「水際対策」とは?

関連ニュース

【楠田枝里子】<政府に「補聴器届けましょうか」発言>坂上も爆笑 「耳の不自由な人も馬鹿にしてる」批判の声 - 08月07日(金)20:16  mnewsplus

6日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演したフリーアナウンサーの楠田枝里子の発言に、批判が集まっている。 問題となっているのは、新型コロナウイルスの水際対策や新しい生活様式について、多くの著名人が苦言を呈していると紹介していた際の一幕。 その中で、MCの坂上忍から「コロナ禍において、もうちょっと政府が国民の静かな怒りっていうのは感じないとダメなのかなって気がしますよね」と話を振られた楠田は、 これに同意しつつ、「静かどころか、日本医師会も東京都医師会も、大勢の医療従事者の皆さんも、私たち一般...
»続きを読む
カテゴリー:

来県自粛踏み込まず 知事 クラスター抑制を優先 - 08月06日(木)06:10 

 玉城デニー知事は5日、感染拡大を抑え、離島の脆弱(ぜいじゃく)な医療体制を守るため、宮古島市や石垣市の接待・接触を伴う飲食店の休業要請や、県民の不要不急の外出自粛要請を県全域に拡大した。一方、県外からの来県自粛要請には踏み込まず、クラスター(感染者集団)を抑え込む対応を優先。水際対策は国の対策...
カテゴリー:

茂木氏、外国訪問を再開 2週間隔離なし 求められる「成果」 - 08月05日(水)17:36 

 茂木敏充外相は5日、英国訪問のため、羽田空港を出発した。新型コロナウイルスの影響で途絶していた閣僚の外国訪問は3月以来となる。茂木氏は今月7日まで滞在し、月内には東南アジアなども歴訪する意向だ。感染防止策の徹底を条件に政府が水際対策として講じる帰国後2週間の隔離は行わない。実績を重ねることで、安倍晋三首相が首脳外交を円滑に再開できる環境を整える狙いもある。
カテゴリー:

羽田ーローマ新規就航9月に延期 - 08月03日(月)15:00 

新型コロナウィルス感染症の影響で、3月末より延期されていた羽田―ローマ線の初便を、8月に新規就航と発表しておりましたが、各国の水際対策の状況に応じ、イタリア発9月3日、日本発折り返し便を9月5日から就航に延期することになりました。便名     区間     出発時間  到着時間       機材     運航日  運航開始AZ792  ローマー羽田   16:10   11:35(到着翌朝) A330-200  月木土   9/3~AZ793  羽田―ローマ   13:35   19:35(到着同日) A330-200  月水土   9/5~ご搭乗手続き:羽田空港  第3ターミナルローマ・フィウミチーノ空港  ターミナル3(当面の間、従来のターミナル1から変更しています。)成田―ローマ、成田―ミラノ線も順次再開を検討しております。当面の間、週3便の運航で、機内でのソーシャル・ディスタンスを守るため、お客様の人数が制限されます。航空機は殺菌効果の強い消毒液で毎日消毒されており、機内の空気はHEPAエアフィルター(*注1)と垂直循環の空調により、99.7%新鮮な空気をキープすることができ、殺菌された手術室と同じようにきれいです。日本でもイタリアでも、空港内、搭乗時と機内でのフェイス・マスクの着用と4時間ごとのマスク交換が義務付けられています。搭乗手続き、ゲートでの搭乗、降機、荷物の受け...more
カテゴリー:

日中外相が電話会談、早期の往来再開へ - 07月30日(木)01:22 

 茂木外務大臣は29日、中国の王毅外相と電話で会談し、ビジネス目的での往来の早期再開を目指して調整を進めることで一致しました。 茂木外務大臣と中国の王毅外相の電話会談は29日午後、予定の時間の倍以上となるおよそ80分間にわたって行われました。  このなかで両外務大臣は、新型コロナウイルス感染症の水際対策で現在停止されている両国間の往来について、ビジネス目的の渡航の早期再開を目指し、調整を進める方針を確認しました。  また、茂木氏は、沖縄県の尖閣諸島周辺での中国公船の航行が過去最長の107日連続となっていることなどについて問題提起しました。  このほか、双方が領事館を閉鎖するなど対立が深まっている米中関係についても意見が交わされたということです。
カテゴリー:

【知事会見一問一答】水際対策は国が支援が必要 - 08月06日(木)10:51 

 記者会見で玉城デニー知事と報道陣とのやりとりは次の通り。 ―県外からの渡航自粛は求めないのか。  「現在のところ求めていない。沖縄県内が自粛のさなかにあるので、県外から来る人も健康観察して沖縄に来ていると思う。これからも出発前の健康観察を呼び掛けていきたい」 ―間もなく緊急事態宣言から1週間だが効果...
カテゴリー:

茂木氏、外国訪問を再開 2週間隔離なし 求められる「成果」 - 08月05日(水)17:37 

 茂木敏充外相は5日、英国訪問のため、羽田空港を出発した。新型コロナウイルスの影響で途絶していた閣僚の外国訪問は3月以来となる。茂木氏は今月7日まで滞在し、月内には東南アジアなども歴訪する意向だ。感染防止策の徹底を条件に政府が水際対策として講じる帰国後2週間の隔離は行わない。実績を重ねることで、安倍晋三首相が首脳外交を円滑に再開できる環境を整える狙いもある。
カテゴリー:

小笠原航路で「感染通知」サービス コロナ水際対.. - 08月04日(火)12:06 

小笠原航路で「感染通知」サービス コロナ水際対策
カテゴリー:

【識者談話】現状の水際対策「効果なし」 政策、抜本的に改善を 徳田安春医師 - 07月30日(木)09:14 

 新型コロナウイルス専用の病床が埋まりつつあり、県内は危機的な状況にある。県は前回よりは積極的に検査をしており、対応はよくなっているが、十分ではない。国や県は(渡航や営業の)自粛を要請しない方針だ。自粛をしないのであれば、検査を拡大するなど政策を抜本的にグレードアップした方がいい。  現状の水際対...
カテゴリー:

【新型コロナ】在留外国人の再入国を8月5日に緩和。外務省 - 07月29日(水)23:10  newsplus

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072901285&g=soc 外務省は29日、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための水際対策をめぐり、 日本の在留資格を持つ駐在員や留学生らの再入国を、8月5日から条件付きで認めると発表した。 これまで、入国拒否の対象国・地域に出国した在留外国人は原則、再入国できなかった。   対象となるのは、入国拒否の指定前に、再入国の許可を取って出国した在留外国人。 現在の滞在地から出国前72時間以内のPCR検査で「陰性」を証明することや、 滞在地の在外公館から「再入国関連書...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「水際対策」の画像

もっと見る

「水際対策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる