「注文量」とは?

関連ニュース

【暗号資産・ビットコイン取引所選び】コインチェックとbitFlyerのサービス内容を比較! - 12月04日(金)18:28 

11月30日から12月1日に渡り、ビットコインは200万円の大台に乗せました。200万円台は2018年1月以来初めてとなり、もう一段上の過去最高値(231万2100円:bitFlyer)を越えてくると、ビットコインは「戻り待ちの売り」のない青空天井を迎えることになるため、国内外の投資家の間で期待が高まっています。 価格上昇の背景には、過去数か月に渡る暗号資産の採用の拡大が伴っています。決済大手ペイパルは米国ユーザー向けに暗号資産(暗号資産)の取扱いを開始し、著名な投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏やスタンリー・ドラッケンミラー氏はビットコイン投資を表明しています。 これまで興味がありながら踏み出せなかった方も、これを機に暗号資産投資を検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、暗号資産投資をこれから始める方に向けて、おすすめの取引所であるコインチェックとbitFlyerについてご紹介します。同じ暗号資産取引所でも、取り扱い銘柄や、注文方法、手数料設計など大きく異なっています。これから暗号資産投資を始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。 目次 コインチェックの3つの特徴 1-1. 国内最多の計14種類を取扱う販売所 1-2. 取引手数料無料の取引所 1-3. 累計ダウンロード数300万件突破のスマホアプリ bitFlyerの3つの特徴 2-1. ビットコイン取引量N...more
カテゴリー:

【投資初心者向け】暗号資産投資で押さえておくべき4つのポイントとは? - 11月30日(月)11:34 

ビットコインは2017年末のバブル時期以来の高値圏を推移しており、1BTCあたり200万円の大台に近づいています。イーサリアムやXRPなど、ビットコイン以外の暗号資産も高騰している中で、投資機会を窺う個人投資家も増えてきています。 しかし、暗号資産投資を始めるにあたって、この市場のリスクを出来る限り把握しておくことが重要です。ここでは初心者が押さえておくべき暗号資産投資のポイントをいくつかご紹介します。 目次 暗号資産投資で押さえておくべきポイント 1-1. リスクコントロールの重要性 1-2. 取引手数料の種類 1-3. FOMO(取り残されることへの恐れ)の存在 1-4. 自分で戦略を想定する 投資初心者におすすめの暗号資産取引所 2-1. 取扱銘柄が国内最多!14種類を取り扱うコインチェック 2-2. 板取引でレバレッジ取引も可能なGMOコイン 2-3. レバレッジ取引の取引銘柄が国内最多のDMM Bitcoin まとめ ①暗号資産投資で押さえておくべきポイント 1-1. リスクコントロールの重要性 暗号資産は他の投資商品と比較してボラティリティ(値動き)がとても大きいことを理解しておきましょう。ボラティリティを利用できれば大きく稼ぐことも可能ですが、同時に大きく損をするリスクも孕んでいます。ここで重要なことは「値動きが大きい=リスクが高い」ではなく、「値動きが大きい=リ...more
カテゴリー:

複数の暗号資産取引所で行うビットコインのアービトラージ取引について解説 - 12月02日(水)11:24 

12月1日時点にビットコインの価格が200万円に到達しており、2018年1月以来の高水準となっています。2017年12月に記録したビットコインの過去最高値(231万2100円:bitFlyer)を越えれば、青天井相場に突入するため、市場の期待は益々高まっています。  国内の暗号資産取引所の口座開設数は増加傾向にあり、市場参加者の増加により取引所毎のビットコインの価格差が開き、アービトラージ取引の機会も生じました。アービトラージ取引はリスクを低減しながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。この記事ではビットコインのアービトラージ取引について解説します。 目次 アービトラージ取引とは? アービトラージ取引の方法 2-1. 取引所に日本円とビットコインを用意 2-2. 価格差が発生したタイミングで購入と売却を行う アービトラージで注意するべきこと 3-1. ある程度まとまった資金を要する 3-2. ビットコインの為替リスク アービトラージで利用する取引所は? 国内の代表的な暗号資産取引所 5-1. ビットコインの取引手数料が無料のコインチェック 5-2. 24時間365日手数料無料で即時入金ができるGMOコイン 5-3. 独自の新機能「BitMatch注文」を備えるDMM Bitcoin 5-4. ビットコイン取引量No.1!bitFlyer まとめ ⓵アービトラージ取引とは? 国内に...more
カテゴリー:

2020.11.19 暗号資産マーケットレポート【18,000ドルで調整安のビットコイン】 - 11月19日(木)12:07 

昨日のビットコイン相場は下落。これまで一本調子で上昇してきた相場に若干の調整するフローが入っており、18,000ドル台半ばから1,000ドル以上下落するような調整が入る場面も見られた。しかし17,000ドル台半ばでは底堅く押し目と判断した投資家からのフローが淡々と入っており下げ渋る展開にもなっている。アルトコインはまちまちの動きで大きな変化は見られていない。 米国株は感染者拡大によって感染者拡大を抑制するための制限措置を警戒して下落しており、一旦政権移行も上手く進んでいないことから調整のフローも入っているか。株価が下落する中円高方向で推移はしているものの印象として円高に反応する幅が小さい印象。 足元はドル安の流れからドル円も103円台後半までじり安の動きとなっているが、長期的に見たら100円台後半まで戻ると考えロングポジションを検討していい水準。 ビットコインの値動きの幅はかなり大きいため注文量は気持ち少なめにしつつ対応すべき環境のためリスク管理には注意。 コロナワクチン開発が進み来年には落ち着くとマーケット関係者は考え始めている中、緩和政策がもしも拡大ではなく縮小するような動きが出始めると、これまで堅調なビットコイン相場にも影響が出る可能性は考えておきたい。 テクニカルでは引き続き上昇トレンドを維持。足元は4時間足で押し目を作ったかのような位置となっており短期的な押し目になりつつ...more
カテゴリー:

「注文量」の画像

もっと見る

「注文量」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる