「残留物」とは?

関連ニュース

Sequoiaが支援するリサイクルロボットメーカーのAMP Roboticsが最大数を受注 - 11月17日(火)18:00 

リサイクルロボットシステムのメーカーAMP Robotics(アンプ・ロボティクス)は、北米の廃棄物処理を行う上場企業Waste Connections(ウェイスト・コネクションズ)から最大規模の発注を受けた。 今回受注した機械学習に対応したロボットリサイクルシステム24基は、いくつもの資源回収施設で、容器、繊維、残留物の処理工程で使用されると同社は話している。 AMPのテクノロジーは、原材料処理用に再生されたプラスティック、ダンボール、紙、缶、紙パックなど、さまざまな容器やパッケージの回収に役立つ。 同社の技術は、高密度ポリエチレンとテレフタル酸ポリエチレン、低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレンの違いを区別できる。またそのロボットは色、透明度、不透明度、さらに蓋、タブ、クラムシェルパック、カップといった形状による分類ができる。パッケージに記されたブランドの判別も可能だ。 現在、AMPのロボットは北米、アジア、ヨーロッパで展開され、最近になってスペインにも導入された。米国内ではカリフォルニア、コロラド、フロリダ、ミネソタ、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、バージニア、ウィスコンシンで使われている。 パンデミック前の2020年1月、AMP Roboticsは同社に投資を行なっている都市開発企業Sidewalk Labs(サイドウォーク・ラブズ)と協力して、トロントの250...more
カテゴリー:

食品安全性検査システムおよびサービスの市場:遺伝子組み換え食品、残留化学物質などに関する懸念が、各国の政策決定に多大な影響 - 11月04日(水)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「食品安全性検査システムおよびサービスの世界市場 (2019-2025年):技術 (PCR・イムノアッセイ・ICP・クロマトグラフィー)・検査対象物質 (病原体・残留物・アレルゲン)・検査対象食品別」 (BIS Research Inc. ) の販売を11月4日より開始いたしました。
カテゴリー:

食品安全性検査システムおよびサービスの市場:遺伝子組み換え食品、残留化学物質などに関する懸念が、各国の政策決定に多大な影響 - 11月04日(水)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「食品安全性検査システムおよびサービスの世界市場 (2019-2025年):技術 (PCR・イムノアッセイ・ICP・クロマトグラフィー)・検査対象物質 (病原体・残留物・アレルゲン)・検査対象食品別」 (BIS Research Inc. ) の販売を11月4日より開始いたしました。
カテゴリー:

「残留物」の画像

もっと見る

「残留物」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる