「浦安鉄筋家族」とは?

関連ニュース

田中圭のお尻に山田涼介が注射!「お尻めっちゃ綺麗」と反響『キワドい2人』第2話 - 09月19日(土)17:12 

山田涼介主演のドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第2話が、9月18日に放送された。インターネット上では、田中圭が半ケツを見せたりと、体を張ったシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」を原作とした刑事ドラマで、池袋署刑事課・強行犯係を舞台に、性格も価値観も捜査方針も正反対の2人が衝突を繰り返しながら事件に挑む姿を描く。異母兄弟として黒木(田中)と共同生活をすることになった神崎(山田)は、その生活スタイルの違いから、早くもストレスの限界を迎えようとしていた。署内では兄弟だということを隠しながら業務にあたる日々。そんなとき、所轄内で美容室のオーナーが殺害される事件が発生する。防犯カメラの映像から、美容室の従業員でカリスマ美容師の芳村敏生(神尾楓珠)が重要参考人として浮上。16歳のときに人を殺めて少年院に入っていた芳村だったが、同僚の角倉真斗(中田圭祐)や店長の小坂晋也(遠藤雄弥)は、芳村はすでに更生しており、真面目に働いていたと証言する。さらに、オーナーは番犬代わりにペットの猿を飼っており、犯人がその猿を逃したことで、用心深いオーナーが防犯カメラを設置したことも判明。神崎と黒木は、すべては芳村をハメるために真犯人が仕組んだことだと...more
カテゴリー:

千葉・浦安で「浦安鉄筋家族展」 ドラマの名シーン思い出す小道具など展示 - 09月17日(木)12:28 

 千葉県浦安市を舞台にし、現在放送中の連続ドラマ「浦安鉄筋家族」で使用された小道具や出演者のサイン色紙などを展示している「浦安鉄筋家族展」が同市郷土博物館で開催されている。9月30日まで。
カテゴリー:

森七菜&中村倫也『この恋あたためますか』に仲野太賀、石橋静河ら出演決定 - 09月16日(水)10:04 

2020年10月からTBSで放送される森七菜主演ドラマ『この恋あたためますか』の追加キャストが発表され、仲野太賀、石橋静河、山本耕史、市川実日子、飯塚悟志らが出演することが明らかになった。本作は、夢破れたコンビニアルバイトにコンビニチェーン社長が急接近・・・「一番売れる」スイーツ開発をしながら2人の甘い恋が爆誕するオリジナル脚本「スイーツ×ラブ」ストーリーとなっている。本作の主人公は森演じる、ひょんなことからスイーツ開発を手掛けることになるアルバイトコンビニ店員・井上樹木。樹木が勤めるコンビニチェーンの社長・浅羽拓実(中村倫也)との恋愛模様が描かれていくが、そんな2人に関わる新たなキャストが発表された。スイーツ製作専門の会社「ドルチェキッチン」に所属し、樹木と共にスイーツ開発をすることになる新谷誠役に仲野太賀、樹木とコンビニ本社「ココエブリィ」商品部スイーツ課に勤務する北川里保役には石橋静河が決定した。北川は浅羽との関係性が気になる役どころ...樹木、浅羽、新谷、北川の、仕事と恋の四角関係に注目だ。また、「ココエブリィ」本部専務の神子亮役に山本、スイーツ課の課長・一岡智子役に市川、浅羽の出向元の会社の上司・都築誠一郎役に利重剛、樹木がアルバイトをしている「ココエブリィ」店舗の店長・上杉和也役に東京03のリーダー・飯塚が務めることに。さらに樹木のいる店舗で働くアルバイトの中国人・季思...more
カテゴリー:

『浦安鉄筋家族』撮影協力の浦安市へ恩返し 小学.. - 09月14日(月)19:01 

『浦安鉄筋家族』撮影協力の浦安市へ恩返し 小学校に遊具を贈る企画が発動(写真 全2枚) #佐藤二朗 #水野美紀 #瑠東東一郎 #テレ東 #ドラマ #浦安鉄筋家族 @tx_urayasu @actor_satojiro @mikimobilephone
カテゴリー:

【漫画】散々言いたいことを言って最後に“知らんけど” #大阪あるある が「あるある過ぎです」 #はと - 09月14日(月)10:07  mnewsplus

「大阪」に関する、さまざまなあるあるを描いた漫画「大阪あるある」がSNS上で話題となっています。散々自分の言いたいことを言っておいて、最後の最後に「知らんけど」と言うなど、大阪特有の言動や価値観を紹介する内容で「おにぎりせんべいは全国区と思ってた」「あるある過ぎです」「家にたこ焼き器もあります」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。 思わず「そうそう」と言いたくなる  この漫画を描いたのは、石塚大介さん(28)です。漫画家として活躍しており、インスタグラムでは「がんばれ!田中みのるくん...
»続きを読む
カテゴリー:

佐藤二朗演じる大鉄「バック・トゥ・ザ・フィーチャーなのか?」とパニック!『浦安鉄筋家族』の“華麗なる伏線”に視聴者驚愕 - 09月19日(土)12:34 

佐藤二朗が主演するドラマ24『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第11話が、9月18日に放送。インターネット上では、視聴者をいい意味で裏切る展開に反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上連載中の浜岡賢次による大人気ギャグ漫画が原作。千葉県浦安市を舞台に、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎにしてしまう個性豊かな大沢木家メンバーや、近所に住む仲間たちの“全力の日常”が描かれる。着ている服にハンガーつけっぱなし、鼻はかみっぱなし、時計は裏返し……大鉄(佐藤)がいつも以上にだらしない。「このままだとゴミだよ」と娘の桜(岸井ゆきの)は怒り、長男の晴郎(本多力)、次男の小鉄(斎藤汰鷹)たちも苦言を呈する。妻の順子(水野美紀)は、家族サービスが足りない大鉄に「たまにはどこかへ連れて行ってくださいよ」とお願いした。その後、大鉄が温泉旅行のチラシを肌身離さず持っていたこともあり「家族サービスなのでは?」「奇跡」と家族で大騒ぎする。さらに偶然が重なり、アメリカ・サンタモニカへ行くのだと勘違いするまでに発展。そんな中、大鉄がとうとう家族を連れて外出すると宣言。大鉄が運転するタクシーに乗って移動中、大鉄が「たまにはこういうのもいいじゃねーか」とつぶやくと「人が変わったみたい」と順子。喜ぶ彼女に大鉄は「人は変わるんだよ」と告げた。しかし...more
カテゴリー:

かまいたちが『歌ネタ王』の裏側を伝える!「嫌われないようにいい感じで」 - 09月16日(水)10:18 

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、9月16日(水)に決勝が行われる『歌ネタ王決定戦2020』のParavi特別版『歌ネタ王決定戦 2020 完全ライブ配信~2016王者かまいたちがウラもオモテも全てみせます!~』を独占ライブ配信。2016年王者のかまいたちがMCを務め、放送開始の30分前、19:30から舞台裏や放送本編を徹底解説。さらに、放送終了後は、優勝者インタビューなど、Paraviのライブ配信だけでしか見られない言葉などを引き出していく。MCを務めるかまいたちに取材し、今大会の他にはない魅力や注目のコンビなどについて聞いた。――MCへの意気込みをお願いします。濱家:本選のMCが小籔(千豊)さんと後藤(輝基)さんですよね・・・早くそちらに行きたいなと思ってます(笑)。僕らも『歌ネタ王』に出ていたので分るんですけど、舞台裏の面白さって絶対あると思うんです。そういうのを出てた側なのでよりリアルに伝えるんじゃないかなと思うんで、そこは自分でも楽しみにしてます。山内:本番前に何か聞かれたりするの自分はめっちゃ嫌だったので、出演者の皆さんに嫌われないようにいい感じでやっていければ。濱家:僕は自分が出ないのでドンドン聞いていこうと思います。山内:他事務所に絶対嫌われないように・・・。――『キングオブコント』や『M-1』などさまざまな大会がありますが、『歌ネタ王』の他にはない魅...more
カテゴリー:

朗読劇『半沢直樹』がパラビで12日間限定の独占配信決定! - 09月15日(火)18:16 

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、9月12日、9月が13日に東京・新国立劇場で上演された感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』が9月16日(水)から12日間限定で独占配信することが決定した。本公演はTBSで毎週日曜21:00から放送されている日曜劇場『半沢直樹』のスペシャル企画で、賀来賢人、尾上松也、南野陽子、角田晃広、佃典彦、山崎銀之丞、土田英生らドラマキャストが出演し、半沢直樹にコテンパンにやられた人々のその後の物語を朗読劇で描いている。現在放送中の『半沢直樹』は2013年放送の堺雅人主演ドラマの続編で、池井戸潤氏の半沢シリーズが原作。今回は『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』をドラマ化。毎週放送される度にSNSで話題になり、高視聴率をキープしている注目作。今回のイベントは、今期の連ドラ放送に先駆け、TBSラジオで今年2月から3月に放送された『TBSSラジオ オリジナルドラマ 「半沢直樹」 敗れし者の物語 by AudioMovie™』で描かれた「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画で、出演者が生朗読するという"舞台演出"が重なった、オリジナルストーリーの特別企画となる。今回の公演で描かれたのは、南野陽子(平山美幸役)×土田英生(平山一正役)による「黒い二人の日記帳」、尾上松也(瀬名洋介役)×山崎銀之丞(広重多加夫役)による「繰りされる時・・...more
カテゴリー:

【ネタバレ】『浦安鉄筋家族』順子ママファンサービス回!?子供の成長にほろり - 09月14日(月)16:13 

佐藤二朗が主演する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京)の第10話が、9月11日に放送された。今回はいくつもの「出来事」「場面」が交錯しながら同時に描かれる、バカバカしいのに非常に凝った複雑な構成になっていた。前回、発明によって(本当はロケ地の一軒家が取り壊されたため)「家を壊した」罪により「準家族」に降格した晴郎(本多力)は、まだ「準家族」のまま。そして、地球侵略に来た宇宙人・星くん(永野宗典)の宇宙船にのってしまった春巻(大東駿介)も、やっぱり宇宙船にいる。一方、大沢木家はいつものようにバカバカしくも平和だ。大鉄(佐藤二朗)と順子(水野美紀)の「タバコ争奪腕相撲大会」が行われる中、隣室では小鉄(斎藤汰鷹)がもらったラブレターへの返事を書いていて、順子ママの関心は完全にそっちに行ってしまっている。さらに、小鉄の恋バナについて長女・桜(岸井ゆきの)に相談しようとすると、桜のスマホケースに「安産 子宝」のお守りがぶらさがっていることに気づいてしまう。しかも、電話相手に語っていた「やっぱり産むことにした」という衝撃の言葉も聞いてしまったから、もう大変。ここからは順子ママの「心の声」の一人芝居が延々と繰り広げられることになる。「準家族」の晴郎の発明をここぞとばかりに利用し、小鉄、桜を尾行し、「張り込み」する順子ママ。しかし、「ラブレターの相手」として小鉄のもとにやってきたのは、小鉄と同じ小学校に...more
カテゴリー:

【ネタバレ】『キワドい2人』山田涼介&田中圭演じるバディの魅力とは - 09月13日(日)23:31 

山田涼介と田中圭が"異母兄弟"で凸凹バディの刑事を演じる『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』が9月11日に放送開始した。原作は、『ルパンの娘』の原作者でもある横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」。「同期の腐れ縁」という原作での設定を、ドラマ化にあたって「異母兄弟」に大胆に変更したのは、吉と出るか凶と出るか――。また、同枠で前週まで放送されていたのは、綾野剛×星野源W主演・野木亜紀子脚本の『MIU404』だ。同じ刑事バディものであるうえ、社会派エンタメとしての完成度の高さから、余韻が今も続いている人が多い状況下で、新たなスタートを切らなければいけないのは、少々、酷なのではないかと思っていた。おまけに、山田が演じるのは生真面目なキャリアの新人・神崎隆一で田中が演じるのは、破天荒で、直観力と洞察力がピカイチの黒木賢司。設定だけ読むと、「九重と伊吹?」と、ますます『MIU404』と重ね合わせてしまう人もいるだろう。しかし、そんな不利な条件下の不安を払拭するように、冒頭からテンポの良い展開が繰り広げられる。第1話では念願だった池袋署刑事課・強行犯係に配属された神崎(山田)が出勤初日を迎えるも相棒となるエース刑事・黒木(田中)が出勤しておらず、その行方を探すことになるところから始まる。血のついた黒木の警察手帳を発見した神崎は、黒木が誘拐事件に巻き込まれたことを知り、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「浦安鉄筋家族」の画像

もっと見る

「浦安鉄筋家族」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる