「沖縄戦」とは?

関連ニュース

【ウクライナ情勢】維新・鈴木宗男氏「対露批判で結束しても戦争終わらない」「(停戦呼びかけ)被爆地選出の岸田総理の出番ではないか」 - 06月26日(日)21:17  newsplus

鈴木宗男氏 鈴木宗男氏「対露批判で結束しても戦争は終わらない」G7へ「今なすべきことは…」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220626-00000357-spnannex-soci  ロシア通で知られる日本維新の会の鈴木宗男参院議員が26日、自身の公式ブログを更新した。  日米欧の先進7カ国首脳会議(G7サミット)が26日昼(日本時間26日夜)、ドイツ南部エルマウで開幕。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの圧力強化を見据える。鈴木氏は「G7が今なすべきことは停戦に向けての世界への発信である。対露批判で結束しても戦争は終わらな...
»続きを読む
カテゴリー:

そこに泣き虫の僕がいたら…40年越しに描けた沖縄戦 田島征彦さん - 06月26日(日)17:30 

 沖縄の自然に魅入られ、通い続けて半世紀近く。島が舞台の作品も、これまでに4作、発表してきた。それでも82歳の絵本作家には、ずっと心にひっかかったままの“宿題”があったという。それは、沖縄戦を真正面から描くということ。県民4人に1人の命を奪った凄惨(せいさん)な戦いを、今を生きる子どもたちにどう伝え
カテゴリー:

亡き学徒へ誓う平和 県立農林学校隊の碑で慰霊祭 沖縄・東村 - 06月26日(日)13:56 

 【東】沖縄戦で鉄血勤皇隊に動員され命を落とした県立農林学校の学徒の死を悼み、県立北部農林高校と北農同窓会は22日、東村宮城の「県立農林学校隊最期の碑」で慰霊祭を開いた。遺族や村、北農高、同窓会の関係者約20人が参列した。 慰霊祭は2年ぶり。新型コロナウイルス対策で人数を減らし開催した。...
カテゴリー:

「真っ暗」「怖い」避難壕で沖縄戦当時を追体験 児童らが平和学習 南城・大里北小 - 06月26日(日)10:57 

 【南城】23日の慰霊の日を前に、南城市立大里北小学校(平良正哉校長)で13日、平和学習授業が行われた。6年生43人が同市大里西原区を訪れ、沖縄戦当時、住民たちが避難した「メーミヤ壕」や区内に残る戦跡などを見て追体験したり、戦争体験者の話を聞いたりなどして、戦争の悲惨さや平和の尊さについて学んだ。  ...
カテゴリー:

ネットと歴史修正主義 モバプリの知っ得[183] - 06月26日(日)05:00 

6月23日は慰霊の日でした。沖縄では毎年6月になると、戦争を振り返る特集や勉強会などが各地で開かれます。本来、戦争で亡くなられた方々の冥福をお祈りし、二度と戦争を繰り返さないことを学ぶ機会となっています。一方、沖縄戦の戦前、戦中、現在にいたるまでの沖縄の歴史に関して、誤った情報がネットで拡散され...
カテゴリー:

沖縄戦、語り継ぐ創作劇披露 津山市民らに美作大・短大生 - 06月26日(日)20:05 

 太平洋戦争末期の沖縄戦をテーマにした美作大・短期大学部(津山市北園町)の沖縄県出身学生による創作劇「時をこえ」が26日、同大で披露され、市民ら約300人が沖縄の悲惨な戦争の歴史や平和の大切さを改めて...
カテゴリー:

父は召集され、戦争の雰囲気に 森松長孝さん(1)山の戦争<読者と刻む沖縄戦> - 06月26日(日)15:07 

 沖縄市の森松長孝さん(88)から戦争体験をお聞きしました。米軍上陸時、本部町大嘉陽の山中に避難し、飢えに苦しみました。米軍に捕らわれた後は大浦崎の収容地区に移動します。   森松さんは1933年、本部町伊豆味の嶽之当(たきんとう)と呼ばれる地で生まれました。2歳の時、祖父の弟の養子となりま...
カテゴリー:

3900人の生きた証しを伝える 北谷町で集い、「平和の礎」に刻銘の名前を読み上げ - 06月26日(日)13:49 

 【北谷】糸満市の平和の礎に刻まれた沖縄戦などで犠牲となった24万人余りの名前を読み上げる集いが19日、北谷町であった。渡久地政志町長や沖縄戦体験者、刻銘者の親族ら約20人が参加し、平和と安寧を願いながら約3900人分を呼名した。 前町長の野国昌春さん(77)は沖縄戦中に南部で亡くなった姉の...
カテゴリー:

沖縄戦の爪痕 今も 慰霊の日 - 06月26日(日)06:00 

■朝日新聞写真館 23日は沖縄戦の戦没者を悼み、平和を願う「慰霊の日」だった。地上戦の爪痕と戦後の辛苦は、今も沖縄に矛盾を背負わせ、苦しめている。 1960年の同じ6月23日には日米安全保障条約が発効…
カテゴリー:

<社説>激戦地土砂採掘合意 国は新基地建設断念せよ - 06月26日(日)05:00 

 沖縄戦跡国定公園内にある糸満市米須の鉱山での土砂採掘計画を県が容認した。総務省の公害等調整委員会の裁定委員会が提示した、採掘事業者との合意案を受け入れた。遺骨発見時に2週間工事を中止し遺骨収集することなど条件を付けているが、県内では遺骨が土砂に混入する懸念は変わらないとの反発もある。  風化が進...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる