「横浜市鶴見区」とは?

関連ニュース

【悲報】自粛中のJK、侵入してきた無職にレイプされ死亡 - 05月30日(土)18:44  livejupiter

横浜市鶴見区で本日昼頃、女子高校生(17)が自宅で死亡しているのを、 買い物から帰ってきた母親(43)が発見した。 17時頃に鶴見区の住宅街で「血まみれの男が歩いている」と近隣住民から通報があり、 警察が駆けつけたところ、男が「人を殺した」等と発言したため、男の身柄を拘束した。 被害者の母親は「娘は以前ストーカー被害にあっていた」と証言しており、 警察では男との関連性も含め詳しい動機などを調べている。 https://news.1242.com/article/189344 ...
»続きを読む
カテゴリー:

公園の砂場に注射針38本が散乱  横浜市鶴見区 - 05月26日(火)11:53  poverty

公園の砂場に注射針? 計38本が散乱 発見の女児もけがなし 横浜 毎日新聞2020年5月26日 08時28分(最終更新 5月26日 08時28分)  24日午後4時半ごろ、横浜市鶴見区市場下町7の市場下町公園で、砂場に注射針のようなものが落ちているのを、遊んでいた女児(3)が見つけた。 神奈川県警鶴見署への取材で判明した。けが人はいない。針は計38本あり、同署は悪質ないたずらとみて注意を呼びかけている。  同署によると、針の長さは約3ミリで、糖尿病患者の血糖値を測る際に使用される注射針の先端部分とみられる。 砂場の中の直...
»続きを読む
カテゴリー:

公園の砂場に注射針? 計38本が散乱 発見の女児もけがなし 横浜 - 05月26日(火)08:28 

 24日午後4時半ごろ、横浜市鶴見区市場下町7の市場下町公園で、砂場に注射針のようなものが落ちているのを、遊んでいた女児(3)が見つけた。神奈川県警鶴見署への取材で判明した。けが人はいない。針は計38本あり、同署は悪質ないたずらとみて注意を呼びかけている。
カテゴリー:

【国内難民】 寮追い出され、所持金わずか 追い詰められる非正規労働者 支援求める人急増 - 05月23日(土)16:03  newsplus

 新型コロナウイルスの影響で経済が厳しさを増す中、仕事を失った非正規労働者らが住まいを追い出される事例が相次いでいる。  所持金も少なく、民間団体が東京都内で開催する食料配布には、感染拡大以降訪れる人が急増。支援者は「新たに困窮する人が出ている」と懸念を深めている。  横浜市鶴見区で派遣労働者として働いていた男性(46)は4月上旬、月末までの契約が更新されず、会社の寮からの退去を迫られた。当初は「他に移ればよい」と楽観していたが、求人に応募しても対面での面接が受けられず、県外で探そうにも「感染拡...
»続きを読む
カテゴリー:

【地域】怖くて危険は過去のこと!?「鶴見」の変貌ぶりがスゴかった… - 05月14日(木)05:12  newsplus

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。 さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。 総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京浜東北線「鶴見」駅。 怖くて危険は過去のこと!?「鶴見」の変貌ぶりがスゴかった… 京浜東北線 怖くて、危険…マイナスイメージが強い街 「鶴見」駅は、横浜市鶴見区にある、JR京浜東北線の駅です。ほかに京...
»続きを読む
カテゴリー:

砂場に医療用の注射針38本散乱 - 05月26日(火)12:28 

横浜市鶴見区市場下町の公園内の砂場に、医療用の注射針38本が散乱していたことが26日、鶴見署への取材で分かった。けが人はいない。署は悪質ないたずらの可能性もあるとみ...
カテゴリー:

【神奈川】公園の砂場に糖尿病患者用の注射針? 計38本が散乱 発見の女児もけがなし 横浜 - 05月26日(火)09:00  newsplus

24日午後4時半ごろ、横浜市鶴見区市場下町7の市場下町公園で、砂場に注射針のようなものが落ちているのを、遊んでいた女児(3)が見つけた。神奈川県警鶴見署への取材で判明した。けが人はいない。針は計38本あり、同署は悪質ないたずらとみて注意を呼びかけている。 同署によると、針の長さは約3ミリで、糖尿病患者の血糖値を測る際に使用される注射針の先端部分とみられる。砂場の中の直径約50センチの範囲に散乱しており、その上に浅く砂がかけられていたという。 市内では4日にも金沢区の公園の砂場で、カッターナイフの替え刃20...
»続きを読む
カテゴリー:

【 緊急事態宣言恐慌】寮追い出され、所持金わずか 追い詰められる非正規労働者 支援求める人急増 - 05月24日(日)08:37  newsplus

新型コロナウイルスの影響で経済が厳しさを増す中、仕事を失った非正規労働者らが住まいを追い出される事例が相次いでいる 所持金も少なく、民間団体が東京都内で開催する食料配布には、感染拡大以降訪れる人が急増。支援者は「新たに困窮する人が出ている」と懸念を深めている。  横浜市鶴見区で派遣労働者として働いていた男性(46)は4月上旬、月末までの契約が更新されず、会社の寮からの退去を迫られた。当初は「他に移ればよい」と楽観していたが、求人に応募しても対面での面接が受けられず、県外で探そうにも「感染拡大防...
»続きを読む
カテゴリー:

表現活動が減少した、全国のアーティスト24組28名の出演者によるオンラインライブを開催します。投げ銭システムでアーティスト支援の輪が広がります。 - 05月20日(水)10:00 

オンラインアーティスト支援グループ(メンバー1192名) 任意団体を手掛ける、オンラインアーティスト支援(所在地:東京都台東区、代表:門脇幸)は、オンラインアーティスト支援 オンラインステージを、2020年5月24日(日)14:00~21:00に開催いたします。【イベントの内容】オンラインアーティスト支援はコロナで仕事が減少した様々なジャンルのアーティストを支援すべく立ち上がった、フェイスブック内でのグループです。アーティスト自らがオンラインで行う1,レッスン、2,ステージ、3,グッズ販売を、グループ上でシェアし、アーティストと支援者(一般の方)を繋いでいます。そのグループで初のオンラインステージを開催。見所は各地にいるグループで知り合った一度も会ったことがないアーティスト達が、オンライン上でライブを行います。アーティストと一般の支援者が共に現状の乗り切るために初のチャレンジです。後半は投げ銭システムを利用し、応援したいアーティストへ直接支援ができます。観客はYouTubeにて視聴し、コメントも可能です。出演は24組、28名です。2020年4月20日 オンラインアーティスト支援グループスタート4月30日 第1回目 グループ内で初のオンライン飲み会 会ったこともない33名のアーティストと支援者が集って、コロナ後の生のステージ企画について話を始める (32名)5月3日 第2回目(22名...more
カテゴリー:

「横浜市鶴見区」の画像

もっと見る

「横浜市鶴見区」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる