「洋上風力発電」とは?

関連ニュース

能代市民は健康被害懸念 市が洋上風力視察報告会 - 10月12日(土)13:32 

 秋田県能代市は11日、7月に欧州で行った洋上風力発電の先進地視察の報告会を同市の能代山本広域交流センターで開いた。斉藤滋宣市長は、洋上風力の推進には部品供給などの面で県内他港を含め県全体の港湾活用が…
カテゴリー:

JERA、台湾の洋上風力2件目参画 - 10月10日(木)06:03 

東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合したJERA(東京)は9日、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画すると発表した。再生可能エネルギーの…
カテゴリー:

JERA、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画 - 10月09日(水)14:58 

 東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合したJERA(東京)は9日、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画すると発表した。洋上風力では3件目となる。再生可能エネルギーの拡大を目指す同社としては、さらに洋上風力のプロジェクトへの参画を検討する。
カテゴリー:

再エネ先進県へ連携協定 県と佐賀大、研究促進組織 - 10月09日(水)08:21 

佐賀県と佐賀大学は8日、再生可能エネルギー(再エネ)の研究開発を促進する組織の設立総会を佐賀市のホテルで開いた。洋上風力発電など九つの分科会を設け、研究機関や企業、行政、非政府組織(NGO)が知恵を出し合って新技術の開発を促し、再エネ関連産業を県内に創出することを目指す。 組織は「再生可能エネルギー等イノベーション共創プラットフォーム」で、略称は「CIREn(セイレン)。旧佐賀藩が幕末に設置した理化学研究所「精煉方せいれんかた」にちなんだ。会長は佐賀大理工学部長の豊田一彦氏が務める。
カテゴリー:

洋上風力促進区域指定へ全国初の法定協議会、本県沖の利害関係者 - 10月08日(火)22:39 

 特定事業者が洋上風力発電施設を優先的に整備できる「促進区域」の国指定に向け、利害関係者が議論する法定協議会が8日、全国で初めて秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれた。「由利本荘市沖」と「能代市、三種…
カテゴリー:

本県沖など指定へ 洋上風力促進区域、30年度にも運転開始 - 10月12日(土)08:43 

 国土交通省は11日、昨年成立した洋上風力発電普及法に基づく促進区域の第1弾として秋田県の「由利本荘市沖」「能代市、三種町および男鹿市沖」を含む4海域を指定する方針を固めた。地元関係者の意見聴取などを…
カテゴリー:

JERA、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画 - 10月09日(水)21:52 

 東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合したJERA(東京)は9日、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画すると発表した。洋上風力では3件目となる。再生可能エネルギーの拡大を目指す同社としては、さらに洋上風力のプロジェクトへの参画を検討する。
カテゴリー:

JERA、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画 - 10月09日(水)14:48 

 東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合したJERA(東京)は9日、台湾の洋上風力発電プロジェクトに参画すると発表した。洋上風力では3件目となる。再生可能エネルギーの拡大を目指す同社としては、さらに洋上風力のプロジェクトへの参画を検討する。
カテゴリー:

洋上風力発電 促進区域指定へ秋田2区域に法定協 - 10月09日(水)06:05 

洋上風力発電施設を優先整備する「促進区域」の指定に向けて、秋田県と経済産業省、国土交通省は8日、国が7月に有望区域に選定した「由利本荘市沖」「能代市、三種町および男鹿市沖」の両区域の利害関係者らによる
カテゴリー:

洋上風力、具体的議論へ 8日、利害関係者集め法定協議 - 10月07日(月)10:15 

 秋田県と経済産業省、国土交通省は8日、特定事業者が洋上風力発電施設を優先的に整備できる「促進区域」の国指定に向け、「由利本荘市沖」「能代市、三種町、男鹿市沖」の両区域の利害関係者を集めた法定協議会の…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「洋上風力発電」の画像

もっと見る

「洋上風力発電」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる