「比喩」とは?

関連ニュース

愛やロマンスより最適化? 最高の伴侶を見つけるには - 02月15日(金)21:53  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47235519 完璧な人生の伴侶の見つけ方について、世間は私たちにこう言う。愛が全てだ、本能に従え、要するに運命なのだと。 仕事においてこれと同じようなアドバイスに従ったらどうなるか、考えてみよう。あるいは会社経営において。 市場調査をしたことがなく、長期的プランもなく、わざわざビジネスを勉強する気もないと投資家に伝えたらどうなるか、想像してみて。信頼してもらおうとしても、無理そうだ。 誰と結婚するかという選択は、間違いなく、人生で一番大事な決断なの...
»続きを読む
カテゴリー:

【バイトテロ】 くら寿司「法的措置とる」 奴隷DQN「法律が金持ちだけを守るから、テロに訴える!」 - 02月14日(木)11:21  liveplus

【菅の避難計画は正しかった】 池江璃花子(18)、年始から異変、1月30日、東海村の放射能漏れで鼻血 https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1550022944/l50 「壁があるから動物園で楽しめる」 トランプ氏長男の移民比喩に批判 http://www.afpbb.com/articles/-/3205835 頭大丈夫でしょうか? 資本主義、自由と民主主義の国は西欧や北欧、アメリカ、日本の先進国ですが、 私は次生まれるときも、先進国に生まれたいと思います。 https://66575033.at.webry.info/201611/article_23.html いま起こっております、バー...
»続きを読む
カテゴリー:

寿司は「グルメ」にあらず。 いま、30代の職人を支える“パトロン”が続出する理由 - 02月09日(土)18:46 

"飯炊き3年、握り8年"という言葉を聞いたことがあるだろうか?寿司職人が一人前になるまでの道のりを比喩的に表現したものだ。日本の寿司文化を世界に伝えた映画『二郎は鮨の夢を見る』(2011年)の主役であり、名店「すきやばし次郎」の店主・小野二郎は映画出演当時、87歳だった。寿司の道というのはどこか、昔気質な年配の職人さんたちのもの、というイメージがあるが、今そこに新しい"風"が吹いている。そう語るのは『ビートたけしのTVタックル』『羽鳥慎一のモーニングショー』などを手がける放送作家の岡伸晃さん。給料のほとんどを寿司に注ぎ込み、自腹で使った金額は1000万円を超えるという岡さんが2月7日、ハフポストのネット番組「ハフトーク」に出演。いま東京の寿司業界で起きている変化の兆しについて語った。寿司は単なる「食事」を超えた「エンターテイメント」である。岡さんは週に2、3回のペースでお寿司屋さんに通う。昼、夜とダブルヘッダーすることも珍しくない。むしろ、寿司を食べる合間に仕事をしている。テレビ局を抜け出して向かうのは、客単価が2〜3万円ほどのいわゆる「高級寿司」だ。ほとんどのお店でメニューはなく「おまかせ」で、つまみと寿司約20貫が提供される。一度の食事で2万円。どう考えても高い気がするが、岡さんは「食事と考えると高くても、エンターテイメントと考えるとお値打ちですよ」と語る。View this ...more
カテゴリー:

今年の12月21日に人類が滅亡 - 02月14日(木)21:36  poverty

2019年12月21日に人類滅亡! マヤ暦で確定、ポールシフトで大規模自然災害多発か! 紀元前3000年頃から16世紀末にスペイン人の侵攻により滅ぼされるまで、長きにわたり独自の文化を継承してきたマヤ文明。 メキシコ南東部やグアテマラ一帯を中心に栄華を誇ったこの古代文明は、現代にも通用するほど高度な技術や 天文学的知識を有していたことが分かっており、そこに宇宙人との関連を疑う声も根強い。  ことに人類の滅亡を予言しているとされるマヤ暦は現代人の強い関心をひいてきた。 マヤ文明で用いられていた長期の暦を表す...
»続きを読む
カテゴリー:

【AirPods】「耳からうどん」に新色か - 02月12日(火)11:33  newsplus

テック系メディアmysmartpriceは、Appleが開発中とされるAirPodsについて、新色やボディ素材の変更、新機能が追加されるなどと報じている。 独自の情報源からの話として、新型のAirPodsには複数の変更が加えられるという。まず、これまで白しかなかったカラーは黒が加わるという。 AirPodsが登場した直後は、ケーブルがなく、耳から白い棒のようなものが少しだけ出ている様子は「耳からうどんが出ている」などと揶揄されたものだが、ワイヤレスイヤホン市場でAirPodsは人気となり、既に多くのユーザーを獲得することにより、耳からち...
»続きを読む
カテゴリー:

あいみょん「珍しく自分のことを書いた」曲とは? | ananweb - マガジンハウス - 02月08日(金)19:30 

時に切なく、時に力強く、聴く人の胸に響く音と言葉で、いま大きな共感と話題を集めている、あいみょんさん。彼女自身の言葉から、その歌詞の秘密に迫ります。ただひとつの言葉を紡ぐ、あいみょんの、頭の中。ドラマの主題歌「今夜このまま」や、昨年末のNHK紅白歌合戦で歌われた「マリーゴールド」など、多くのヒット曲を生み出して活躍中の女性シンガーソングライター・あいみょんさん。なかでも、どこか甘酸っぱく切ない余韻を残す歌詞が注目を集めている。今回のインタビューでは歌詞の創作方法をはじめ、彼女が放つ言葉の魅力を探る。――最新アルバム『瞬間的シックスセンス』は、今のあいみょんさんのエネルギーと音楽的センスを存分に感じさせる素晴らしいポップ・アルバムに仕上がっていますね。あいみょん:ありがとうございます。――お忙しい中での制作だったそうですが、今作の言葉選びや歌詞にはどんな挑戦がありましたか。あいみょん:今回は、これまで以上にドラマや映画に書き下ろした楽曲が多く入った作品になりました。ゼロから自分で生み出すのと台本や原作を読んだ上で歌詞を書くのは、やっぱり全然違いましたね。書き下ろしをさせていただくからには、自分の色を出しつつも、ドラマや映画の物語に音楽で寄り添うのが礼儀だと思っているので。今回こうして色んなジャンルの作品に書き下ろしさせてもらって、すごく勉強になりました。――「マリーゴールド」にしても...more
カテゴリー:

「比喩」の画像

もっと見る

「比喩」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる