「機密文書」とは?

関連ニュース

トランプ氏の機密文書持ち出し裁判 連邦地裁が起訴を棄却 - 07月18日(木)11:45 

フロリダ州の連邦裁判所は7月15日、ドナルド・トランプ前大統領が機密文書を不正に保有していたという訴えを取り下げる判決を下した。この裁定は、トランプ氏にとって重要な訴訟勝利と見なされている。
カテゴリー:

トランプ氏が副大統領候補に選んだJ・D・バンス氏とは?知っておくべき7つのこと - 07月16日(火)15:23 

共和党のトランプ氏から副大統領候補に選ばれたJ.D.バンス氏=2024年7月15日、アメリカ・ウィスコンシン州11月に行われるアメリカ大統領選挙に向け、共和党から正式に大統領候補に指名されたトランプ氏は7月15日、副大統領候補にJ・D・バンス氏を選出した。バンス氏とは、一体どんな人物なのだろうか?・39歳の上院議員バンス氏は、現在39歳(2024年7月16日現在)のオハイオ州選出の上院議員。議会で最も積極的なトランプ擁護者のひとりだ。「トランプ氏はタフでおもしろい。過激な発言をする時もあるが、実際の意思決定となると、今この国を代表する誰よりも慎重で用心深い」とバンス氏は6月、ブライトバートニュースに述べている。・回顧録がベストセラーオハイオ州の「ラストベルト(錆びついた工業地帯)」と呼ばれる地域出身のバンス氏。元海兵隊員でイエール大学のロースクールを卒業しているが、彼を最も有名にしたのは、母親の薬物依存や、貧しい幼少期から米海兵隊そしてイエール大学への道のりについてのエピソードなどが盛り込まれた回顧録「ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち)」だ。2016年に出版された同書はベストセラーとなり、バンス氏は一躍有名になった。トランプ氏と握手を交わすバンス氏=2024年7月15日アメリカ・ウィスコンシン州【関連記事】トランプ前大統領の選挙集会で銃声。犯人と観客1人...more
カテゴリー:

トランプ氏の機密文書裁判、判事が起訴を棄却 - 07月16日(火)07:15 

トランプ前米大統領が機密文書を持ち出したとして起訴された事件で、フロリダ州連邦地裁のキャノン判事は15日、訴えを棄却する衝撃の決定を下した。 決定について説明した93ページの文書の中で、キャノン氏は起訴を行ったジャック・スミス特別検察官の指名が憲法に違反すると述べた。トランプ氏の機密文書に対する扱いが実際に不適切だったのかどうかは明言しなかった。 トランプ氏が2020年に任命したキャノン氏によ...
カテゴリー:

トランプ氏に追い風 機密文書持ち出し、米連邦地裁が起訴棄却 - 07月16日(火)01:57 

 米南部フロリダ州の連邦地裁判事は15日、トランプ前大統領(78)が在任中に取得した機密文書を許可を得ずに持ち出したなどとしてスパイ防止法違反などの罪に問われた裁判で、起訴を棄却する判断を下した。捜査を指揮したジャック・スミス特別検察官の任命が違法だとする弁護側の申し立てを認めた。
カテゴリー:

トランプ氏の機密文書めぐる裁判 連邦地方裁判所が起訴を棄却 - 07月16日(火)00:36 

アメリカのトランプ前大統領が軍の情報など、最高機密を含む文書を不正にフロリダ州の自宅で保管していたとしてスパイ防止法違反の罪などに問われていた裁判で、アメリカのメディアは15日、フロリダ州の連邦地方裁判所が検察側の起訴を棄却したと伝えました。メディアは、検察側は不服を申し立てるとみられるとしていますが、トランプ氏側にとって大きな勝利だとも伝えています。
カテゴリー:

米特別検察官、トランプ氏機密文書巡る裁判で控訴 起訴棄却を不服 - 07月18日(木)10:16 

 米国のガーランド司法長官が任命したジャック・スミス特別検察官は17日、南部フロリダ州の連邦地裁判事がトランプ前大統領の機密文書取り扱いを巡る裁判で起訴を棄却したことを不服として控訴した。判事は捜査を指揮したスミス氏の任命が違法だとする弁護側の申し立てを認める判断を示していた。
カテゴリー:

トランプ氏、機密文書保持の起訴が棄却される。検察官の任命が違憲と連邦地裁が判断 - 07月16日(火)12:33 

ドナルド・トランプ前大統領【関連記事】トランプ前大統領、機密文書の保持で起訴される。自身のSNSで「無実だ!」と主張アメリカ・フロリダ州の連邦地裁は7月15日、トランプ前大統領が機密文書保持していた事件での起訴を棄却した。この事件で、トランプ氏は大統領時代の機密文書をフロリダ州の自宅で違法に保持し、FBIによる回収を妨害しようとした罪で起訴されていた。この起訴について、フロリダ連邦地裁のキャノン判事は、事件を捜査したジャック・スミス特別検察官の任命の仕方が違憲だとして、起訴を棄却した。【画像】トイレにも置かれていた。トランプ氏のフロリダ邸宅で見つかった機密文書棄却の理由スミス氏は、ガーランド連邦司法長官に特別検察官に任命され、トランプ氏の機密文書保持事件の捜査や起訴の指揮をとってきた。これに対し、キャノン判事は「憲法では、議会に特別検察官の任命権限が与えられている」と指摘。スミス特別検察官が、議会を通さずガーランド司法長官に任命されたことを違憲だと判断して、起訴を棄却した。一方、キャノン判事はトランプ氏の機密文書保持の違法性については明言しなかった。機密文書保持事件の判事を務めたアイリーン・キャノン判事(2020年7月29日撮影)この判決に対し、スミス特別検察官は棄却を不服として上訴する意向を示している。スミス特別検察官の広報担当を務めるピーター・カー氏は、「これまですべての裁判所...more
カテゴリー:

【速報】トランプ氏、勝訴 機密文書不正保管容疑 - 07月16日(火)06:25  news

米フロリダ州連邦地裁の判事は15日、トランプ前米大統領の機密文書不正保管に関する起訴を棄却した。 大統領選で返り咲きを目指す共和党のトランプ氏に新たな追い風となった。 米連邦地裁判事、トランプ氏の機密文書持ち出し事件の起訴棄却 https://jp.reuters.com/world/security/BHG73S6PJJJ7VHAT6UBKROD5OA-2024-07-15/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

機密文書巡り トランプ氏の起訴棄却 - 07月16日(火)00:43 

トランプ前米大統領が退任後、ホワイトハウスから機密文書を持ち出したとされる事件で、フロリダ州の連邦地裁は15日、起訴を棄却する決定をした。アイリーン・キャノン判事...
カテゴリー:

トランプ氏機密文書持ち出し事件、起訴を棄却 「特別検察官は違憲」 - 07月15日(月)23:56 

 トランプ前米大統領が退任後、ホワイトハウスから機密文書を持ち出したとされる事件で、フロリダ州の連邦地裁は15日、起訴を棄却する決定をした。アイリーン・キャノン判事は、捜査をした特別検察官の指名が違憲…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる