「欧米各国」とは?

関連ニュース

「人類は恐竜と同時代に生きていた?」の正答率は40% 簡単そうなのに全問正解できない「国際調査に使われた“科学クイズ”」 - 03月21日(木)19:25  liveplus

 「初期の人類は恐竜と同時代に生きていた?」「放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全?」―― 意外と難しい科学の基礎知識を問うWebページが公開されています。  問題は、文科省が2001年に行った「科学技術に関する意識調査」で使用されたもの。中高生でも解けそうな設問が多いものの、当時の正解率は54%しかなかったといいます。 全11問で、数分あれば解答できます。どれくらい科学知識が身に付いているか試してみては?( Webサイト「謎の水装置」より) <問題(YES/NOで解答)> 地球の中心部は非常に高温である...
»続きを読む
カテゴリー:

EU競争政策担当委員の提言「巨大ハイテク企業を分割してはいけない、データアクセスを規制せよ」 - 03月15日(金)08:15 

巨大ハイテク企業の分割は最後の手段であるべきだ。欧州連合(EU)競争政策担当委員Margrethe Vestager(マグレーテ・ベステアー)氏はそのように提言した。 「企業を分割して私有財産を分割すれば、その影響は広範囲に及ぶため、市場の消費者に大きな恩恵を与える確固たる言い分が必要です。王道のやり方では実現できないものでなければいけません」と、彼女は先週末、SXSWで行われた、RecodeのKara Swisher(カーラス・ウィッシャー)氏とのインタビューで警告を発した。「対象となるのは私有財産です。その企業は、彼らのイノベーションを基に築かれ、投資を受け、成功しているのです」 ベステアー氏は、2014年に欧州委員会で独占禁止法問題を担当するようになってから、数々の大規模な(しばしば高額の罰金を科すなど)介入を行ってきたことから、さらに今でもGoogleに対して際だった捜査を大々的に続けていることから、巨大ハイテク企業が恐れる存在として高評価を得てきた。 しかし、欧米各国の市場の(米国大統領候補と噂される著名な人物を含む)野党政治家たちが、テクノロジーに厳しいとされるこの欧州委員会議員と対立する形になった。彼女は、市場を歪めている巨大ハイテク企業をハンマーで叩き潰すのではなく、データの流れにメスを入れるべきだと主張しているのだ。 「企業を分割するという非常に大胆な提案は、私た...more
カテゴリー:

【国際】「在日差別」と似ている?世界各地で再び「反ユダヤ主義」が息を吹き返した理由 - 03月18日(月)22:37  newsplus

「言語化することがはばかられる『引き出しにしまった差別』を、誰かが堂々と言うようになり、それに多くの人が酔った――これが今、世界中で差別主義が広がっている理由のひとつでしょう」と語るモーリー氏 『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、世界中で差別主義が広がる理由について語る。 * * * フランス全土で「反ユダヤ主義」の広まりが相次いで露見し、国際的な問題になっています。SNS上には反ユダヤ主義的な言説が飛び交い、ユダヤ人墓地に...
»続きを読む
カテゴリー:

「欧米各国」の画像

もっと見る

「欧米各国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる