「毎月勤労」とは?

関連ニュース

【ゲンダイ】金融庁報告書だけじゃない 安倍政権が隠蔽した“6つの事実” - 06月15日(土)17:04  seijinewsplus

「報告書はもうない」――。 「老後資金2000万円必要」とした金融庁審議会ワーキンググループ(WG)の報告書をめぐり、自民党の森山国対委員長から飛び出した仰天発言。審議会の委員が長い時間と税金を費やしてまとめた報告書を、自分たちにとって都合が悪い内容だから「なかったことにしてしまえ」とは唖然ボー然だが、安倍政権にとって「事実の隠蔽」は日常茶飯事だ。 「残しているのが当たり前」「ないはずがない」  安倍政権では、政府・与党と野党の間で、公文書や報告書の有無について、常にこんなやりとりがなされてき...
»続きを読む
カテゴリー:

給与総額4カ月連続マイナス 4月の毎月勤労統計 - 06月07日(金)17:09 

 厚生労働省が7日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代などを合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は前年同月比0.1%減の27万7261円だった。マイナスは4カ月連続で物価の影響を加味した実質賃金も1.1%減となった。
カテゴリー:

【毎月勤労統計】4月の給与総額 27万7261円 4か月連続のマイナス [速報値] - 06月07日(金)09:00  newsplus

働く人の給与総額のことし4月の速報値は去年の同じ月を0.1%下回り、4か月連続のマイナスとなりました。 厚生労働省は全国のおよそ3万の事業所を対象に行った「毎月勤労統計調査」のことし4月の速報値を7日、公表しました。 それによりますと、基本給や残業代などを合わせた働く人1人当たりの給与総額は平均で27万7261円と去年の同じ月を0.1%下回り、ことし1月以降4か月連続のマイナスとなりました。 物価の変動分を反映した実質賃金も去年の同じ月を1.1%下回り、4か月連続のマイナスとなっています。 去年より低くな...
»続きを読む
カテゴリー:

実質賃金1.1%のマイナス、物価高響き4カ月連続=4月統計 - 06月07日(金)08:35 

厚生労働省が7日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、4月の実質賃金は1.1%のマイナスだった。前年同月を下回るのは4カ月連続で、同月の消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)が1.0%上昇と、高い伸びだったことが響いた。
カテゴリー:

「個人消費の様子がおかしい」スーパー経営者が指摘 - 06月06日(木)03:14  poverty

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190605-59185722-business-bus_all  10%への消費税率引き上げが10月に予定されているものの、マクロ経済統計を見ると、4月の消費動向調査で消費者態度指数が7カ月連続で低下。 3月の毎月勤労統計調査速報では実質賃金が前年同月比マイナス2.5%になり、2015年6月以来のマイナス幅を記録した。後者の悪化については、 調査対象企業入れ替えによる1月以降のテクニカルな落ち込みがかなり寄与している可能性が高いのだが、いずれにせよ、 足元の個人消費が軟弱な地合いになっていること...
»続きを読む
カテゴリー:

参議院、内閣に対する「警告決議」を採択 - 06月14日(金)17:39 

 200人以上が犠牲になった去年7月の西日本豪雨での政府の対応や、毎月勤労統計の不正調査が明らかになったことなどについて、参議院本会議で内閣に対する「警告決議」を全会一致で可決しました。  「よって全会一致をもって、委員長報告のとおり、内閣に対し警告することに決しました」(参議院本会議)  参議院では、200人以上が犠牲になった去年7月の西日本豪雨で、政府から自治体への情報伝達が不十分だったことや、厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題が発覚し、国の統計の信頼性が損なわれたことなど、7項目について内閣に対する「警告決議」を採択し、再発防止を求めました。  「いずれも政府として重く受けとめるべきものと考えており、ご決議の趣旨を十分に踏まえ、今後このような御指摘を受けることのないよう改善、指導して参ります」(安倍首相)  警告決議は法的拘束力はありませんが、政府は次の国会で対策を報告することにしています。一方、2017年度の決算は、与党などの賛成多数で認められました。(14日12:30)
カテゴリー:

【毎月勤労統計】4月の実質賃金1.1%のマイナス、物価高響き4カ月連続 ※前年同期比(名目賃金は0.1%マイナス) - 06月07日(金)09:08  newsplus

厚生労働省が7日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同期比1.1%減少した。4カ月連続で減少した。相対的に賃金の低いパートタイム労働者の比率が上昇したことなどが影響した。 名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は0.1%減の27万7261円だった。基本給にあたる所定内給与が0.1%増える一方、残業代などの所定外給与は1.1%減だった。ボーナスや通勤手当など特別に支払われた給与は3.2%減だった。 パートタイム労働者の時間あたり給与は1.9%増の1151円だった。パー...
»続きを読む
カテゴリー:

実質賃金 4カ月連続マイナス - 06月07日(金)08:45 

[東京7日ロイター]-厚生労働省が7日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、4月の実質賃金は1.1%のマイナスだった。前年同月を下回るのは4カ月連続で、同月...
カテゴリー:

本日のスケジュール - 最新株式ニュース - 06月07日(金)06:30 

[本日のスケジュール]<国内>08:30 家計支出(4月) 2.6% 2.1%08:30 毎月勤労統計(4月) -0.7% -1.9%12:50 黒田日銀総裁が講演14:00 景気動向指数(4月)  G20/GPIFフォーラム<海外>14:45 スイス・失業率(5月)  2.4%15:00 独・鉱工業生産指数(4月) -0.1% -0.9%15:00 独・貿易収支(4月)  226億ユーロ15:0
カテゴリー:

【毎月勤労統計】賃金統計上振れ、事前に認識 厚労省幹部ら 改善策検討せず - 06月06日(木)02:23  newsplus

賃金統計上振れ、事前に認識 厚労省幹部ら 改善策検討せず 6/5(水) 9:42配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00010002-nishinpc-soci  厚生労働省の毎月勤労統計で昨年の賃金伸び率が異常に上振れした問題で、複数の厚労省幹部が2017年中に「18年になれば伸び率が高めになる可能性が大きい」との認識を共有していたことが4日、西日本新聞の取材で分かった。統計の責任者だった酒光一章元政策統括官も、上振れの可能性が高いことを事前に把握していたという。厚労省は昨年、過大な伸び率を十分な説明もせずに公表し...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「毎月勤労」の画像

もっと見る

「毎月勤労」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる