「業界動向」とは?

関連ニュース

SONGWONがK2019でサステナビリティへの取り組みを表明 - 10月18日(金)14:00 

・ SONGWON、循環経済に貢献・ SONGWON、持続可能なソリューションを公開・ SONGWON、サステナビリティ戦略を表明ウルサン・韓国 - 2019年10月18日 - 世界第2位のポリマー添加剤メーカー、スペシャルティケミカルのグローバルリーディングカンパニーであるSongwon Industrial Co., Ltd.は、本日K2019展において、持続可能なソリューションを公開し、サステナビリティへの注力を表明するとともに、循環経済の推進者としての立場を明らかにします。SONGWONは、より厚く長期にわたるサステナビリティに対するコミットメントを中核に置きます。同社の事業活動は、そのサステナビリティに関するビジョン、目標、企業価値に基づいて日々進めており、経済的必要性とエコロジー意識に向け、社会的責任の向上を目指します。SONGWONは、さらに持続可能な世界の実現に貢献する取り組みに邁進しています。また、そのコミットメントと戦略でプラスチック業界における循環経済への移行を加速させるための貢献と、循環経済の推進者としての自らの位置付けを証明する良い機会としてK2019に出展しています。「今日のプラスチック業界各社は、サステナビリティに対して絶え間なく変化する要求を満たせるソリューションを求めています。SONGWONは、プラスチックのサステナビリティの向上に向けたイノベーシ...more
カテゴリー:

Moxa、鉄道ネットワークに関する技術セミナーを開催 IPベースの列車通信ネットワーク技術を紹介 - 10月08日(火)14:00 

台湾、台北、2019年10月8日 - 産業用通信およびネットワーキングのリーディング・カンパニーであるMoxaは、来る11月7日に秋葉原UDXカンファレンス(東京都千代田区)において、鉄道関連企業や鉄道通信システムインテグレーターを対象とした技術セミナー「Moxa Smart Rail Seminar」を開催します。本技術セミナーでは、IP通信ネットワークを活用した列車通信ネットワーク技術の最新トレンドやアプリケーションについての講演に加えて、同社製品のデモ展示が実施されます。これまでの列車走行制御は各種の独立した操作制御システムを組み合わせて構築されていましたが、交通量の増加、最新型車両の導入、安全意識や乗り心地に対するニーズの高まりによって、列車制御システムは日々進化しています。現在、列車の制御、管理と運用保守においては、イーサネット技術をベースとした列車データ通信システムの国際標準IEC 61375に準拠した統合式IP通信ネットワークシステムの活用が注目されています。今回の技術セミナーでは、イーサネット、WiFi、LTEといった通信技術の活用、産業用IoT技術の鉄道への応用、列車ネットワークのサイバーセキュリティ、列車通信システム計画の事例紹介に関するMoxaの講演に加えて、鉄道産業向けIP監視カメラシステムを手掛けるビボテックジャパンによるゲスト講演が予定されています。Mo...more
カテゴリー:

第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会の10月開催を前に常連出展企業が証言 - 10月10日(木)21:31 

中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会(2019年義烏博覧会)が、2019年10月21~25日に中国最大の小商品卸売市場である義烏市で開催されます。3600のブースを設置する2019年義烏博覧会では、9つの主要カテゴリーで展示が行われ、200カ国以上から15万人が来場予定です。 120カ国以上でスポーツバッグとレジャーバッグを販売する義烏市百納箱包有限公司は、過去24年間で23回この博覧会に参加しています。創業者の王曜暉氏は、次のように述べています。「当初、百納はバッグでなく玩具を生産していました。義烏博覧会のおかげで、私の業界動向への理解が向上しました。方向転換して「8848」ブランドを確立したことで、当社は競合他社に差をつけることができました。」今年、王氏は注文にはあまりこだわらず、義烏博覧会のプラットフォームを通じて自社ブランドの国際市場への影響を強化したいと考えています。 義烏市双童日用品有限公司の成功は、義烏博覧会なしでは不可能でした。楼仲平董事長は、次のように述べています。「1995年に、当社は
カテゴリー:

1000万ユーザーに迫るミラティブが7人のCxO体制で事業加速へ、カギはゲーム“実況”からの卒業 - 10月01日(火)11:01 

スマホ1つで簡単にゲーム配信ができるプラットフォーム「Mirrativ」を展開するミラティブ。リリース4周年を迎えた8月にはサービスの登録ユーザー数が900万人を突破したことを公表するなど、着々と土台を築きつつある。 そのミラティブは10月1日、新たにCHRO(最高人事責任者)とCPO(最高プロダクト責任者)が就任し7人のCxO体制になったことを明らかにした。 今回ミラティブに参画したのは元SHIFT取締役でメガベンチャーでの人事経験も豊富な鈴木修氏(CHRO)と、DeNAでゲーム事業本部長を務めた経験を持つ大野知之氏(CPO)。同社では経営体制を強化しさらなる事業拡大を目指す計画だ。 CEO / 赤川隼一氏 : 元DeNA執行役員、「Yahoo! モバゲー」など複数事業立ち上げ CTO / 夏澄彦氏 : DeNAでリードエンジニアとして新卒MVPを獲得 CPO / 大野知之氏 : DeNAにてゲーム事業本部長を経験、メルペイを経てジョイン CCO / 小川まさみ氏 : AppBankの子会社apprimeの元社長 CSO / 岩城農氏 : セガゲームス取締役CSOやセガネットワークス立ち上げを経験 CHRO / 鈴木修氏 : メガベンチャーの人事責任者を経験、元SHIFT取締役 CFO / 伊藤光茂氏 : 元Gunosy取締役CFO ミラティブが8...more
カテゴリー:

「業界動向」の画像

もっと見る

「業界動向」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる