「樋口一葉」とは?

関連ニュース

樋口一葉「たけくらべ」直筆原稿、2100万円で落札 - 01月19日(土)21:56  news

24歳で早世した明治時代の作家樋口一葉(1872~96年)の代表作「たけくらべ」の直筆原稿が 19日、東京都内でオークションに出品され、予想落札価格の1000万~1500万円を上回る2100万円で落札された。 落札者は、地方在住の個人コレクターの男性という。 競売を主催した「毎日オークション」によると、出品されたのは、400字詰め原稿用紙75枚をとじた和装本で、 全文を掲載。文芸誌に発表後、別の文芸誌に再掲載するために一葉が清書したもので、 借金の担保として編集者に預けていたが、一葉の没後、個人が所有していた。 https...
»続きを読む
カテゴリー:

「たけくらべ」 HOWマッチ? 樋口一葉の直筆原稿 - 01月19日(土)18:44 

「たけくらべ」 HOWマッチ? 樋口一葉の直筆原稿
カテゴリー:

「たけくらべ」樋口一葉の直筆 2100万円で落札 極めてまれな完全原稿 - 01月19日(土)16:22 

 早世した作家・樋口一葉(1872~96年)の代表作「たけくらべ」の直筆原稿が19日、「毎日オークション」(東京都江東区)で競売にかけられ、2100万円で落札された。落札者は国内の男性コレクター。近代日本文学史上の傑作の完全な原稿が、公開のオークションで取引される事例は、極めてまれだ。
カテゴリー:

「たけくらべ」直筆原稿、2100万円で落札 - 01月19日(土)21:42 

 24歳で早世した明治時代の作家樋口一葉(1872~96年)の代表作「たけくらべ」の直筆原稿が19日、東京都内でオークションに出品され、予想落札価格の1000万~1500万円を上回る2100万円で落札された。落札者は、地方在住の個人コレクターの男性という。
カテゴリー:

【競売】「たけくらべ」に2100万円 樋口一葉の自筆原稿 都内オークション - 01月19日(土)16:29  newsplus

 近代文学史に名を残す女性作家、樋口一葉(1872~96年)の小説「たけくらべ」の自筆原稿が19日、東京都内のオークションに出品され、2100万円で落札された。 落札者は地方在住のコレクターの男性で、予想入札価格の1000万~1500万円を大きく上回った。  出品されたのは400字詰め原稿用紙75枚がとじられた和装本で、展示会などでその存在は知られていた。主催した毎日オークション(東京都江東区)によると、一葉没後は美術商が所蔵し、さらに別の個人の手に渡っていたという。 「たけくらべ」に210...
»続きを読む
カテゴリー:

その国ならではの英雄や動物に出会える世界の紙幣(お札)を一挙紹介 - 01月12日(土)23:51 

いうなれば芸術作品。毎日多くの人たちが手にするからこそ国は本気出してます。福沢諭吉、樋口一葉、野口英世という偉人に富士山や鳳凰像が描かれている日本も然り。お金の数だけ、その国(地域)らしい特色がありました。
カテゴリー:

「樋口一葉」の画像

もっと見る

「樋口一葉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる