「比喩」とは?

関連ニュース

「#MeeToo」の広がりを阻む日本社会のコンプリシットとは? - 05月20日(日)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、日本社会でセクハラが生まれる構造について言及する! * * * 昨年、“complicit(コンプリシット)”という言葉がアメリカで大流行し、オンライン辞典のアクセス数が約300%増加しました。直訳すると「共犯の、共謀した」といった意味ですが、最近の使われ方は「見て見ぬふり」というようなニュアンスです。 この言葉が注目を集めたきっかけは、昨年3月にアメリカを代表するコメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で放映された、イヴァンカ・トランプ大統領補佐官を揶揄(やゆ)するパロディ作品でした。「complicit」という名の架空の香水のCMをイヴァンカになりきって演じたのは、女優のスカーレット・ヨハンソン。 そのメッセージは、イヴァンカも父であるトランプ米大統領の“共犯”だ――つまり、いくらセレブよろしく女性やマイノリティの権利向上を口にしても、それは単なるポーズにすぎず、結局は父による差別を事実上、追認しているんだというわけです。 作品が放映された翌月、イヴァンカはあるインタビューで反論を試みましたが、「complicitという...more
カテゴリー:

『Borderlands 3』がE3 2018で発表されることはない? - 05月16日(水)10:33 

「『Borderlands 3』がE3 2018にやってこないとここにはっきり書いたところで、君たちは信じてくれないだろう」 Gearbox SoftwareのCEOであるRandy Pitchfordは手品を比喩に、『Borderlands 3』がE3 2018に登場しないことを発言している、ようである。
カテゴリー:

伝わる文章を書くには? - 05月09日(水)18:00 

日本語にはあまいな表現が多くあります。それは相手にそれとなく意思を伝える手段でもありますが、イエスかノーかをはっきりとしない姿勢はビジネスシーンにおいて、時にトラブルとなることもあります。それはもとをたどれば、文章でしっかりと案件を伝えていないといったことにもなるのです。 どうすれば良いのか? 山口拓朗による『残念ながら、その文章では伝わりません』 (だいわ文庫)は、明快な文章を誰でも書けるようになる本です。本書で取り上げられているものは、相手に気をつかうあまり、つい用いてしまいがちな悪文について記されています。文脈的に正しくない比喩表現の乱用や、話し言葉が文章に紛れ込んでしまう、あるいは接続詞を使いすぎてしまうなどといった、いわゆる文書のクセです。こういったものは、ちょっとした工夫で格段に良くなります。 読むだけでOK 本書の特徴は文書の書き方がポイントにしぼって解説されている点でしょう。つまりは読むだけで文章力が向上できるのです。いわば、この本自体が無駄を省いた本であるといえるでしょう。本書は小説の名作を書くようなものではありません。ビジネスにおいてあらゆる場面で文章を書く機会に遭遇するように、文章力が試されるシーンにおける基本的なスキルを身につける本なのです。社会生活における必修科目に近いものと考えるべきでしょう。 残念ながら、その文章では...more
カテゴリー:

【少子高齢化】日本をじわじわ蝕んでいる「静かなる有事」に気づいてますか - 05月08日(火)18:13  bizplus

日本が少子高齢社会にあることは、誰もが知る「常識」である。だが、自分の身の回りでこれから起きることをわかっている日本人は、いったいどれくらいいるだろうか? 日本は劇的に変わっていく。例えば、25年後の2043年の社会を覗いてみよう。 年間出生数は現在の4分の3の71万7000人に減る。すでに出生届ゼロという自治体が誕生しているが、地域によっては小中学校がすべて廃校となり、災害時の避難所設営に困るところが出始める。 20~64歳の働き手世代は、2015年から1818万8000人も減る。社員を集められないことによる廃業が相次...
»続きを読む
カテゴリー:

麻生財務相「あの見てくれの悪い北朝鮮機が、途中で落ちたら話にならん」 ネット「パヨチンとマスゴミ発狂w」「皆思ってるからセーフ」 - 05月17日(木)07:49  seijinewsplus

https://snjpn.net/archives/51475 北朝鮮専用機「途中で落ちたら」 米朝会談、麻生財務相が言及 ▼記事によると… ・麻生太郎副総理兼財務相は16日、東京都内で講演し、6月12日にシンガポールで予定する米朝首脳会談に関連し「あの見てくれの悪い(北朝鮮の)飛行機が無事シンガポールまで飛んでいってくれることを期待するが、途中で落ちたら話にならん」などと述べた。金正恩朝鮮労働党委員長が搭乗する専用機への言及とみられる。 北朝鮮の核・ミサイル問題について「米朝会談が行われるところまできた」と進展を評価する中で...
»続きを読む
カテゴリー:

【今週はこれを読め! ミステリー編】刑事ヴァランダー・シリーズ前日譚『ピラミッド』 - 05月12日(土)21:33 

 作家が小説を書くのにはさまざまなやり方がある。  わざと迷路にはまりこんでみて出口を探すように文章を置いていく者、急流の中で命を救う手立てを見つけるときのように必死に言葉を繰り出す者、初めから答えがわかっているジグソーパズルを作るかの如く悠揚迫らずピースを置いていく者。  ヘニング・マンケル『ピラミッド』を読み、ああ、この人はシンボルの作家なのだ、と感じた。シンボル、小説の中心に聳え立つもの。それが作品の形を決定し、輪郭線をあらかじめ定める。マンケルはおそらくシンボルに導くとおりに構図を決めていたのだ。彼の作品を読むと、捜査に当たるクルト・ヴァランダーの足取りがいかにも覚束ないのに、背景に見えている問題の壮大さに初めから圧倒され、果たしてこの主人公は答えにたどり着けるのだろうか、と危ぶむことが幾度もあった。しかしマンケルの中では、ヴァランダーが踏み出す一歩一歩が間違いなく自身の置いたシンボルへ続くものと意識されていたのだろう。  ヘニング・マンケル作品の魅力とは骨太のプロット、と幾度も書いてきた。事件が発生し、答えに向けて捜査官であるクルト・ヴァランダーがひとつひとつ証拠を集めて進んでいく。それだけの物語で、主人公自身の人間関係などがサブプロットになっているものの、あくまでも力点は主筋の方にある。それだけで読者を魅了するに十分な小説の力があるのだ。  ピラミッド。  マンケルがシ...more
カテゴリー:

9歳、自閉症のボクが、生きていくうえで毎日困っているコト - 05月08日(火)19:00 

歌とダンスがすきな9歳のGeorge君は、自閉症を患っています。これから紹介する動画は、自身がクラスメイトに自己紹介するために制作したもの。自閉症が自分の行動にどのような影響を及ぼして、どうすればスムーズに集団生活を送れるのか、みんなに知って欲しいという思いからだということです。彼の言葉で語られる自閉症の体験談には一体どのようなものが?リスト形式にまとめてみたので、普段は知ることができないGeorge君の本心を覗かせてもらっちゃいましょう。01.アイコンタクトが苦手僕は、3歳になるまで言葉が話せなかった。だから両親は、僕は言葉を話せない子どもなのだと思っていたみたいなんだけど、それは自閉症によるものだったんだ。あと、人と話しているあいだ、ずっとアイコンタクトをとっているのが苦手。でも、相手の目を見ていないからと言って、聞いていないわけではないんだ。02.質問に答えるまで時間がかかる僕の耳には、あなたの声と一緒に、他にもたくさんの音が聞こえてきます。そして、そのすべてに耳を傾けてしまうので、言葉の意味を理解するのに時間がかかり、答えるまでに時間がかかることもあるんだ。03.「言葉の意味」を、そのまま受けとってしまう。僕は、言葉の意味をそのまま受けとってしまいがち。それが、例え話や比喩の表現だとしても。だから、言われたことに対して見当違いな行動をとってしまうことがあるかもしれない。何か...more
カテゴリー:

「比喩」の画像

もっと見る

「比喩」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる