「沖合約」とは?

関連ニュース

小湊小児童は漁船に乗ってホタテ水揚げ体験 - 06月23日(日)19:28 

青森県平内町の小湊小学校の5年生43人が20日、同町の土屋漁港を訪れ、漁船に乗ってホタテ養殖施設の引き揚げ作業などを見学した。漁業現場の見学は、ホタテ養殖をはじめとする漁業に理解を深めてもらおうと、町と土屋漁業研究会が協力して実施。児童は漁船4隻に分乗して漁港を出発した。ホタテ漁船「第3海王丸」(4.9トン)に乗り込んだ児童11人は、船の揺れや波しぶきに大興奮。沖合約1.5キロで、船長の浜中大平さん(47)らがホタテの入った籠を海中から引き揚げると、子どもたちは興味津々の様子で浜中さんの動きを…
カテゴリー:

【広島】消波ブロックにずぶぬれ子猫 海上保安官が救助 - 06月18日(火)20:59  newsplus

消波ブロックにずぶぬれ子猫 海上保安官が救助 広島 毎日新聞 2019年6月18日 19時43分(最終更新 6月18日 19時43分) https://mainichi.jp/articles/20190618/k00/00m/040/222000c  18日午前10時半ごろ、広島県尾道市正徳町の吉和漁港防波堤から沖合約5メートルの消波ブロック上で、 ずぶぬれの子猫が鳴いているのを近くの運送会社に勤める女性事務員が見つけた。 女性の通報を受けた尾道海上保安部の保安官5人が陸と海から現場に急行し、震える子猫を救出。 子猫は回復し、通報した女性に引き取られることになった。 同部によ...
»続きを読む
カテゴリー:

【再エネ】洋上風力発電、九州で動きが活発化 相次ぐ実証実験や関連産業誘致…普及の壁はコスト高←日本の問題は世界の普及理由に逆行 - 06月18日(火)16:11  newsplus

洋上風力発電、九州で動きが活発化 相次ぐ実証実験や関連産業誘致…普及の壁はコスト高 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000001-qbizs-bus_all 2019/6/18(火) 12:00配信 YAHOO!JAPAN NEWS,qBiz 西日本新聞経済電子版,有料,無料掲載分のみ 写真:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が北九州市沖で運転を始めた浮体式の洋上風力発電システム=5月  九州で洋上風力発電を巡る動きが活発化してきた。  九州は適地が多いとされ、関連産業の集積を目指す自治体も現れている。ただ、陸上に設置する風...
»続きを読む
カテゴリー:

<海峡サーモン>青森・むつで出荷最盛期 16日には「祭り」も - 06月07日(金)17:45 

津軽海峡で一冬を越した青森県むつ市大畑町の海峡サーモンの水揚げが、最盛期を迎えている。16日には大畑町魚市場で、海峡サーモン祭りが開催される。 大畑漁港の沖合約3キロのいけすでは連日、漁師らが重さ2〜
カテゴリー:

【猫スレ】消波ブロックに落ちた子猫を救助した海上保安官、名誉の負傷 - 06月18日(火)21:47  news

---------- 消波ブロックにずぶぬれ子猫 海上保安官が救助 広島  18日午前10時半ごろ、広島県尾道市正徳町の吉和漁港防波堤から沖合約5メ ートルの消波ブロック上で、ずぶぬれの子猫が鳴いているのを近くの運送会社 に勤める女性事務員が見つけた。女性の通報を受けた尾道海上保安部の保安官 5人が陸と海から現場に急行し、震える子猫を救出。子猫は回復し、通報した 女性に引き取られることになった。  同部によると、子猫は全身が黒く体長は20センチほど。性別不詳で、首輪を していなかった。防波堤から落ちて消波ブ...
»続きを読む
カテゴリー:

消波ブロックにずぶぬれ子猫 海上保安官が救助 広島 - 06月18日(火)19:43 

 18日午前10時半ごろ、広島県尾道市正徳町の吉和漁港防波堤から沖合約5メートルの消波ブロック上で、ずぶぬれの子猫が鳴いているのを近くの運送会社に勤める女性事務員が見つけた。女性の通報を受けた尾道海上保安部の保安官5人が陸と海から現場に急行し、震える子猫を救出。子猫は回復し、通報した女性に引き取られ
カテゴリー:

脂乗りぴっちぴち むつ・海峡サーモン最盛期 16日催し - 06月08日(土)09:57 

津軽海峡で一冬を越したむつ市大畑町の海峡サーモンの水揚げが、最盛期を迎えている。16日には大畑町魚市場で、サーモンのつかみ取りなどが、破格の安さで楽しめるイベントが開かれる。 大畑漁港の沖合約3キロの
カテゴリー:

「沖合約」の画像

もっと見る

「沖合約」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる