「油脂」とは?

関連ニュース

東北大学大学院農学研究科との共同研究講座を開講!2019年4月から2022年3月まで - 02月15日(金)17:00 

[株式会社J-オイルミルズ] [画像1: https://prtimes.jp/i/38494/6/resize/d38494-6-820275-4.jpg ] 食用油脂は複雑な酸化反応が起こることが知られていますが、その反応を把握することは難しく、現状十分な理解が得られておりません。酸化...
カテゴリー:

J-オイルミルズ春季新商品 使用実態対応で新たな付加価値提案 - 02月06日(水)00:02 

 J-オイルミルズは今春、使用実態に対応する新付加価値商品を通じ、食用油脂の市場活性化を図る。3月上旬から順次、唐揚げ向けのメニュー専用油「AJINOMOTOから揚げの日の油」や、手頃サイズの新コンセプトサラダ油など家庭用油脂の新商品群を発...
カテゴリー:

NHK『まんぷく』。 日本での「元祖インスタントラーメン」はチキンラーメンではなかったのか。 - 02月13日(水)10:33 

『南極料理人』(2009年公開)という映画をみた。面白かったのは、南極の基地に派遣され、世間から隔絶された生活にストレスをためた越冬隊隊員たちが、思い悩んだ末に死ぬほど食べたくなった料理がラーメンだったことだ。おにぎりでも味噌汁でもない。隊員の1人が叫んだ。「私の体はラーメンでできているんだ!」笑える反面、切羽詰まった気持ちもよくわかる。ラーメンの原点は中華料理だが、すでに日本で独自の進化を遂げて、国民食の地位を確立している。そのことがこの映画からは伝わってきた。ラーメンの国民食化。それはあるいは、日清食品の創業者・安藤百福氏が戦後に売り出したチキンラーメンの偉業であったかもしれない。そう考えても、あながち大げさではないだろう。『南極料理人』が描いた時代よりはるか昔、1950年代に始まった初期の南極越冬隊が昭和基地に持ち込んだ即席麺があった。開発したのは台湾人だ。と言っても、安藤氏ではない。麺の名前もチキンラーメンではなく、「長寿麺」という別の即席麺だった。「父が最初に即席麺をつくった」大阪市阿倍野区の天王寺駅を訪れると、再開発の波が激しく押し寄せていた。多くの古いビルが取り壊され、駐車場になり、さらなるプロジェクトを待ち受けている。そんな天王寺の古い路地を進んでいった私は、突き当たりにある古いマンションの一室のドアを開けた。玄関には、大きな木製の看板があった。「東明長寿麺本舗 東...more
カテゴリー:

「油脂」の画像

もっと見る

「油脂」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる