「浦和レッズ戦」とは?

関連ニュース

【サッカー】久保竜彦「独特の哲学」から見る第二の人生 塩づくりと農業、断食、娘のスマホ禁止 - 10月12日(土)19:18  mnewsplus

久保竜彦「独特の哲学」から見る第二の人生 塩づくりと農業、断食、娘のスマホ禁止 長きにわたりサッカーファンを魅了し続けた“規格外”のストライカー久保竜彦が歩み始めた新しい生活。 それは現役時代から思い描いていたプランでもあり、ケガに悩まされ続けた彼だからこそたどり着いた境地でもあった。 人の多い都会が苦手だった久保が、「気持ちいい場所」で歩み始めた新たな人生とは?  引退した現在も実践する驚きのトレーニング法、独特な子育て論なども含め、第二の人生を歩むに至ったその人生観に迫る。 久保竜彦「独...
»続きを読む
カテゴリー:

清水に暗雲 ドウグラス体調不良で練習切り上げた - 10月03日(木)18:32 

J1清水エスパルスの好調な攻撃陣に暗雲が漂った。 6日のアウェー浦和レッズ戦(埼玉、午後5時)に備えた3日の練習中にFWドウグラス(31)が体調不良を訴えて途中で切り上げた。今季は開幕前に不整脈が発覚。復帰後は7試合連続ゴールを含むチー…
カテゴリー:

8月MVP、FW金崎を表彰 - 09月29日(日)10:15 

佐賀新聞社がインターネットのサポーター投票をもとに選出する月間MVPの表彰式が浦和レッズ戦の前にあり、8月のMVPに輝いたFW金崎夢生選手(30)にプレー写真記念パネルが贈られた。 金崎選手は大分戦(4日)の後半終了間際に同点弾を決め、仙台戦(31日)では2得点を挙げてチームを勝利に導いた。 プレゼンターは佐賀新聞社の蕪竹真吾経営企画室長と、応募者の中から抽選で選ばれた山口鮎美さん(35)、悠羽ちゃん(5)、凱斗ちゃん(3)家族=武雄市=が務めた。
カテゴリー:

<記者日記>最後まで気が抜けない - 10月04日(金)09:32 

手にしたと思われた勝ち点3が、するりと逃げてしまった。先月28日に行われたサッカーJ1のサガン鳥栖-浦和レッズ戦は、そんな試合だった。 0-2とリードされた後半、立て続けに得点して3-2と逆転した。「3点とも得点シーン使えないかな」「喜んでるシーンも使いたい」など撮っている側の気分も高揚。しかし試合終了間際に痛恨のPK献上で同点に追いつかれ、それまで使おうと思っていた写真の構想を大きく変えざるを得なくなってしまった。 スポーツの撮影は終わるまで気が抜けない。
カテゴリー:

鳥栖サポーターに乳がん予防をPR - 10月02日(水)20:50 

乳がんの予防を呼び掛ける啓発活動が9月28日、サッカーJ1のサガン鳥栖-浦和レッズ戦が開かれた鳥栖市の駅前不動産スタジアム前の特設ブースで行われた。県の担当者がセルフチェックの重要性などをPRした。 乳がんの正しい知識を深め、検診の早期受診などを呼び掛けようと開催した。触診モデルを使ったセルフチェックでは、県職員がしこりを発見しやすい胸の触り方や検診の重要性などを説明し、訪れたサポーターらがしこりの感触を確認していた。
カテゴリー:

「浦和レッズ戦」の画像

もっと見る

「浦和レッズ戦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる