「標準賞与額」とは?

関連ニュース

『働いたら年金停止します』なぜそんな制度があるのか? - 12月11日(水)18:47 

もはや待ったなしの状態にある年金改革。様々な見直しが検討がされる中、「会社に勤めながら年金を受け取っている在職者の年金が停止される制度」があることをご存知ですか?これは「在職老齢年金制度」というもので、その基準額が今回見直されることになりました。働く60歳から65歳未満までの年金減額対象者を減らそうという改革。具体的にどのような見直し案なのでしょうか?無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者hirokiさんが、現在の制度についての詳細から、今回の緩和のポイントまで詳しく解説しています。 基準額28万円を47万円に緩和 ここ最近厚生労働省の検討の中で、在職老齢年金の停止基準緩和の方向が示されました。 ● 在職老齢年金の見直し(厚生労働省) 特に注目なのは60歳から65歳になるまでの在職者の年金受給者の人ですね。65歳前の人と65歳以降の人では年金の停止基準額が今現在は異なります。今現在は、年金月額(老齢厚生年金の報酬比例部分の事)と、月給与(標準報酬月額)+過去1年以内に貰った賞与(標準賞与額)の総額を12で割った額の合計が停止基準額28万円を超えると超えた分が年金停止という制度になっています。この停止基準額を47万円にしようって話。 65歳前の人は停止基準は現在は28万円なんですが、例えば年金月額が10万円+月給与が30万円+直近一年に貰った賞与が60...more
カテゴリー:

「標準賞与額」の画像

もっと見る

「標準賞与額」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる