「毎年実施」とは?

関連ニュース

大正大学表現学部の学生主催イベント『光とことばのフェスティバル2018 ~ひらめき~』開催 - 10月18日(木)11:00 

2018/10/18 学校法人 大正大学 3,000基の竹灯篭が灯す「光の道」『光とことばのフェスティバル2018 ~ひらめき~』開催大正大学表現学部の学生主催イベント―2018年10月27日(土)17:00~ 会場:大正大学― 大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区) では、2018年10月27日(土)に『光とことばのフェスティバル2018~ひらめき~』を開催します。このイベントは、本学の表現学部1年生が中心となり企画・運営をおこなうイベントとして、2010年から実施しています。9回目を数える2018年は、3,000基の竹灯篭を用いた「光の道」と長野県箕輪町から提供されたイルミネーションオブジェを舞台に、各分野最先端のアーティストと学生たちのコラボイベントをおこないます。■ 『光とことばのフェスティバル2018~ひらめき~』日 時 : 2018年10月27日(土) 17:00~20:00場 所 : 大正大学巣鴨キャンパス(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)申 込 : 不要 ※入退場自由・無料■ 2017年までの活動表現学部では2010年から学生の表現力と協働力を高めるため、1年生を中心とした『光とことばのフェスティバル』を毎年実施しています。当初は和紙と針金を用いた「ねぷた」を制作していましたが、3年前からは竹灯篭による空間演出などをおこなってきました。今回は3,000基の...more
カテゴリー:

“本気過ぎる”と話題の絶叫ハロウィンメニュー20品を提供!ホテル メルパルク名古屋「ハロウィンホラーブッフェ」開催 - 10月15日(月)14:00 

[ワタベウェディング株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/11086/336/resize/d11086-336-450820-0.jpg ] 「ハロウィンホラーブッフェ」は、2016年から毎年実施している企画で、メインからデザートまで、ハロウィンらしい不気味でおどろおど...
カテゴリー:

浦和レッズ、8年目の東北訪問…ミニゴールやボールをハートフルクラブが寄贈 - 10月09日(火)11:58 

東日本大震災が発生してから毎年実施  浦和レッズ ハートフルクラブが9月23日から28日にかけて、福島県相馬郡新地町、岩手県下閉伊郡山田町、上閉伊郡大槌町の小学校や保育園を訪問した。  2011年に東
カテゴリー:

【岡山】総社市下原は、なぜ西日本豪雨で「犠牲者ゼロ」にできたのか 総社市危機管理室長「市が教えられることの方が多い地区」 - 10月16日(火)19:34  newsplus

イラストレーション:溝川なつみ  窓の外がパッと明るくなった。  直後にドーンと大音響がする。ガラスが一斉に割れて飛び散り、砂ぼこりが入ってきた。 「土砂崩れだ」。浅沼恭代さん(46)はそう思った。が、家の外を見てもそれらしい土砂はない。 「何が起きたのか」。わけが分からないまま、「とにかく逃げなければ」と家族6人で車に飛び乗った。  岡山県総社(そうじゃ)市下原(しもばら)。7月6日午後11時35分頃のことだ。  浅沼さん一家は、取るものも取り敢えず逃げたのではない。実は避難の準備ができていた...
»続きを読む
カテゴリー:

「ビール」「発泡酒」「新ジャンル商品」の飲用動向と税金に関する調査 - 10月11日(木)15:00 

20181011 ビール酒造組合/発泡酒の税制を考える会 20歳~69歳男女ビール・発泡酒・新ジャンル商品飲用者1,000人に聞く「ビール」「発泡酒」「新ジャンル商品」の飲用動向と税金に関する調査 ビール酒造組合ならびに発泡酒の税制を考える会では、今年度の『ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査』を実施し(2002年より毎年実施)、調査報告書および報道関係の皆さまへの資料を作成いたしました。平成29年度の税制改正により、日本のビール・発泡酒・新ジャンル商品の酒税額は、2026年10月に1キロリットルあたり155,000円に一本化されることとなりました。これに伴い、ビールは、1キロリットルあたり65,000円の減税となる一方、発泡酒は20,750円の増税、新ジャンル商品は75,000円もの増税となります。これは、同じ発泡性酒類に分類される「その他の発泡性酒類」の100,000円とは大きな格差があります。■2026年にビール系飲料の税負担が、小売価格の36%程度※になると想定される ことに対しての意見は、「思っていたより高い」が過半数(56.7%)で、以下、「ビールは大衆酒なのに高い」(25.0%)、「他の商品やサービスと比べて高い」(20.3%)、「外国と比べて高い」(14.8%)、「他の酒類と比べて高い」(9.8%) など、“高い”という意見が上位を占めています...more
カテゴリー:

フラワーアレンジ個性豊かに  - 10月07日(日)06:40 

子どもたちの豊かな感性を育む「花の教室」が5日、みやき町の三根東小で開かれた。4年生23人と保護者らが専門家の指導を受けながら、数種類の花を使ったフラワーアレンジに挑戦した。 同教室は県花づくり協議会が講師を派遣して毎年実施しており、親子の触れ合いや感性の育成が目的。この日は、佐賀市で花店を営む竹下洋治さん(66)が講師を務めた。 竹下さんは「茎はきれいに切らないと花まで水が上らない」などと注意点を挙げた後、キク、バラ、ガーベラ、トルコキキョウなどアレンジに使う花について説明した。
カテゴリー:

「毎年実施」の画像

もっと見る

「毎年実施」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる