日本国際博覧会協会(万博協会)は5日、2025年大阪・関西万博の会場となる夢洲(大阪市此花区)の海外パビリオン建設現場で、鋼製の建築資材が落下する事故が発生したと発表した。 万博協会によると、同日正…
カテゴリー:

「第15回ライセンシングジャパン」台湾パビリオン開幕! 台湾の超人気キャラクターが日本上陸! - 07月04日(木)15:00 

グラッドライン合同会社(所在地:国立市西)と友金通商株式会社(所在地:千代田区富士見)は、7月3日(水)から7月5日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される第15回「ライセンシングジャパン」内で、台湾クリエイティブ・コンテンツ・エイジェンシー(TAICCA)が開催する「台湾パビリオン」にて、台湾と日本のキャラクターブランドライセンスのエキスパートを招き台湾がPRする代表的なオリジナルキャラクターを10点を発表し、音響と音楽演出についての商談を行います。台湾パビリオンでは、「台湾コンテンツアイランド タピオカの魅力!台湾のキャラクター大集合」をテーマにキャラクターたちが小さなタピオカと化し、楽しさいっぱいの視覚と味覚に訴える饗宴が演出されます。なお第13回に引き続き今回も、台湾キャラクター・ブランド・ライセンシング協会(TCBLA)がブース運営を担当し、台湾オリジナル・キャラクターIPのライセンシング・ビジネスの海外市場開拓をバックアップします。一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)、東映、ADKなど業界の専門家を招き、日本市場での台湾オリジナル・キャラクターの発展の可能性についてディスカッションを行いました。エントリー36点のブランド中から10点ブランドが選出されると同時に、オンラインカタログで合計50点の台湾オリジナル・キャラクター作品を紹介し、台湾のオリジ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる