「派生商品」とは?

関連ニュース

【経済】ソフトバンクG、株式の非公開化を検討 - 09月14日(月)09:51  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b5b16b14547e77eb9755c8aff19b8cb1156cf23 ソフトバンクグループは傘下の英アーム売却で合意した後、株式非公開化について協議を再開する方針だ。 事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。 ソフトバンクGの幹部は、先に社内で反対された経営陣による自社買収(MBO)計画を再考する方針だという。 情報が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語った。 関係者1人によると、同社はアームの米エヌビディアへの売却を近く発表する予定。事情に詳しい関係者は12日、 アームの企業...
»続きを読む
カテゴリー:

ソフトバンクG株が5カ月ぶり大幅安 - 09月07日(月)23:40 

ソフトバンクグループ株がおよそ5カ月ぶりの大幅安。一部報道で、米ハイテク株の金融派生商品(デリバティブ)取引で含み益を得ていると伝えられたが、直近の米国株式市場では主要ハイテク銘柄の下げがきつく、先行きを懸念する売り圧力が強まった。
カテゴリー:

ソフトバンクG、米株取引で含み益4千億円 英紙報道 - 09月07日(月)10:47 

英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は6日、ソフトバンクグループ(SBG)が、米株式市場のハイテク株を対象として行ったデリバティブ(金融派生商品)の取引で、約40…
カテゴリー:

ソフトバンクグループ、ハイテク関連株の金融派生商品取引で+4250億円の爆益か - 09月07日(月)09:43  poverty

ソフトバンクG、株式デリバティブで約40億ドルの含み益-報道 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-06/QG8U3WDWLU6C01 ソフトバンクグループは株式デリバティブ(金融派生商品)の取引で、約40億ドル(約4250億円)の含み益を得ていると、 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が6日、事情を直接知る複数の関係者からの情報として報じた。   ソフトバンクグループはこの数カ月をかけて取引を積み上げ、ハイテク銘柄のオプションプレミアムに約40億ドルを費やしたと関係者らは指摘。 その結果、多額の含み益...
»続きを読む
カテゴリー:

【元トレーダーが解説】投資における暗号資産と外国為替FXの違いとは? - 09月03日(木)17:57 

証券会社を経て、暗号資産(仮想通貨)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 投資における暗号資産と外国為替FXの違いとは? 1-1. ボラティリティの違い 1-2. 流動性の違い 1-3. 最大レバレッジの違い 暗号資産のレバレッジ取引では特にリスク管理を意識することが重要 日本でも2017年のビットコインバブルを皮切りにユーザーが急増し、暗号資産の認知が拡大して2年以上が経過しました。現在、暗号資産市場ではレバレッジ取引が国内市場の取引量の9割を占めており、改めて日本ではレバレッジ取引のニーズが高いことを示しています。これまで外国為替FXをメインとしてきたトレーダーが暗号資産FXに挑戦するケースも増えていました。 ここでは、暗号資産のレバレッジ取引と法定通貨の外国為替FXで取引を行う上で、覚えておくべきことについてまとめていきたいと思います。 ①投資における暗号資産と外国為替FXの違いとは? 1-1. ボラティリティの違い 両者で大きく異なるポイントの一つ目はボラティリティです。ボラティリティとは原資産の価格変動の幅、つまり価格変動率のことです。「ボラティリティが大きい」と言えば、「価値が大きく変動している」ということになります。 それでは実際に、暗...more
カテゴリー:

『限定販売酒』を含む豪華セットを30名にプレゼント ☆発売30周年記念☆「上善如水でスマイル」フォトコンテスト開催 - 09月11日(金)10:00 

「上善如水」は1990年9月5日に発売以来、主力の「純米吟醸」を始め、日本酒で季節を感じられる「12ヶ月の上善如水」、発酵技術から生まれた化粧品「上善如水スキンケア」など様々な派生商品も生まれ、皆様に愛されてきました。 そのご愛顧の感謝をお返しするべく、豪華賞品が当たる「白瀧酒造フォトコンテスト」を開催。 フォトコンテストのテーマは【上善如水でスマイル(^^♪】。楽しい!美味しい!ワクワク!など日常生活の中で、「上善如水」で笑顔を感じられる写真を募集します。
カテゴリー:

アメリカ株謎の大暴騰→ソフトバンクがフルレバをかけて株を大量購入していただけだった事が判明して大暴落 - 09月07日(月)12:09  poverty

ソフトバンクG株が2カ月ぶり安値、米ハイテク株投資の先行きを懸念 日向貴彦 2020年9月7日 9:57 JST ソフトバンクグループ株が2カ月ぶりの安値。一部報道で、米ハイテク株の金融派生商品(デリバティブ)取引 で含み益を得ていると伝えられたが、直近の米国株式市場では主要ハイテク銘柄の下げがきつく、 先行きを懸念する売りが先行した。 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-07/QG9GNFT0G1KY01 SBGが大規模に取得していたのはコール(買う権利)と呼ばれるオプションで、あらかじめ決めた値段で個別銘柄...
»続きを読む
カテゴリー:

ソフトバンクG、米株取引で含み益4千億円 英紙報道 - 09月07日(月)10:44 

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は6日、ソフトバンクグループ(SBG)が、米株式市場のハイテク株を対象として行ったデリバティブ(金融派生商品)の取引で、約40億ドル(約4250億円)の含み益が出ていると伝えた。
カテゴリー:

ソフトバンクGが急伸要因 米株5兆円対象取引、報道 - 09月05日(土)10:06 

 欧米メディアは4日、ソフトバンクグループ(SBG)が、米株式市場のハイテク株を対象としたデリバティブ(金融派生商品)で巨額の取引を行ったと報じた。米ハイテク株が急伸した要因になったとしている。ただ、相場の変動が大きくなっており、SBGが損失を被る可能性もある。
カテゴリー:

「派生商品」の画像

もっと見る

「派生商品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる