「活字文化」とは?

関連ニュース

“暴走族的精神”安藤忠雄が語る未来「世界が変わる時、自分には何ができるか」 - 10月27日(火)11:21 

テレビ朝日が“withコロナ時代”に全社を挙げて取り組む初の試み『未来をここからプロジェクト』。本プロジェクトの先陣を切る『報道ステーション』では、10月26日(月)~30日(金)の5日間にわたり、「未来への入り口」というコンセプトのもと、多岐にわたる分野で時代の最先端を走る「人」を特集する新企画『未来を人から』を展開。第2回に登場したのは、世界的建築家の安藤忠雄氏だ。大阪の下町で祖母に育てられ、家庭の経済事情から大学進学はせず、独学で建築家の道へ進む。1976年に手がけた「住吉の長屋」が高く評価され、日本建築学会賞を受賞。その後も国内外問わずさまざまな建築を手掛け、イェール大学教授、コロンビア大学、ハーバード大学客員教授などを歴任する他、1995年には建築会のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞を受賞など華々しい経歴を持つ。しかし近年は体が病気に冒され、2009年にはガンが発覚し、胆のうと胆管、十二指腸を摘出。2014年にもすい臓がんが発見され、膵臓と脾臓を全摘出。そんな苦難も乗り越え来年で80歳となる安藤に、建築物に込めた意思や未来を担う人々への思いを聞いた。※YouTube完全版動画はこちらこれまで数々の名建築を世に送り出してきた世界的建築家、安藤忠雄。さまざまな逆境と戦い乗り越えてきた彼は、80歳を目前にしてどのような未来を語るのか。話を聞いた場所は、大阪府大阪市の児童向け図...more
カテゴリー:

〈有明抄〉脱ハンコ - 10月19日(月)05:15 

活字文化が全盛だったころ、流行作家の逸話には信じがたいものがある。『丹下左膳』の林不忘は複数のペンネームで連載を抱え、毎日締め切りに追われていた。鎌倉の自宅に原稿をもらいにきた編集者が早く東京に帰社できるよう、山にトンネルを掘った◆忙しすぎて執筆中に眠ってしまうので、水風呂に漬けられたのが吉川英治。本を出版する際には家中がもうもうと白くかすんだ。むかしは発行部数を確認するため、著者が奧付に検印しなければならなかった。
カテゴリー:

「活字文化」の画像

もっと見る

「活字文化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる