「江戸時代初期」とは?

関連ニュース

伝統の「普茶料理」味わって 4月21日、小城の市民グループが食事会 - 04月07日(日)15:30 

江戸時代初期に伝わったとされる中国風の精進料理「普茶料理」の食事会が21日正午から、小城市の小城公民館晴田支館で開かれる。動物性の食材を使わず、ウナギやかまぼこ、卵焼きなどを本物そっくりに再現した自慢の“もどき料理”でもてなす。 食事会は、小城鍋島藩の菩提(ぼだい)寺である同市の祥光山星巌(せいがん)寺に伝わる普茶料理の継承に取り組む市民グループ「おぎ春香会」(中尾幸子会長)が、春と秋の年2回開いている。新型コロナ禍を経て、昨秋4年ぶりに開催した。
カテゴリー:

京都はなぜ江戸時代になっても廃れなかったのか、千年の都を救った「1人の男」(ダイヤモンド・オンライン) - 04月07日(日)05:06 

 江戸時代初期、幕府が江戸に開かれて政治の中心は江戸に移った。実権も財力もない天皇と公家が残っただけなのに、その後の京都は奈良のように寂れてはいかなかった。どうしてだろう? それはある商人が仕掛けた大
カテゴリー:

こんなの見てる