「沖縄振興」とは?

関連ニュース

今帰仁スイカ、内閣府職員が購入 「家族で楽しみたい」  - 05月25日(月)06:30 

 【東京】新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が減ったため今帰仁村で名産のスイカの在庫が大量に発生している事態を受け、内閣府沖縄担当部局の職員有志12人が、14個のスイカを購入した。  購入を呼び掛けた原宏彰沖縄振興局長は「村長がスイカの帽子をかぶり、アピールしているのを見た。必死に今帰仁スイカを売...
カテゴリー:

「次期振計に回復策反映」と富川副知事 期限迎える沖振法についてインタビュー  - 05月17日(日)06:30 

 日本復帰48年に合わせ琉球新報は15日までに、2021年度に期限を迎える沖縄振興特別措置法(沖振法)について富川盛武県副知事にインタビューをした。富川副知事は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機で次期沖縄振興計画の策定にも影響が出ると危機感を表し、20年度中にまとめる骨子案に回復策を盛り込む...
カテゴリー:

沖縄振興計画に衛籐担当相「単純延長は疑問」 - 05月15日(金)12:14 

 【東京】衛藤晟一沖縄担当相は14日、沖縄の日本復帰48年を受け琉球新報などのインタビューに応じた。2021年度末で期限を迎える沖縄振興特別措置法や振興計画の継続について「仮に延長するにしても、単純延長はどうなんだろうか」と、単純延長を疑問視した。製造業の育成に重点を置くなど展望を示唆した。主なやりとり...
カテゴリー:

琉球新報「安倍が社会にはびこる沖縄ヘイトを助長している。辺野古建設設計変更申請は差別だ」 - 05月15日(金)08:46  news

<社説>日本復帰48年 基地なき沖縄へ歩み続く 48年前のきょう、沖縄は日本に復帰した。 米統治下の27年の間に戦後復興から取り残された経済の遅れを取り戻そうと、これまで5次にわたる沖縄振興計画の下で社会資本の整備や産業振興策が実施され、生活水準は向上してきた。 当初は本土との格差是正が目標だったが、近年は国内屈指の成長力で、アジアへの懸け橋として日本経済のけん引役を目指すまでになった。 一方で、県民生活を圧迫する米軍基地の存在は、復帰から48年を経ても何も変わっていない。 国土面積の0・6...
»続きを読む
カテゴリー:

「経済自立へ新沖振法を」自民党県連・島袋大幹事長 <政策を問う①> - 05月15日(金)06:00 

 ―県議選の争点をどうみるか。  「争点は自民、公明、保守中道の協力で与野党の逆転を実現できるかどうかだ。自民党県連は全選挙区に公認、推薦の21人を擁立しており、全員当選を期して総力を挙げて取り組む」  ―最重要政策は何か。  「新型コロナに関する緊急支援と新たな沖縄振興特別措置法(沖振法)の実現だ。...
カテゴリー:

議会主導の振興計画を 無所属の会・當間盛夫会派長 <政策を問う⑦> - 05月21日(木)11:59 

 ―県議選の争点と意義をどう考えるか。  「新型コロナウイルスで疲弊する医療体制の強化をどう図っていくか。基地問題も沖縄の課題だ。過重な基地負担の軽減をどう実行するか。さらに新たな沖縄振興策をオール沖縄でできるのか。中立会派を含めた県政野党が逆転することで議会主導の振興計画を提案していくことができ...
カテゴリー:

検証・復帰48年 「自立型経済」進めるが…基地が障害、貧困率は全国の倍 - 05月15日(金)14:28 

 沖縄が日本に復帰して15日で48年となった。米国統治下の27年間、県民は圧政に苦しみ、復帰によって「基地のない平和な沖縄」の実現を望んだが、過重な米軍基地負担は今も続いている。一方、沖縄振興計画で「本土との格差是正」を掲げ、社会資本整備が進められ、2002年からの第4次計画以降は「民間主導の自立型経済の構...
カテゴリー:

復帰48年、玉城知事コメント「貧困や基地、課題解決に取り組む」 - 05月15日(金)12:09 

 沖縄の日本復帰48年を迎えるに当たり、玉城デニー知事は14日付で「全国との所得格差の解消や子どもの貧困、基地負担の軽減など沖縄が抱える課題の解決に引き続き取り組む」などとコメントを発表した。  復帰以降の沖縄振興について「社会資本整備は着実に進展した。自立型経済の構築を目指して取り組んできたさまざま...
カテゴリー:

<社説>日本復帰48年 基地なき沖縄へ歩み続く - 05月15日(金)06:01 

 48年前のきょう、沖縄は日本に復帰した。  米統治下の27年の間に戦後復興から取り残された経済の遅れを取り戻そうと、これまで5次にわたる沖縄振興計画の下で社会資本の整備や産業振興策が実施され、生活水準は向上してきた。  当初は本土との格差是正が目標だったが、近年は国内屈指の成長力で、アジアへの懸け橋...
カテゴリー:

県政変わり振興策で冷遇 辺野古新基地の見返り露骨に〈沖縄振興を問う~自立への姿~〉⑩ - 05月08日(金)11:23 

 2004年1月、米カリフォルニア州パサデナ。超難関大学として知られるカリフォルニア工科大学のキャンパスで、県の沖縄新大学院大学設置推進室長だった上原良幸氏はある一文を見つけた。「ここは楽園のようだ。いつも太陽が輝き、空気が澄んでいる。人々は親しみやすく、ほほ笑み掛けてくる」  同大で客員教授を務めた...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「沖縄振興」の画像

もっと見る

「沖縄振興」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる