「民間企業」とは?

関連ニュース

コンプライアンス・監査対応への強化として自治体や企業のニーズ増加 メールアーカイブシステム『MailBase』、 市場占有率27.9%、11年連続で国内製品シェアNo.1※を達成 ※富士キメラ総研調査 - 11月20日(水)11:00 

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下当社)は、市場調査会社である株式会社富士キメラ総研が2019年10月25日に発刊した『2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(市場編)』の調査報告において、当社が提供するメールアーカイブツール『MailBase』(メールベース)が市場占有率27.9%を記録し11年連続でメールアーカイブソフトウェアとして国内製品における第1位の実績を達成したことを、2019年11月20日(水)に発表しました。『MailBase』は、企業内の全ての送受信メールと添付ファイルを長期的に保存し、高速検索を可能にする電子メール監査・メールアーカイブシステムです。内部統制やコンプライアンス対策のほか、企業内の個人メールの再活用にも効果的であることなどにより、導入団体から高く評価されています。JFEシステムズ株式会社、株式会社ルネサンス、松戸市、所沢市、宝塚市、高松市、株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、日本ペイント株式会社をはじめ、金融機関、官公庁、ISP/XSPなどのサービス事業者様をはじめ数多くの企業・自治体に導入されています。■海外メーカー中心のメールソリューション市場の中、国内メーカーならではの安心サポートで高い評価『2019ネットワークセキュリティビジネス調査総覧』(富士キメラ総研)によると...more
カテゴリー:

宮城県が目指す水道事業の民間委託 実施方針案公表、200億円コスト削減狙う - 11月19日(火)11:46 

 水道事業の運営権を民間企業に売却することを目指している宮城県は18日、実現に向けた実施方針案を公表した。この中で県は運営を委託する民間事業者に対し、20年間で200億円以上のコスト削減を求める考えを明らかにした。県は事業者の選定手続きや利用料金の規定などについて盛り込んだ条例改正案を、25日開会の県議会11月定例会に提出する。
カテゴリー:

東北大が民間と事業創出の新会社 第1弾は医療機器開発 - 11月19日(火)06:05 

東北大は研究成果を活用して民間企業との事業創出や製品開発を後押ししようと、子会社「東北大ナレッジキャスト」(仙台市)を設立した。第1弾として企業との共同研究が拡大する医療機器などの医工学分野から着手し
カテゴリー:

中部空港、国際線攻勢で業績「カイゼン」 4~9月期 - 11月18日(月)15:29 

 中部空港(愛知県常滑市)の利用者が増えている。愛知万博のあった2005年に海上空港として開港。国や県、トヨタ自動車などが出資する民間企業が当初から運営を担い、社長もトヨタOBが代々務める。東京と大阪…
カテゴリー:

【やとハラ】「国会議員による民間企業への業務妨害の疑い。ヤクザみたいな言い方」 蓮舫ツイート批判 - 11月17日(日)22:53  news

国会議員による民間企業への業務妨害の疑い濃厚。ドラマに出てくるヤクザみたいな言い方、怖いわね。 蓮舫・立憲民主党(りっけん) @renho_sha このホテル、宴会申し込みが殺到しそう。 交渉次第で5000円で出来る場合と、出来ない場合、その説明を聞きたい。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

公務員の「氷河期採用」4人合格、合格率0.2% まるで蜘蛛の糸だと絶望へ - 11月19日(火)17:18  news

宝塚市「氷河期採用」合格4人 40代無職が2人 職歴最多は7カ所 https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20191118k0000m040262000c/ バブル崩壊による就職難を経験した「就職氷河期世代」を対象に正規の事務職員を募集していた兵庫県宝塚市は18日、合格者4人のプロフィルを明らかにした。 男女各2人で、年齢は40~45歳。いずれも大卒以上の最終学歴を有するが、うち2人は現状無職で1人は非正規雇用。 職歴は最多の人で7カ所に達し、厳しい就職・雇用環境下に置かれていたことがうかがえる。  4人の居住地は近畿地方が...
»続きを読む
カテゴリー:

その場で電子証明書を発行できる「Graffer電子証明書取得サポート」 - 11月19日(火)10:38 

グラファーは11月19日、電子証明書を自宅で即時発行できるサービス「Graffer電子証明書取得サポート」を公開した。 同サービスは、ウェブブラウザー経由で申請に必要な情報を入力すれば、電子証明書の申請に必要な書類などが含まれたキットをインターネット経由で取り寄せられるのが特徴だ。 後日、申請書や申請発行ファイル入りUSBメモリ、登記所への申請用レターパックライトなどが含まれた「取得サポートキット」が郵送されてくる。このキットに含まれる申請書には、申請に必要な各種情報があらかじめ記載されているので、利用者は所定場所に押印して、キットに含まれる申請用レターパックライトに詰めてポストへ投函するだけでいい。数日後に登記所から電子証明書発行確認票が届くので、確認票に記載されているシリアル番号などをウェブサービスの「Graffer電子証明書取得サポート」へ入力すると、電子証明書ファイルをダウンロードできる。 同社によると、キット発送から登録票の受け取りまでの時間を除くと取得まで最短10分で作業が完了するとのこと。なおキットを郵送せずに登記所に直接持ち込む「窓口申請プラン」も利用可能だ。 これまで電子証明書を取得するには、自宅などで専用ソフトを使って電子証明書の発行申請に必要なファイルを作成し、申請書とともに管轄の登記所の窓口で証明期間に応じた発行手数料を支払って申請する手続きが必要だった。そ...more
カテゴリー:

宮城県、水道事業の民間委託 実施方針案公表 200億円のコスト削減求める - 11月18日(月)19:27 

水道事業の運営権を民間企業に売却することを目指している宮城県は18日、実現に向けた実施方針案を公表した。この中で県は運営を委託する民間事業者に対し、20年間で2…
カテゴリー:

戦闘機の国際会議、台湾の武官が制服で講演 - 11月18日(月)00:00 

戦闘機に関する国際会議である2019年「International Fighter Conference」が14日、独ベルリンで行われ、台北駐英国代表処(英国における中華民国大使館に相当)の駐在武官である袁力強上校(=大佐に相当)が軍の制服を着用して講演を行った。   この会議には米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、北大西洋条約機構(NATO)、タイ、マレーシア、フィリピンなど30カ国近くの空軍関係者が参加した。また、航空宇宙機器開発製造会社であるロッキード・マーティン社、エアバス社、レイセオン社、サーブ社など国防産業を担う企業の関係者も参加し、未来の戦闘機に関する技術、発展、課題等について話し合った。   袁力強上校は中華民国(台湾)空軍における近年の戦闘機導入の状況や、台湾の全体的な防衛構想をテーマに講演を行った。この会議では、アジェンダに中華民国の国旗が印刷されたほか、講演者も軍の制服を着用して講演を行うことが認められた。外交上、さまざまな制約を受けることの多い台湾にとって、国際的な軍事会議においてこうした待遇を受けるのは非常に珍しいこと。   袁力強上校は、台湾の防衛構想である「防衛固守、重層嚇阻(=断固とした防衛と重層的な抑止)」をもとに、いかにして「Overall Defence Concept(=全体的な防衛コンセプト)」によって「戦...more
カテゴリー:

【桜を見る会】立憲・塩村あやか「久兵衛で立食を5千円の参加費で、ぜひ!」→久兵衛が否定→「本質は久兵衛ではない」と言い訳 - 11月17日(日)11:42  newsplus

※土日政治スレ ・塩村あやか 参議院議員(りっけん) そんなのあり?800人規模の大規模な党大会等をニューオータニで。 夜は久兵衛のおすし付きの立食パーティーを5000円の参加費で、ぜひ! 同じ条件ならホテルはやって下さるのかな。やらないと言えないはず。 ★ここまで時間がかかったのは、理屈を捻り出す為としか思えない★ ・塩村あやか 参議院議員(りっけん) 特別プランがあるのかも知れませんね。 振込みをしているはずなので、その振込みの証拠と「見積もり」を示せばよいと思います。 新しい事実が分かると思います。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「民間企業」の画像

もっと見る

「民間企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる