「欧米各国」とは?

関連ニュース

“カッコいいハゲ”になるために外せない5つの重要ポイント - 05月18日(土)05:28  liveplus

B・ウィリス(左)は面長、着用する服や小物で演出を(撮影:KOYA WORKS 久保佳正)  薄毛に対してよく言われることは「欧米人のハゲはカッコいいけど、日本人のハゲにカッコいい人は少ないよね」だ。  なぜ、欧米各国のハゲ薄毛男性は女性だけでなく男性から見てもカッコいいと認識されるのか?  数千人もの「ハゲ薄毛でカッコいい」と言われている男性を研究してきた松本圭司氏(カルヴォ代表)は、「頭の形が良い、顔の彫りが深いなど身体的特徴と、着用する服・小物の活用術がカッコ良さにつながっていると考えられます...
»続きを読む
カテゴリー:

溺れかけの韓国。世界中から無視される隣国の崩壊カウントダウン - 05月07日(火)05:00 

去る4月11日、WTOの上訴審は1審の判断を覆し、日本の主張を退けましたが、この勝利を喜んだ韓国に対し、国際社会の反応は冷ややかでした。メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、数々の国際舞台で交渉人を務めた島田久仁彦さんは、世界各国で積もり積もった不満と不信感により、「意図的な韓国無視」が広がっていると指摘。「溺れかけた韓国」が本当に溺れてしまったときの対応策の必要性を説いています。 溺れかけている韓国をめぐる情勢 日本から提訴されていたWTO憲章違反(日本からの海産物の輸入禁止措置への抗議)について、WTOの上訴審では日本の主張が退けられたこともあり、韓国国内では「日本に勝った!」と盛り上がっていましたが、この“盛り上がり”が逆に国際社会からの顰蹙を買い、韓国の首を絞める事態になっています。 安倍総理が欧米各国歴訪しましたが、その際に欧州委員会をはじめ、欧州各国そして、アメリカとカナダから、「WTOの審理結果への懸念」が共有され、6月28日と29日に大阪で開催されるG20サミットの議題として挙げることに対してサポートを得ました。 「科学的な根拠もなく、輸入禁止措置を取ることは適切ではない」というのが各国の反応で、トランプ大統領やTrudeauカナダ首相などは、WTOの裁定に対し、疑問を呈するまでに至りました。 アメリカについては、かねて...more
カテゴリー:

「欧米各国」の画像

もっと見る

「欧米各国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる