「標準化」とは?

関連ニュース

ひろがる「標準化」、日本はルールメークで世界に.. - 10月18日(金)23:01 

ひろがる「標準化」、日本はルールメークで世界にどう挑む #newswitch
カテゴリー:

5G時代のXRビジネス、医療・災害などに期待の声! 360度動画、VRショッピングに可能性! 会社員・公務員、2300人意識調査、AQU先端テクノロジー調査 - 10月17日(木)11:00 

5G時代のXRビジネス、医療・災害などに期待の声!360度動画、VRショッピングに可能性!会社員・公務員、2300人意識調査、AQU先端テクノロジー調査https://www.aqu.com/aqu-news/2019-10-17.pdf    ニュースリリースhttps://www.aqu.com/ IoT時代の重要な基盤となる5G(第5世代移動通信システム)は、「超高速大容量」、「多数同時接続」、「超低遅延」といった特徴により、新たなコミュニケーションの可能性とともに、大きなビジネスチャンスが期待されています。AQU先端テクノロジー総研(代表、子安 克昌)が7月3日に実施した、5G時代におけるXRビジネスに関するアンケート(会社員など2,300人)の意識調査をさらに推し進めたところ、医療、災害などに期待の声が多くあった点、また360度動画、VRショッピングなどに可能性があることが再確認でき、その詳細を2019年10月17日に発表いたします。5Gは「大いに関心ある」18.5%、「関心ある」23.9%で、40%強の人が関心あることが分かりました。また、360度動画に関心のある32.3%のうち、57.3%の人がVRショッピングに関心があることが分かりました。ネットショッピングでは、将来的にVRショッピングの可能性があるといえます。いっぽう、未来型VR、AR、MR等の製品サービス、また...more
カテゴリー:

10月、11月の政策特集は「ひろがる標準化の世界」です! - 10月16日(水)10:00 

経済産業省の広報サイト『METI Journal』では、『政策特集』、『統計解説』などを、毎営業日、お届けしています。10月、11月の政策特集は「ひろがる標準化の世界」です。
カテゴリー:

開業医に経済的なメリットなし、だけど… - 10月12日(土)09:00 

日本初の地域フォーミュラリは、地域医療連携推進法人の柱の1つとして山形県北庄内地域でスタート。現状では、開業医に導入のメリットはないが、今後、地域全体における薬物療法の標準化に必須となる可能性を秘める。
カテゴリー:

株式会社KRIが案件進捗の見える化と機密保持体制の確立を両立、クラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例を公開 - 10月11日(金)13:00 

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、株式会社KRI(京都市下京区 代表取締役社長 田畑 健、以下KRI)にお伺いした、オロのクラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例インタビューを本日公開いたします。世界でも数少ない民間の受託研究会社である同社は、クライアントから求められる厳格な機密保持を維持しながら、ZAC Enterpriseによる経営データの見える化を実現しています。<インタビュートピックス>・案件進捗をタイムリーに把握したかった理由とは?・厳格な機密保持と経営データの一元管理をどのように実現したのか?■ 案件のタイムリーな営業状況を見える化し、経営の安定に貢献KRIではビジネスの特性上、営業進捗の管理こそが年度の売上・利益を予測するカギであり、経営の安定につながる要因でした。しかし以前は表計算ソフトでの案件管理だったため、月1回の状況把握が精一杯でした。ZAC Enterpriseの導入により、案件管理の標準化・一元化が実現。担当者がシステム上で受注確率を随時更新し、マネージャーがタイムリーな案件進捗はもちろん、月別・受注確率別の売上・利益予測をいつでも簡単に把握できる体制へと変わりました。■ 個別の案件レベルで社員に開示する情報を制御できるのはZAC Enterpriseだけ「研究開発の受託」を行う同社では、厳格な機密保持がで...more
カテゴリー:

【IT】日本はこのままだとデジタル植民地に、迫り来る危機の「正体」 - 10月18日(金)18:57  bizplus

国際標準化を舞台にした競争は、今後あらゆる産業で起きる。AI(人工知能)に欠かせないデータの仕様を巡る標準化がその1つ。日本企業はどう戦うべきか。野心的な取り組みが始まっている。  「データを中心にした標準仕様の策定は産業構造も規定することになる」。立教大学大学院の深見准教授はそう語る。今後あらゆる産業において製品やサービスの開発に人工知能(AI)が欠かせなくなるが、AIを開発する上でデータの仕様が大きな意味を持つようになるからだ。  現在のAIの主流である機械学習は、コンピューターがビッグデータを学...
»続きを読む
カテゴリー:

サステナブル・ファイナンスに「早急かつ抜本的な政策を」IMFが最新レポートで提言 - 10月16日(水)11:47 

国際通貨基金(IMF)は10月10日、「国際金融安定性報告書(GLOBAL FINANCIAL STABILITY REPORTS)」を公表した。持続可能な金融(サステナブル・ファイナンス)と金融安定性との関連性を取り上げ、今後の政策のあり方を提言している。同報告書は冒頭、持続可能な金融について「経営上の意思決定や投資戦略にESG(環境、社会、ガバナンス)原則を組み込むこと」と定義。気候変動や汚染から労働慣行、消費者のプライバシー、企業の競争的行為まで、多くの論点が含まれる、とする。 証券投資では、「ESG原則は証券投資戦略に組み込まれており、ESG関連ファンドが管理している資産は3兆ドルから31兆ドルに達している」と見積もった。ESG原則の適用は「企業行動に影響を及ぼすことを試みる投資家のアクティビズムを反映して、株式市場で始まった後、債券市場に拡大し、環境プロジェクトの資金調達に使われる債券、いわゆるグリーンボンドがその中心」とグリーンボンドの台頭に注目している。 一方で、リスクと問題点を挙げる。まず「企業は持続可能性について、定期的に、一貫したかたちで報告していない。そのため投資家は資産運用にESG原則を織り込むことが難しくなっている。ESGスコアの第三者提供機関が、標準化された評価の提供を目指しているが、情報不足のために正確な評価にたどりつくことが難しい」点だ。「排出削減や...more
カテゴリー:

【仮想通貨】ブロックチェーンによる革命が起こるまでにあと10年かかる理由 - 10月15日(火)14:28  bizplus

ブロックチェーンを活用できる業界は、金融から芸術まで、数え切れないほどあると言われている。しかし実際には、この技術が期待されているような成果を挙げ始めるまでには、まだ10年はかかるという。  ブロックチェーンは現在、調査会社Gartnerの表現で言う「幻滅のくぼ地」の時期に入っている。これは、新しい技術の導入が期待通りに行かず、その技術に対する関心が薄れる時期のことだ。Gartnerは、ブロックチェーンがこの幻滅期から立ち直り始めるのは2021年であり、企業の経営に影響を及ぼし始めるまでには5~10年かかると予想し...
»続きを読む
カテゴリー:

国際会議「ラボオンチップ・マイクロフルイディクス学会欧州大会 2020年」(Select Biosciences, Ltd.主催)の参加お申込み受付開始 - 10月11日(金)17:00 

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年6月23-24日 オランダ、ロッテルダムにて開催されますSelect Biosciences, Ltd.主催 国際会議 「Lab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2020-ラボオンチップ・マイクロフルイディクス学会欧州大会 2020年」の代理店として参加のお申込み受付を10月11日より開始致しました。今度で12年目を迎えるSELECTBIO主催のLab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2020には、ラボオンチップ (LOAC) とマイクロフルイディクス分野の技術や新機軸の開発に力を注いでいる研究者や製薬業界関係者が多数集まります。今度の学会では、ラボオンチップとマイクロフルイディクス分野の最新動向に関する講演などが予定されており、生命科学分野の研究、各種の診断法をポイントオブケア/ポイントオブニードで活用するための取り組み、ボディオンチップ/生体機能チップなど、LOACのさまざまな応用技術が紹介されるほか、LOACデバイスの製造技術、製造のための新たな設計や技術、研究から診断までのLOACの重要な応用分野などのトピックにもスポットライトが当てられます。この学会には、例年欧州や米国、アジア...more
カテゴリー:

第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会の10月開催を前に常連出展企業が証言 - 10月10日(木)21:31 

中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会(2019年義烏博覧会)が、2019年10月21~25日に中国最大の小商品卸売市場である義烏市で開催されます。3600のブースを設置する2019年義烏博覧会では、9つの主要カテゴリーで展示が行われ、200カ国以上から15万人が来場予定です。 120カ国以上でスポーツバッグとレジャーバッグを販売する義烏市百納箱包有限公司は、過去24年間で23回この博覧会に参加しています。創業者の王曜暉氏は、次のように述べています。「当初、百納はバッグでなく玩具を生産していました。義烏博覧会のおかげで、私の業界動向への理解が向上しました。方向転換して「8848」ブランドを確立したことで、当社は競合他社に差をつけることができました。」今年、王氏は注文にはあまりこだわらず、義烏博覧会のプラットフォームを通じて自社ブランドの国際市場への影響を強化したいと考えています。 義烏市双童日用品有限公司の成功は、義烏博覧会なしでは不可能でした。楼仲平董事長は、次のように述べています。「1995年に、当社は
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「標準化」の画像

もっと見る

「標準化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる