「江戸時代」とは?

関連ニュース

天然の涼、日光‘癒されひんやり旅’。 - 07月18日(木)22:02 

2019年7月18日 日光市観光情報発信センター 天然の涼、日光‘癒されひんやり旅’。 いよいよ本格的な夏が到来します。最強の避暑地2年連続NO.1を獲得した「奥日光」、 しっとりな‘涼’スポット、元気にウォーターアクティビティ、疲れた体は温泉でリフレッシュ。 「日光の社寺」世界遺産登録20周年、2020年にかけてのトピック等々・・・。 旬な話題もご提供!夏の日光の‘癒されひんやり旅’をご紹介。   日光東照宮をはじめとする世界遺産を大自然が囲む町・・・、避暑地として多くの外国人を魅了してきたリゾートの日光は、夏を快適に楽しめる場所が沢山。奥日光は、日本全国のおすすめ避暑地5選(るるぶトラベル)に2年連続1位に選ばれました。奥日光は標高1,200m以上で湿気も少ないことから過ごしやすく、今も多くの人が避暑を求めて訪れています。日光連山からの伏流水に恵まれた日光は、関東屈指の名水の地。変化に富んだ地形が育む湖沼や渓流・滝は夏ならではの水遊びのフィールドとして大きな魅力をもっており、湖や川で大人が楽しめるアクティビティも増えてきています。   今年は2020年オリンピック・パラリンピックに向けてインバウンド対策が強化されているトピックがあったり、日光東照宮をはじめとした二社一寺が世界遺産登録されて20年のアニバーサリーイヤーでもありま...more
カテゴリー:

芥川賞・直木賞、受賞作品決まる - 07月18日(木)06:08 

 第161回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まり、受賞者が喜びを語りました。  芥川賞は、今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」に決まりました。この作品は、近所に住む「むらさきのスカートの女」はいったい何者なのか。他人の生活を観察し続ける主人公の日常を描いた物語です。今村さんは、芥川賞3回目のノミネートでの受賞となりました。 「書くのはつらいし嫌だと思うときの方が多いが、やっぱり楽しい」(今村夏子さん)  一方、直木賞に決まったのは、大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」です。江戸時代の大阪・道頓堀が舞台で、人形浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた作品です。大島さんは、直木賞2回目のノミネートでの受賞となりました。 「文楽は本当にすばらしい芸術だと思う。次の世代に残していかなければならない。(この本が)それを広報する手助けができたらいい」(大島真寿美さん)  賞の贈呈式は、来月、都内で行われる予定です。(18日02:08)
カテゴリー:

竹財輝之助を慕う藤吉が暴漢に囲まれピンチ!『時空探偵おゆう 大江戸科学捜査』 - 07月17日(水)11:44 

佐久間由衣が主演する『このミス』大賞ドラマシリーズの第1弾「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」(カンテレ、毎週木曜24:25~/TOKYO MX、毎週木曜24:30~)の第3話が7月18日に放送される。今回は、江戸で起こった殺人事件の真相を突き止めるべく、聞き込みに出かけた下っ引きの藤吉(池田純矢)がピンチに!『このミス』は、動画配信サービスU-NEXTとカンテレがタッグを組み、宝島社「このミステリーがすごい!」大賞の関連作品をドラマ化するシリーズ。本シリーズの第1弾は、山本巧次による小説「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」が原作で、主人公の関口優佳/おゆうを佐久間が演じる。会社では上司に理不尽に怒られ、冴えない生活をしていたが、祖母の家の納戸から現代と江戸を行き来するようになり、江戸時代の難事件解決に関わる役どころ。現代と江戸を自由に行き来する、今までになかったタイムトラベルミステリーだ。竹財が演じる鵜飼伝三郎は、南町奉行所定廻り同心で、正義感が強く、優しい男。優佳に捜査協力を依頼することに……。また、伝三郎と行動を共にする岡っ引き・源七役に石毛元貴。下っ引き・藤吉役に池田が決定。このほか、手塚とおるが、現代では優佳の上司・浅川健吾役、江戸では南町奉行所筆頭同心・浅川源吾衛門役という一人二役で出演。優佳の幼馴染・宇田川聡史役を甲斐翔真が、優佳の同期・武本真由美役を水島麻理奈が演じる。...more
カテゴリー:

【動画】江戸時代から続く愛知県安城市の手延べそ.. - 07月16日(火)23:34 

【動画】江戸時代から続く愛知県安城市の手延べそうめん作りが最盛期を迎えています。オリジナル版は→
カテゴリー:

江戸時代から続く風物詩 手延べそうめん作りが最盛期 愛知・安城 - 07月16日(火)20:25 

 江戸時代から続く愛知県安城市の手延べそうめん作りが最盛期を迎えている。  食料不足に苦しんだ農家の副業として始まったという。同市和泉町の「間杉手延製麺所」では未明から作業が始まり、温度と湿度を調整しながら、竹の棒を使って麺を直径約0.7ミリ、長さ3.6メートルになるまで延ばしていく。
カテゴリー:

タイムトラベルアドベンチャー2019「江戸の水涼遊び」「江戸料理の夏」 - 07月18日(木)10:00 

[江戸ワンダーランド 日光江戸村] [画像1: https://prtimes.jp/i/43051/5/resize/d43051-5-255579-13.jpg ] 江戸時代をリアルに体験できる江戸文化体験カルチャーパーク「江戸ワンダーランド日光江戸村」(所在地:栃木県日光市、代表取締役ユキ...
カテゴリー:

のど越しとコシ、この手作業から 手延べそうめん最盛期 - 07月17日(水)21:17 

 江戸時代から伝わる愛知県安城市特産の「手延べそうめん」作りが最盛期を迎えている。同市和泉町の「間杉手延製麺所」では、蒸し暑い室内で職人が竹の棒を操り、麺の生地を長さ約3・6メートルまで延ばし、純白の…
カテゴリー:

こだわり“うちわ”で夏を楽しむ! 江戸時代から続く「越生うちわ」の魅力とは? - 07月17日(水)11:30 

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。今回の放送では、越生(おごせ)うちわメーカーの「うちわ工房しまの」5代目島野博行さんにお話を伺いました。
カテゴリー:

【古代】特別展開催で話題の「三国志」、物語の持つ魅力とは “邪馬台国”や“卑弥呼”との関係は? - 07月16日(火)22:46  newsplus

東京国立博物館(上野)で開催中の特別展「三国志」(新華社/アフロ)  2~3世紀、中国大陸で漢帝国の滅亡後に魏・呉・蜀が並び立った「三国時代」。その時代を描いた『三国志』といえば、日本でも小説や漫画、ゲームの題材として人気を博している。現在、東京・上野の国立博物館では、曹操の墓からの出土品など近年になって新たに発見された三国時代の考古史料を集めた特別展が開催中だ。歴史作家の島崎晋氏が、「三国志」と日本の深いつながりを解説する。  * * *  今年は日中文化交流協定締結から40周年ということで...
»続きを読む
カテゴリー:

勤続年数別に見る!もらえる退職金は、いくら? - 07月16日(火)18:30 

退職金は、会社から退職した人に支払われるお金のことです。退職金には長い歴史があり、江戸時代の「のれん分け」が起源といわれています。退職金といえば、定年退職時に一括で支払われる退職一時金の印象が強いので…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「江戸時代」の画像

もっと見る

「江戸時代」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる