「標準化」とは?

関連ニュース

フィンランドで「赦し」を意味する絵文字を追加しようという運動が始まった模様 - 07月08日(水)03:01  livejupiter

Unicodeの標準化機関に申し入れも済ませた模様 なんJでも見られる日が来るとええな 赦しの絵文字検索が激しさを増す – 元大統領が勝利のデザインを選ぶ https://www.peacemakersnetwork.org/an-emoji-for-forgiving-campaign-launched-in-finland-is-crowdsourcing-ideas/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「新市場創造型標準化制度」を活用した標準化案件を決定しました - 07月07日(火)14:00 

経済産業省は、日本産業標準調査会(産業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会)の審議結果を受け、事業者から提案のあった以下のテーマについて、「新市場創造型標準化制度」を活用して標準化を行うことを決定しました。今後の標準化活動により、新たな市場の創出につながることが期待されます。
カテゴリー:

屏東県が農家を変革、同県産バナナの日本向け輸出は年間2,000トンへ - 07月07日(火)00:00 

台湾南部の屏東県はバナナの生産量で台湾一だが、日本向け輸出は過去20年、他の国々と争う中で数量と金額の両方で年々減少してきた。屏東県におけるバナナの作付面積は4,000ヘクタール以上で、その香りと食感は日本からも上等品として認められている。しかし、価格面で勝るフィリピン産やエクアドル産、その他東南アジア産のバナナが日本に輸出されるようになると、台湾のバナナの輸出量は徐々に他国産のものに取って代わられるようになっていった。   こうした中、経済部(日本の経産省に相当)工業局の補助金を得た農金資訊股份有限公司と藝隆農産聯合は専門チームを立ち上げた。このチームでは国立清華大学(台湾北部・新竹市)電気工学及びコンピュータサイエンス学部によるAIoT(人工知能とモノのインターネットを結びつけた技術)とブロックチェーンを用いた信頼性を示すトレーサビリティ技術、金緻網路公司によるデジタルツイン技術、台湾バナナ研究所に支えられた栽培技術、ならびに国立屏東科技大学(屏東県)が分野を超えて協力し、屏東県産バナナの日本向けセールスを強化。AI技術を導入して農家を変革、バナナの生産を標準化したことで、輸出競争力につながるGGAP(グローバルギャップ)認証を取得した。   屏東県では2017年に台湾屏東農業国際運銷股份有限公司を設立、全世界に向けた農産物の輸出のため農家に協力している。ま...more
カテゴリー:

オーラン・アライアンスが新仕様、「Bronze」オープンソース・ソフトウエア、O-RANソリューションの新しい仮想展示会を提供 - 07月06日(月)04:41 

独ボン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オーラン・アライアンスは、無線アクセス・ネットワーク(RAN)を真にオープンかつインテリジェントで仮想化された完全相互運用可能なものにするために、前進を続けています。 オーラン・アライアンスは、テラス・コミュニケーションズとUSセルラーを新たな通信事業者の会員として迎え、主要キャリアは合計26社になりました。オーランでは現在、200社以上がO-RAN技術の定義と実現を推進しています。 仕様とホワイトペーパーを最近発表 2020年2月に公表したホワイトペーパー「O-RANの使用事例と導入シナリオ」は、最初の一連のO-RAN使用事例とクラウドネイティブな導入のサポート・オプションを紹介しています。 O-RANの使用事例は、O-RANアーキテクチャーを推進し、O-RAN独自の恩恵を実証していますが、これにはマルチベンダー・ネットワークにおけるオープンかつ標準化されたインターフェースによりAI/MLモジュールを活用してネットワーク・インテリジェンスを強化することなどが挙げられます。またホワイトペーパーでは、O-Cloudク
カテゴリー:

倉庫管理システムの出荷金額調査 2019年度最新版が発表! シーネットが、第1位。9年連続 WMSパッケージシェアNo.1の記録を更新。 - 07月03日(金)11:30 

倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野靖)は、6月30日付発刊の株式会社ミック経済研究所による『リモート対応&リソース拡充で差別化はかる 基幹業務パッケージソフトの市場展望 2020年度版』において、2019年度WMSパッケージ出荷金額第一位であることが発表されました。これによりシーネットは、同調査において2011年度から9年連続WMSパッケージシェアNo. 1の記録を更新いたしました。シーネットではこれまで、メーカー・3PL業・小売業・通販業などの物流企業を対象に、在庫の適正管理と倉庫管理の効率化を実現するクラウド型WMSをご提供。物流業務の改善・コスト削減といった課題を解決してまいりました。また、早期より音声・画像・AI・IoTなどと連携した高度な業務効率化を推奨してまいりましたが、withコロナ・afterコロナ時代にさらに需要が高まるクラウドシフトや業務改善の課題に向き合い、これらの技術を活用してスピーディーに最適解をご提案し、進化した顧客エンゲージメントを追求してまいります。■シーネットのWMS『ci.Himalayas』について商品詳細ページ :https://www.cross-docking.com/service/wms-standard/シーネットが手掛ける『ci.Himalayas...more
カテゴリー:

シーネット、2019年度当社システム稼働実績数の調査を発表。 WMSをはじめとする物流システムが、全国698物流センターで稼働 - 07月07日(火)15:30 

倉庫管理システムの開発提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、2019年度の期中システム稼動実績センター数調査を2020年6月に行い、結果を発表いたしました。2019年度は698センターでの稼動となり、前年度を大きく上回る結果となりました。業種ではサービス/流通・消費財/運輸・倉庫がそれぞれ伸び、規模では中堅企業が大きく伸びました。2020年度は、新型コロナウイルス感染抑止のためのリモート運用が求められる事業環境のなか、より多くの業界・業種・業態の企業にもクラウド型倉庫管理システムの需要喚起が想定されます。シーネットでは、汎用性の高い物流システムサービスインテグレーションを提供し、中・小規模企業向けの効率的パッケージ提供にも注力していく計画です。【2019年度 シーネット システム稼動実績センター数】※第29期顧客分析:2019年4月~2020年3月期中https://www.cross-docking.com/news/20200706/【稼働センター数 増加の背景】シーネットが手掛ける倉庫管理システム『ci.Himalayas』は、入庫、出庫、在庫、棚卸、請求など、倉庫管理に必用な機能が約170標準搭載されたクラウド型の倉庫管理システムです。複数拠点のデータを本社で一元管理、リアルタイムで正確なデータを把握し、適切な現場指...more
カテゴリー:

5Gバージョン更新の初標準が完成 マイクロ秒の同期をサポート - 07月07日(火)10:34 

5Gの国際標準化組織の3GPPは北京時間の3日夜、5G標準規格の最新版リリース16(R16)を凍結すると発表した。これは5G初のバージョン更新の標準が完成したことを意味する。 ...
カテゴリー:

【時事通信】自治体のシステム標準化が必要 自民・小林青年局長 デジタル変革 - 07月06日(月)09:41  newsplus

7/6(月) 9:37配信 時事通信 インタビューに答える小林史明衆院議員=6月19日午後、東京・永田町  新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が出されたが、押印のために出社する事態が起きた。  それを背景に、党行政改革推進本部規制改革チーム座長として押印、ファクス、対面でのやりとりを見直すよう提言した。  デジタル規制改革で最も重要な考え方は、(1)手続きの際に請求する情報が適切か(2)適切だとすれば(手段は)紙でなければならないのか(3)紙が必要としても押印が必要なのか―と3段階で見直すことだ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

IEEE主催のサーモ画像コンペで渋谷の企業が世界2位に - 07月03日(金)13:23 

国際技術標準化機関であるIEEEが、サーモグラフィーコンペなるものを開催していたそうだ。正式名称は「Thermal Image Super-Resolution Challenge」といい、コンペの内容は、解像度の低いサーモグラフィー画像から、機械学習で高解像度の画像を生成する方法を競い合うというもの(TechCrunch)。 コンペの結果は6月14日に発表されたそうだが、渋谷に拠点を置くAI系企業クーガーのSabari Nathan氏とPriya Kansal氏によるモデルが2位に入賞したとのこと。同社は人型AIの開発をしており、視覚を担う画像情報の分析・解析のための研究開発をしていたそうだ。 IEEEは画期的で新規性のある画像解析の機械学習ソリューションを求めていたとされる。サーモグラフィー画像は、可視光を扱う写真と違い熱だけを扱うため、照明その他の環境条件の影響を受けない。このため、医療や軍事、自律走行車の物体検出などの分野に応用しやすいとしている。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 人工知能 | サイエンス | 関連ストーリー: 99.5%以上の光を吸い込む「暗黒」素材 2019年05月21日 インド初、象の病院がオープン 2018年11月29日...more
カテゴリー:

世界中の水をきれいに フジクリーンの下水処理技術を世界のスタンダードへ - 07月03日(金)11:00 

 フジクリーン工業株式会社(本社:名古屋市千種区、代表取締役社長:木村秀昭)はこの度、経済産業省の2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」に認定されました。                            経済産業省の2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」は、デジタル経済の進展や世界の政治経済情勢の変動、少子高齢化のような社会構造変化など、日本企業を取り巻く事業環境が変化している状況を踏まえ、このような新たな厳しい経済環境の中においてもニッチ分野で勝ち抜いている企業や、サプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する企業を選定するものです。  前回(2013年度)に続き、2回目となる今回の選定審査では、世界シェアと利益の両立、技術の独自性と自立性、サプライチェーン上の重要性に着目し、「収益性」「競争優位性」「戦略性」「国際性」を重視し、2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」として113社が選定されました。 詳細は、経済産業省ウェブサイト 2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」よりご参照ください。 https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200630002/20200630002.html    弊社は今回初めて認定されました。認定の理由は、弊社の高度処理浄化槽技術の独自性...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「標準化」の画像

もっと見る

「標準化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる