「機密文書」とは?

関連ニュース

ハッカーが流出したNATOの機密文書によると、ロシアとの戦争に既に参加している模様 - 09月25日(日)09:22  news

※ソースは貼れません。 https://sekai-kabuka.com/ 国際的なハッカー犯罪組織「ベレジーニ」がNATOの軍事施設から盗み出したデータによると NATOがロシア軍を殺害するためのターゲット情報をウクライナ側に流している事が明らかになった。 以下がその文書の一例である。 大部分は このようなGPS の座標 ロシア側のレーダーや電子戦の装備等の位置は既に完全解析され、ウクライナ軍へ送られているとの事 レーダーや通信機の種類まで解析されているため、容易に電子戦に勝つことが出来るとの事。 この行為は...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏、機密指定解除したと主張 判事は懐疑.. - 09月23日(金)22:29 

トランプ氏、機密指定解除したと主張 判事は懐疑的 #トランプ氏 #機密文書
カテゴリー:

トランプ氏、機密指定解除したと主張 判事は懐疑.. - 09月23日(金)20:29 

トランプ氏、機密指定解除したと主張 判事は懐疑的 #トランプ氏 #機密文書
カテゴリー:

トランプ、壊れる「大統領は頭の中で念ずればテレパシーで機密解除できる」 - 09月23日(金)16:06  poverty

【ワシントン共同】トランプ前米大統領(共和党)は22日までに、邸宅マールアラーゴに機密文書を持ち出していた問題について「大統領は頭の中で念じただけで機密解除できる」と主張した。 情報取り扱いの手続きを軽視した発言に「テレパシーで解除可能だと言い張っている」(米メディア)と波紋が広がり、共和党議員からも批判の声が上がった。  トランプ氏は21日の保守系FOXニュースの番組で、機密文書の指定解除について「米大統領であれば手続きなど必要ない」と主張。「機密解除した」と口頭で言ったり、頭の中で考えたりする...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏持ち出し文書の捜査再開へ 連邦高裁、FBIのアクセス許可 - 09月22日(木)13:22 

 米連邦控訴裁(高裁)は21日、連邦捜査局(FBI)が南部フロリダ州にあるトランプ前大統領の邸宅から押収した機密文書に関して、一時的に禁止されていたFBIによる文書へのアクセスを認める判断を下した。トランプ氏らに対するスパイ法違反(国防情報の保持)などの捜査が本格的に再開される見通しだ。
カテゴリー:

クレムリンから漏洩した機密文書によると、モスクワの3万2千人(男性の1%)が動員されるとの事 - 09月23日(金)23:30  news

漏洩した機密文章の内容。 第 1 波でモスクワに 32,000 人が徴兵されます。これは男性人口の約 1% 地区(公式では125の地区が存在、実際には+2の地区)あたり平均 260 人が動員されます。 詳細はソース https://sekai-kabuka.com/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】大統領はテレパシーで機密を解除? トランプ氏主張に波紋 - 09月23日(金)21:39  newsplus

※2022/9/23 18:53 トランプ前米大統領(共和党)は22日までに、邸宅マールアラーゴに機密文書を持ち出していた問題について「大統領は頭の中で念じただけで機密解除できる」と主張した。情報取り扱いの手続きを軽視した発言に「テレパシーで解除可能だと言い張っている」(米メディア)と波紋が広がり、共和党議員からも批判の声が上がった。 トランプ氏は21日の保守系FOXニュースの番組で、機密文書の指定解除について「米大統領であれば手続きなど必要ない」と主張。「機密解除した」と口頭で言ったり、頭の中で考えたりす...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏、機密指定解除したと主張 判事は懐疑.. - 09月23日(金)16:30 

トランプ氏、機密指定解除したと主張 判事は懐疑的 #トランプ氏 #機密文書
カテゴリー:

トランプ氏「テレパシーで」波紋 - 09月23日(金)15:23 

【ワシントン共同】トランプ前米大統領(共和党)は22日までに、邸宅マールアラーゴに機密文書を持ち出していた問題について「大統領は頭の中で念じただけで機密解除できる...
カテゴリー:

NY司法当局が、トランプ前大統領と3人の子どもを提訴。詐欺などの不正行為を指摘 - 09月22日(木)11:19 

(左から)ドナルド・トランプ前大統領、ドナルド・トランプ・ジュニア氏、イヴァンカ・トランプ氏、エリック・トランプ氏アメリカ・ニューヨーク州のレティシア・ジェームス司法長官は9月21日、ドナルド・トランプ前大統領と3人の子どもたち、ドナルド・トランプ・ジュニア氏、イヴァンカ・トランプ氏、エリック・トランプ氏を、不正行為で提訴した。訴訟では、トランプ氏と3人の子どもがニューヨーク州で役員を務めることの禁止や、不正に得た2億5000万ドル(約361億円)の返還、融資の制限などを求めている。ジェームス司法長官は記者会見で「ドナルド・トランプ氏は私腹を肥やすため、そして制度を悪用するために、資産価値を何十億ドルも不当に水増しし、それによって、我々全員を騙した」と述べた。記者会見するレティシア・ジェームス司法長官(2022年9月21日)23以上の不正行為を指摘 ニューヨーク州検察は何年も、トランプ氏の脱税疑惑を捜査してきた。ジェームス司法長官によると、捜査からトランプ氏らが資産価値を何十億ドルも水増しするなどして、銀行から有利な条件で融資を受けたり、保険条件を結んだりしたほか、税制優遇を受けてきたことが明らかになった。例えば、フロリダにあるリゾート施設でトランプ氏の別荘「Mar-A-Lago(マー・ア・ラゴ)」は、資産価値が7500万ドル(約108億3100万円)程度であるにも関わらず、7億3...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる