「次大戦中」とは?

関連ニュース

小説書いてるんだけど現代でこっそりイかれた研究してる組織ってどこが良いかな? - 05月21日(火)11:40  news4vip

DARPA? それとも第2次大戦中に創設された組織が独自に稼働してたとかのが良いかな ...
»続きを読む
カテゴリー:

「右派は一枚岩。差別される側は連帯すべき」専門家と考える“多様性” - 05月16日(木)10:03 

同性婚を認めない民法や戸籍法は「婚姻の自由を保障した憲法違反だ」として、全国13組の同性カップルが国を訴えた裁判で、4月、東京地裁での第1回口頭弁論があった。世論調査では、同性婚に賛成する人が過半数を占める。一方で強硬に反対するのが右派の人たちだ。広く社会やビジネスの場で「ダイバーシティ」(多様性)が唱えられるようになって久しいが、彼らが“伝統的な家族観”にこだわり、家族や婚姻について定めた憲法24条を変えてまで、戦前の家族に回帰しようとするのは一体なぜなのか。 そもそも、右派はなぜこんなに組織的で強いのか。どうして活発化したのか。家族観や憲法改正に対する思いを紐解いた前編に続いて、『右派はなぜ家族に介入したがるのか』(大月書店)などの共著がある、大阪国際大学非常勤講師で哲学者の能川元一さんに聞いた。ここで言う「右派」とは、 保守系宗教団体が結成した「日本を守る会」と保守系文化人や財界人の団体「日本を守る国民会議」が1997年に合流して成立させた「日本会議」に属する人々、および「日本会議」と同様の政治的思想をもつ人々を指す。前編》なぜ右派は婚姻の平等に反対するのか。専門家に聞いた。 1990年代の変化と、それに対するバックラッシュ  前編では、右派にとって「差別がないことイコール平等ではない」という考え方や、“異なる...more
カテゴリー:

戦没者遺骨収集、いまだ112万人帰らず - 05月19日(日)18:32 

 日本人戦没者の遺骨収集をめぐっては、第二次大戦中に海外などで亡くなった戦没者約240万人のうち、約112万人分の遺骨が現地に残されている。
カテゴリー:

ナバホ族の「コードトーカー」が死去、97歳 2次大戦に従軍 - 05月15日(水)15:09  poverty

ナバホ族の「コードトーカー」が死去、97歳 2次大戦に従軍 第2次世界大戦時、破ることができないとされた暗号を駆使する通信兵(コードトーカー)として従軍したナバホ族出身の元海兵隊フレミング・ビゲイ氏が死去したことが15日までにわかった。97歳だった。ナバホ・ネーションの大統領が明らかにした。 ビゲイ氏は1921年、アリゾナ州レッドバレーで生まれた。コードトーカーとして1943年から1945年に従軍し、タラワやテニアン島など太平洋方面で戦った。今月10日に死去したが死因は公表されていない。 ビ...
»続きを読む
カテゴリー:

「次大戦中」の画像

もっと見る

「次大戦中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる