「標準報酬月額」とは?

関連ニュース

厚生年金保険料の計算に使う「標準報酬月額」って何? - 07月07日(日)18:30 

厚生年金では、納める保険料の額を決定したり年金受給額を決定したりする時に、計算の元になるものを給料などの報酬そのものの金額ではなく、区切りのよい幅で区分した「標準報酬」というものを使用します。まずは、…
カテゴリー:

事実婚は?保険料滞納中は? 遺族年金を貰える人、貰えない人 - 07月02日(火)19:06 

配偶者が死亡した際に残された家族に支払われる遺族年金ですが、その配偶者同士が「事実婚」だった場合は、どのような取り決めがあるのでしょうか。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、遺族年金の受給を受けるための要件や消滅してしまうケース等について詳しく解説しています。 遺族年金は正式に婚姻しておかないと貰えないわけじゃない 主に配偶者が死亡した時に遺族に支払われるのが遺族年金です。国民年金からの給付である遺族基礎年金は、「子のある配偶者」、または「子」にしか貰う権利は発生しない。つまり、高校卒業するまでの子を持つ親や、高校卒業するまでの子への保障という意味を持つ。 子のある配偶者、または、子に支給されるがこの場合は配偶者が優先する。配偶者に支給されてる間は、子への遺族基礎年金は停止する。 また、遺族厚生年金は貰う事ができる順番は決まっていて、死亡者の配偶者、子(18歳年度末未満の子)、父母、孫(18歳年度末未満)、祖父母の順で最優先順位者と範囲が広い。なお、夫、父母、祖父母が年金貰う場合は死亡時点で55歳以上で実際の支給は60歳からという制限はある。 遺族の順位はそのように決まっていますが、本人死亡時にその遺族が「本人に生計を維持」されていなければならない。生計維持されるというと、死亡者の扶養に入ってて資金の面倒を見てもらって...more
カテゴリー:

「標準報酬月額」の画像

もっと見る

「標準報酬月額」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる