「池田鉄洋」とは?

関連ニュース

バベル九朔:菊池風磨主演ドラマに池田鉄洋、佐津川愛美、アキラ100%ら - 09月18日(金)14:41 

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが主演を務める10月12日スタートの連続ドラマ「バベル九朔」(日本テレビ、深夜0時59分)に、池田鉄洋さん、佐津川愛美さん、前原滉さん、アキラ100…
カテゴリー:

菊池風磨主演『バベル九朔』追加キャストに池田鉄.. - 09月18日(金)12:01 

菊池風磨主演『バベル九朔』追加キャストに池田鉄洋、アキラ100%ら決定(写真 全6枚) #SexyZone #菊池風磨 #池田鉄洋 #アキラ100 #セクゾ #ジャニーズ #日テレ #ドラマ
カテゴリー:

西野七瀬演じるくるみがみどりに“喝”!成長ぶりに視聴者「関西弁で励ますの可愛すぎ」の声『アンサング・シンデレラ』第10話 - 09月18日(金)10:36 

石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第10話が、9月17日に放送。インターネット上では、西野七瀬演じる新人薬剤師・相原くるみの成長ぶりについてコメントする視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原)が、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。みどりの先輩薬剤師・瀬野章吾(田中圭)は、重複がんであることが発覚。瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)、担当薬剤師はみどりとなった。一番の問題点は、標準治療が確立されていない副腎がん。みどりは、薬剤部の面々に、唯一効果が期待できるミトタンを使うと話した。そこに入院の手続きを終えた瀬野がやってきた。彼は「今日から患者です。心配するなって。ちゃんと戻ってくるから。それまでここ、頼んだぞ」と明るくふるまうが、メンバーは一様に暗い顔をした。7週間が経過したが、ミトタンによる効果は得られなかった。有効な手段を探していたみどりに、薬剤部で治験管理を担当する七尾拓(池田鉄洋)は海外に有効性のある薬FP258があることを教える。しかし、萬津総合病院で使うためには...more
カテゴリー:

第一弾 豪華キャスト発表!ドラマを彩るカラフルな?ビルのテナントさんが集結! - 09月18日(金)13:14 

主演・菊池風磨と起こす、未だ見ぬ化学反応!?5人の演技派かつ個性派キャストがドラマを熱くする撮影中の現場より、キャストコメントが到着! 豪華レギュラーキャストを発表!雑居ビル「バベル九朔」の個性的なテナントさんたち池田鉄洋 佐津川愛美 前原滉 アキラ100% 村松利史 出演決定!  【キャストコメント】四条さん(52)/池田鉄洋バベル九朔4F:探偵事務所「ホークアイ・エージェンシー」所長ネバーマインドで明るい性格。若いころに「探偵物語」を観て探偵を志すが、憧れの松田優作には程遠い。満大の父・勝とは友人でもある。満大の叔母からも頼まれ、新米管理人の満大にも何かと世話を焼いている。【キャストコメント】今回、初共演させてもらう満大くん役の菊池さんとの掛け合いシーンは結構回を重ねてるので僕の中で2人の関係性はとてもいいものに仕上がっているのではないかと思っています。菊池さんは現場でもみんなをまとめてくれて優しくて気遣いのできる方です。 序盤の1〜2話では、四条のエピソードが語られるのですが、皆さんに早く観ていただきたいです。世話焼き四条が何かと満大くんのバディ役としても活躍できそうな感じもしています。いい役をいただきありがとうございます。 千加子ママ(29)/佐津川愛美バベル九朔:B1Fスナック「SNACKハンター」ママシングルマザーであり、スナック...more
カテゴリー:

菊池風磨主演『バベル九朔』に池田鉄洋、佐津川愛美、前原滉ら - 09月18日(金)12:00 

アイドルグループ・Sexy Zoneの菊池風磨が主演する日本テレビのドラマ『バベル九朔』(毎週月曜24:59~ ※Huluでも配信)のレギュラーキャストとして、池田鉄洋、佐津川愛美、前原滉、アキラ100%、村松利史が出演することが決まった。
カテゴリー:

田中幸太朗と東根作寿英、石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第8話にゲスト出演!「薬に対して甘い認識だった…」 - 09月01日(火)10:55 

田中幸太朗と東根作寿英が、石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第8話(9月3日放送)にゲスト出演することがわかった。田中幸太朗は、アレルギー性鼻炎に悩む患者でわけアリな役どころを、東根作は在宅医療に特化する薬局の代表を演じる。本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。石原のほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭らが出演する。田中幸太朗が演じるのは、アレルギー性鼻炎に悩み、萬津総合病院で薬をもらっている増田航平。増田の調剤を担当するくるみ(西野)は、増田が高い頻度で薬をもらいにくることを不思議に思い、「薬はまだ残っているはずだ」と問うも、増田は「もうないです」と冷たく答え、そそくさとその場を去ってしまう。出産を控える妻が入院中のため、幼い息子、翔太(川原瑛都)の面倒を一人で見ている増田。そんな余裕のない増田が薬を頻繁に受け取る理由とは? 一方、瀬野(田中圭)は、息子の翔太が目をかゆそうにこすっているのを気にする。東根作が演じるのは、「笹の葉調剤薬局」の代表・...more
カテゴリー:

「池田鉄洋」の画像

もっと見る

「池田鉄洋」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる