「機能維持」とは?

関連ニュース

エミクススタト塩酸塩に関する論文が 「Drug Discovery Today」誌に掲載されました - 12月09日(月)11:00 

2019年12月9日 窪田製薬ホールディングス株式会社 エミクススタト塩酸塩に関する論文が 「Drug Discovery Today」誌に掲載されました  窪田製薬ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、当社の100%子会社アキュセラ・インク(本社:米国ワシントン州、以下「アキュセラ」)が開発している治療薬候補である「エミクススタト塩酸塩」(以下、「エミクススタト」)の網膜変性疾患に対する治療効果に関する論文が、創薬関連情報を掲載する学術雑誌「Drug Discovery Today」に掲載されたことをお知らせいたします。 記 掲載誌 : Drug Discovery Today 題名 : “Pharmacotherapy for Metabolic and Cellular Stress in Degenerative Retinal           Diseases” 「網膜変性疾患の主要原因である網膜の代謝要求や細胞ストレスを抑制する働きのある薬物療法について(訳)」 本文 : https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1359644619304556 本研究の内容と意義  本稿では、視覚サイクルを調節する働きがあるエミクススタトが網膜の代謝を軽減するとともに細胞ス...more
カテゴリー:

【WTO危機❗】紛争処理、機能不全の恐れ 上級委選任、米国が反対 - 12月03日(火)07:20  newsplus

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120200949&g=eco 紛争処理、機能不全の恐れ 上級委選任、米が反対―WTO 2019年12月03日07時07分  世界貿易機関(WTO)の貿易紛争処理が機能不全に陥る恐れが出てきた。WTOに不信感を強める米国が、今月10日に任期切れを迎える上級委員2人の後任の選任を拒否。審議に必要な3人を確保できず、新規案件を受け付けられなくなる可能性が高まっているためだ。加盟各国は、2人の任期を延ばすなど、当面の機能維持を模索するが、先行きは不透明だ。  紛争処理手続きは...
»続きを読む
カテゴリー:

2型DMの腎機能維持、ビタミンDとオメガ3脂肪酸の効果は?/JAMA - 11月29日(金)04:00 

 2型糖尿病患者において、ビタミンD3あるいはオメガ3脂肪酸の補給は、プラセボと比較し、5年時の推定糸球体濾過量(eGFR)のベースラインからの変化に有意差は認められないことが示された。米国・ワシントン大学の…
カテゴリー:

上級委の機能維持に努力 WTOめぐり経産相 - 12月03日(火)12:22 

梶山弘志経済産業相は3日の閣議後記者会見で、世界貿易機関(WTO)の紛争処理に関し、上級委員会委員の任期切れで機能不全が指摘されていることについて「上級委が機能…
カテゴリー:

エミクススタト論文、IOVS掲載のお知らせ - 12月02日(月)11:02 

2019年12月2日 窪田製薬ホールディングス株式会社 「エミクススタト塩酸塩」の前臨床データに関する論文が「Investigative Ophthalmology & Visual Science (IOVS)」誌に掲載されました  窪田製薬ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、当社の100%子会社アキュセラ・インク(本社:米国ワシントン州、以下「アキュセラ」)が開発している治療薬候補である「エミクススタト塩酸塩」(以下、「エミクススタト」)の非臨床データに関する論文が、米国の視覚と眼科学研究協会(ARVO)が発行する学術雑誌「Investigative Ophthalmology & Visual Science (IOVS)」に掲載されたことをお知らせいたします。 記 掲載誌 : Investigative Ophthalmology & Visual Science (IOVS) 題名 : “Emixustat reduces metabolic demand of dark activity in the retina” 「エミクススタトが低照度環境における網膜内の過剰なエネルギー消費を抑制する 薬理作用があることを立証(訳)」 本文 : https://iovs.arvojournals.org/arti...more
カテゴリー:

高齢者にとって心身の衰えは“失敗”なのか? 「介護予防」の予算倍増案に感じるモヤモヤ - 11月19日(火)16:48 

政府の来年度予算案で、介護予防や自立支援に成果を上げた自治体に対する交付金が現在の2倍の400億円程度へと引き上げられることになるようです。高齢者の身体機能、認知機能の維持に向けて自治体間で競わせ、介護費の膨張を抑える狙いがあるとのこと。しかし、これは解決になっているのでしょうか? 疑問を感じずにはいられません。どんなに機能維持のために高齢者が頑張ったとしても、いずれは介護が必要な状態になっていくものです。介護予防は充実した老後に向けて意義あることですが、それで介護ニーズが減らせるわけではないのです。結局のところ、皆さん要介護になっていきますから。 私は、沖縄県が設置する地域包括ケアシステム推進会議において、在宅医療介護連携の部会長を担当しています。その関係で、市町村担当者の方々とお話をする機会があるのですが、「いまだ医療側との隙間が大きいなぁ」という実感があります。老衰と死は“挫折”であって、元気でなければ生きられない・・・ そんなスティグマから抜け出せてない市町村が多すぎるように感じます。たとえば、市町村が掲げる高齢者福祉の目標を拝見していると、「高齢者が外出できる」とか、「生活の水準を維持することができる」とか、高齢者が衰えることを許さないプレッシャーのようなものを感じざるを得ません。そして、今回の政府予算案によって、さらに、その隙間を広げる...more
カテゴリー:

「機能維持」の画像

もっと見る

「機能維持」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる