「毒蝮三太夫」とは?

関連ニュース

おまえらも若い頃はラッパズボン穿いてたの? - 11月29日(日)10:13  news

参考 毒蝮三太夫「子ども番組だ」と役者仲間からバカにされるも…『ウルトラマン』で俳優人生が激変 https://news.yahoo.co.jp/articles/c417ade817a571db6be2aa771a70e4859dead228 ...
»続きを読む
カテゴリー:

女優・片岡礼子、ジャッキー・チェンを機にのめり込み…その後、“映画界のミューズ”に! - 11月24日(火)20:13 

1993年、映画『二十才の微熱』(橋口亮輔監督)で女優デビューし、映画『愛の新世界』(高橋伴明監督)での体当たりの演技で話題を集めた片岡礼子さん。映画『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督)、映画『鬼火』(望月六郎監督)など話題作に多数出演し、2001年には映画『ハッシュ!』(橋口亮輔監督)に主演。唯一無二の存在感で“映画界のミューズ”として注目を集めるが、2002年、脳出血を発症。一時は生命の危険に晒されるも、約2年間の療養生活を経て、映画『帰郷』(萩生田宏治監督)で女優復帰をはたし、現在2本の映画『とんかつDJアゲ太郎』(二宮健監督)と『タイトル、拒絶』(山田佳奈監督)が公開中の片岡礼子さんにインタビュー。◆後藤久美子さんと山本未來さんに嫉妬?愛媛県で生まれ育った片岡さんは、小さい頃から物を作ることが好きで、おとなしい子どもだったという。「映画が見られていたら幸せだし、本、漫画、何か作ることが好きでした。水泳は好きだったんですけど、球技がちょっと弱い。バスケ、バレー、野球、サッカーが得意な人に憧れていましたね。兄弟は球技が得意な人だったので、妹ながらにカッコいいなあって思っていました」-昔から映画が好きだったのですね-「はい。親と一緒にテレビで映画を見るということはOKだったんです。家ではテレビを見る時間が1日1本までという約束がありまして、見放題じゃないぶん、きょうの1...more
カテゴリー:

土井善晴「料理は女性が作る、もうそんな時代じゃない」“一汁一菜”という提案に込めた想い - 11月20日(金)19:53 

『おかずのクッキング』(テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK Eテレ)など多くの料理番組に出演し、『土井善晴のレシピ100』、『一汁一菜でよいという提案』、『土井善晴の素材のレシピ』など著書も多い料理研究家・土井善晴さん。「毎日の食事作りが大変」と悩む人のために、ご飯を中心として、汁(味噌汁)と菜(おかず)それぞれ1品を合わせた「一汁一菜」を提案。日常の食事を「一汁一菜」と決めてしまえば、食事のストレスはなくなり、もっと気持ちも楽になるはずと話す。※「一汁一菜でよいという提案」著者:土井善晴発行所:グラフィック社編集協力:おいしいもの研究所暮らしにおいて大切なことは、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムを作ること。その柱となるのが、一汁一菜という食事のスタイル。◆一汁一菜は手抜きではないごはんを炊いて、具だくさんのお味噌汁を作るというのは、料理の上手い下手もないし、男女の違いもなく、一人でもできる。食との向き合い方に悩む人にとって、わかりやすい入口になるのではないかと考えたのが「一汁一菜」だったという。「食べることは大切だとわかっているのに、子育てに追われて時間が取れないとか、仕事で疲れて料理する気になれないとか、一人分を作るのは面倒とかで、ついつい料理がおろそかになってしまいがちな人もいらっしゃるでしょう。お料理する人が大変だと思ったら、やっぱりいけない...more
カテゴリー:

土井善晴「何もできないじゃないかと」“あかんたれ”を直したくて海外へ留学 - 11月13日(金)19:22 

ロマンスグレーのダンディーなルックスと独特の軽妙で柔らかい関西イントネーションの語り口で人気の料理研究家・土井善晴さん。家庭料理研究の第一人者で「おふくろの味」を流行語にしたことでも知られる料理研究家・土井勝さんの次男として生まれ、スイス、フランスでフランス料理を学び、帰国後、「味吉兆」(大阪)で日本料理を修業。『おかずのクッキング』(テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK Eテレ)など料理番組に多数出演。『土井善晴のレシピ100』、『一汁一菜でよいという提案』、『土井善晴の素材のレシピ』など著書も多い土井善晴さんにインタビュー。◆幼い頃は外面のいい内弁慶の“ごんた”だった家庭料理の第一人者である料理研究家・土井勝さんと同じく料理家の信子さんの次男として生まれた土井善晴さん。小さい頃は家で学校の予習・復習などまったくせずに外で遊んでばかりだったという。「小さいときは“ごんた”でしたね。やんちゃとも言いますけど、ごんたのほうがふさわしい。やんちゃ言うたら、何か悪いことをするという感じやけど、ごんたは聞きわけがないとか、言うことを聞かない。ニュアンスとしてはそういうことなんかな。ごんたというのは一人の問題やけど、やんちゃというのはほかの人に攻撃的やから、それじゃないよね」-ご両親にはよく怒られたりしてました?-「よう怒られていたというよりも、人が『こうしなさい』言うたら素直にするのを...more
カテゴリー:

女優・片岡礼子、脳出血で倒れ“命の危機”を経験。彼女を救った夫の判断と、意識の変化 - 11月27日(金)19:18 

“映画界のミューズ”として名だたる監督たちが出演を熱望する片岡礼子さん。大学在学中に篠山紀信さん撮影の「週刊朝日」の表紙モデルをつとめたのがきっかけで、芸能事務所に身を預け、発声練習、日本舞踊、ダンスなどさまざまなレッスンを受けながら女優を目指すことになったという。◆映画『二十才の微熱』で女優デビュー大学3年生の夏休み、愛媛にある実家に帰省中だった片岡さんに映画のオーディションを受けないかという連絡が入る。それがデビュー作『二十才の微熱』(橋口亮輔監督)のオーディションだったという。「橋口さんが、『まったく演技経験がなくてもいいです。一緒にやっていきましょう、学んでやっていきましょう』という風にやってこられた監督さんなので、オーディションを受けることにしたんですけど、伊予弁が抜けなくて、直前まで社長さんに『やっぱりしゃべると訛ってるよ』って言われてました(笑)。こういうところからトレーニングなんだろうなぁと思って。それからは田舎に帰っても頑張って標準語を使うようにしたりして。無理なんですけどね(笑)。お祭りとかに行った瞬間からもう無理なんですけど、そういう意識はもつようになりました。でも、そのオーディションも一度落ちてしまうんですけど」-『二十才の微熱』ですか?-「はい。最初は実年齢より2、3歳若い高校生のあつみちゃんの役を受けさせていただいたんですけど、まったく経験がなく落ちてし...more
カテゴリー:

【私のおふくろメシ】毒蝮三太夫さん ごちそうだ.. - 11月22日(日)06:45 

【私のおふくろメシ】毒蝮三太夫さん ごちそうだったのは料理下手母の精進揚げ
カテゴリー:

土井善晴「仕事には命懸けのような瞬間があるもんです」日本料理の修業中に目にした光景 - 11月17日(火)20:05 

『おかずのクッキング』(テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK Eテレ)などでおなじみの料理家・土井善晴さん。大学卒業後、フランスで2年間修業し、フランス料理の変革期を体感して帰国。家庭料理研究の第一人者で「おふくろの味」を流行語にしたことでも知られる料理研究家である父の「土井勝料理学校」を手伝うことに。◆漬物の盛り付けがきっかけで日本料理の修業に「土井勝料理学校」では、フランスでの経験をいかし、フランス料理を教える講座などを担当していたという。「父の学校を手伝ってはいましたし、全体のテキストもありましたけど、肝心の父の家庭料理というのは、その間もあまり学んでないですね。それで、あるとき、自分は日本料理が何もわかっていないということに気づきました。父に『漬物を盛りなさい』って言われたんですけど、漬物を盛りつけるとなっても、何を手立てに考えればいいのかというものが何一つなかったんです。どの器を選ぶか、どう切るか、どのように器に入れるか…自分は日本料理は何もわからないことに気づきました。翌日には、日本料理屋で修業しようと思って行動しました。それで、大阪の『味吉兆』で修業することになるのです。『味吉兆』は、『吉兆』の創始者だった湯木(貞一)をして、味付け日本一と言われた中谷文雄が、『吉兆』の名前をもらった唯一のお店です。それで、私はご主人と若ご主人とともに、一緒に仕事ができたということ...more
カテゴリー:

毒蝮三太夫、一目惚れした女性に猛アタックして結婚。今も妻に送り続ける“愛の手紙” - 11月11日(水)11:13 

昭和、平成、令和の72年間に渡り、俳優、タレントとして活躍し、テレビ、ラジオ、映画に多数出演。高齢者を愛情込めて「ジジイ」「ババア」と呼ぶ毒舌トークでおなじみの毒蝮三太夫さん。聖徳大学の客員教授として介護や福祉の講義を受けもち、「サンデー毎日」ではコラム『マムシの小言』を連載中。著書も多く、幅広い分野で活躍中。※『たぬきババアとゴリおやじ 俺とおやじとおふくろの昭和物語』(10月8日発売)著者:毒蝮三太夫発行:株式会社 学研プラスお互いを「たぬきババア」「ゴリおやじ」と呼び、口は悪いが愛のある、天衣無縫(てんいむほう)で八方破れな両親のエピソードを軸にした、戦前戦後の激動の昭和史を生き抜いたユニークな一家のファミリーヒストリー。◆両親は“たぬきババア”と“ゴリおやじ”?毒蝮さんの母・ひささんは芝で生まれて神田で育った生粋(きっすい)の江戸っ子。父・正寅さんは4歳年下の大工さん。毒蝮さんは小さい頃、お互いを“たぬきババア”“ゴリおやじ”と呼ぶ両親と、ひささんの最初の夫との間に生まれた兄2人の家族5人で現在の東京都品川区にあった木造長屋に住んでいたという。「鍵はあるんだけどかけないから、ご近所さんが路地に面した勝手口から勝手に入って来るんだよ。鍵をかけると近所のババアから『鍵はかけるんじゃないよ。盗人(ぬすっと)に取る物があると思われちゃうからさ』って言われていたからね。今じゃ考えられ...more
カテゴリー:

「毒蝮三太夫」の画像

もっと見る

「毒蝮三太夫」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる