「浦野秀太」とは?

関連ニュース

OWV浦野秀太の主演舞台「WORLD BROKER」生配信決定、ZOC藍染カレンやピコら出演 - 06月17日(月)20:00 

6月21日から30日まで東京・こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロで上演される浦野秀太(OWV)主演舞台「SEPT presents『WORLD BROKER』」の有料生配信が決定した。
カテゴリー:

OWV「今回は踊らないです、ごめんなさい!」 思い切った決断をした“狙い”とは | ananweb - マガジンハウス - 06月09日(日)21:00 

吉本興業からデビューし、今年で4周年を迎えるOWV。今年2月にリリースした8枚目のシングル『BREMEN』が念願のシングルセールス1位を獲得し、メンバーの佐野文哉さんは『オールスター感謝祭’24春』のミニマラソンで1位となり、話題に。先輩たちはお笑い芸人ばかりという環境の中、パフォーマンスだけでなくトークでも魅せるスキルを身につけ、今や唯一無二のグループに成長した。6月12日にリリースする9枚目のシングル『LOVE BANDITZ』は、OWV“らしさ”と“らしくなさ”をあえてぶつけた勝負曲。この1年を、飛躍のための布石と見据えた彼らの新曲にかける想いを語っていただきました。上段・中川勝就さん、中段左・本田康祐さん、中段右・浦野秀太さん、下段・佐野文哉さん。――9枚目のシングル『LOVE BANDITZ』がリリースされますが、どんな曲ですか?中川勝就さん(以下、中川):テーマはタイトルどおり“愛の盗賊”。僕たちのことを知らない人たちの気持ちも獲りに行くぞ、という想いを込めた曲ですね。今までのOWVって、強い曲を出したら次はバラード的な曲を、ということが多かったんですけど、「Gamer」から「BREMEN」とロックな曲を続けたことで、OWVというグループのカラーが確立されてきた。そこにこの「LOVE BANDITZ」なので、OWVにとってはすごく大事な一曲になると思います。本田康祐さん...more
カテゴリー:

こんなの見てる