「業況判断」とは?

関連ニュース

沖縄県内景況27期ぶりマイナス 消費増税、台風が影響 公庫「拡大に一服感」 - 01月18日(土)16:55 

 沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は17日、2019年10~12月の県内企業景況調査結果を発表した。企業の景況感を示す業況判断DIは前期調査(7~9月)から13ポイント減少してマイナス3.4となり、13年1~3月以来27期ぶりのマイナスに転じた。10月の消費増税後の個人消費の悪化や、観光関連業種で台風などの影響があ...
カテゴリー:

2020年の不動産市場 自然災害、消費増税、政局…… その影響やいかに!? ~長嶋修の市場予測セミナーも開催決定! ~ - 01月07日(火)09:00 

2019年は各地に大きな爪痕を残す自然災害に悩まされ、その戸惑いの中で10月には消費増税が施行。憲政史上最長の現政権の継続が見通しづらいニュースは、今後の不動産市場や株式市場への影響も懸念されます。そのようなこれまでの様々なトピックが、これからの不動産にどのような影響を与えるのか。1月7日(火)、株式会社さくら事務所の会長で不動産コンサルタントの長嶋 修が市場予測を発表いたします。不動産コンサルタント長嶋修(ながしまおさむ)1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立、現会長。『中立な不動産コンサルタント』としてマイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言を行なう。著書・メディア出演多数。https://www.sakurajimusyo.com/company/profile.php【災害リスク待ったなし! 】2019年の台風15号や19号は国内各地に甚大な水害・災害をもたらしました。気候変動のトレンドはその変化の勢いを増し、海面温度上昇から大規模な台風が発生する可能性はますます高まり、今年も2019年を上回る災害が発生する可能性は高いでしょう。浸水可能性のある地域ではその備えを、また不動産選びではリスクのあるところはなるべく避けるといった動きが顕著になりそうです。「不動産売買・賃貸契約時にハザードマップの説明を義...more
カテゴリー:

「業況判断」の画像

もっと見る

「業況判断」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる