「海上交通」とは?

関連ニュース

自動運転の先進企業3社と協業し、リアルタイム・センサ・シミュレータ「COSMOsim」のエコシステムを強化 - 07月12日(金)15:00 

2019年7月12日 株式会社 OTSL OTSL、自動運転向け3次元リアルタイム・センサ・シミュレータ製品群 「COSMOsim」のエコシステムを強化 ~ 自動運転関連の先進技術を提供する3社と協業体制を確立 ~ 近距離無線システムおよび組込みシステム等の開発・販売を行う株式会社OTSL(本社:愛知県名古屋市、代表取締役兼CEO:波多野 祥二)は、電子システムおよび自動運転に関する先進技術を提供する、ドイツのCOSEDA Technologies社、米国のVector Zero社、フィンランドのAILiveSim社とそれぞれ協業体制を確立し、自動運転向け3次元リアルタイム・センサ・シミュレータ製品群「COSMOsim®(コスモシム)」のエコシステムを強化します。COSMOsimは、ミリ波レーダ、LIDAR、カメラ、赤外線、超音波の各センサに対応した5種類のシミュレータを、単一の画面上でリアルタイムに同時稼働させることができる世界で唯一のプラットフォームです。 世界中で自動運転の実用化が進むとともに、あらゆる走行条件を仮想的に再現し、安全かつ正確に検証できる高性能なシミュレーション技術への期待がますます高まっています。完全な自動運転の実現のためには、車載センサやECU(Electronic Control Unit)、車内ネットワークなどの自動車システムに留まらず、...more
カテゴリー:

ホルムズ海峡の安全へ、多国籍連合を調整 米軍明かす - 07月10日(水)13:06 

 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は9日、イランとイエメン沖の海上交通路(シーレーン)の安全を守るため、多国籍の有志連合の結成に向けて調整していることを明らかにした。ロイター通信が伝えた…
カテゴリー:

東京湾にクジラ? 羽田沖に死骸 海保注意喚起 - 07月02日(火)12:52 

 2日午前8時26分ごろ、東京沖灯浮標の北側約1100メートルの沖合にクジラの死骸と思われる漂流物があると一般船舶から東京湾海上交通センターに通報があった。  東京海上保安部の巡視艇が現場で確認したところ、羽田空港(東京都大田区)の沖合約3300メートルの海上で、腹部を約3メートルほど海面に出た状態
カテゴリー:

【中東派兵】有志連合参加、ハードル高く=ホルムズ海上警備、法的制約も - 07月10日(水)18:48  newsplus

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071000981&g=pol 有志連合参加、ハードル高く=ホルムズ海上警備、法的制約も 2019年07月10日18時36分  米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が中東ホルムズ海峡などの海上を警備する多国間の有志連合結成を目指す方針を示した。中東のシーレーン(海上交通路)の安全確保に向け、日本も対応を迫られる可能性がある。ただ、現状では参加するには法的制約などがあり、ハードルは高い。  ロイター通信によると、ダンフォード氏が警備対象として挙げたのは、イラン沖のホル...
»続きを読む
カテゴリー:

クジラの死骸?東京湾に漂流物 都港湾局が回収 - 07月02日(火)18:25 

 2日午前8時26分ごろ、東京沖灯浮標の北側約1100メートルの沖合にクジラの死骸と思われる漂流物があると一般船舶から東京湾海上交通センターに通報があった。  東京海上保安部の巡視艇が現場で確認したところ、羽田空港(東京都大田区)の沖合約3300メートルの海上で、腹部が3メートルほど海面に出た状態で
カテゴリー:

「海上交通」の画像

もっと見る

「海上交通」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる