「検知システム」とは?

関連ニュース

【大規模サイバー攻撃】 三菱電機にまた攻撃、取引先の口座8千超流出、中国系ハッカーか - 11月20日(金)16:47  newsplus

三菱電機が再び、大規模なサイバー攻撃に見舞われた。 昨年6月に発覚した攻撃では、「BlackTech」(ブラックテック)という中国系ハッカー集団の関与が浮上した。 同社では今回も中国系集団による攻撃との見方を強めているが、同じ集団かどうかは現時点で分かっていない。 これらの集団はいずれも企業の機密情報を狙った「スパイ」目的とみられ、インテリジェンス(情報収集・分析)に詳しい専門家の多くは、 中国政府や軍の意向を受けたハッカーとの見方で一致している。 三菱電機は前回の攻撃を教訓にセキュリティー対策を大幅...
»続きを読む
カテゴリー:

灯油タンクの自動発注配送管理クラウド「GoNOW」を手がけるゼロスペックが約2.3億円を調達 - 11月11日(水)11:44 

ゼロスペックは11月11日、PreAラウンドにおいて、第三者割当増資として総額約2.3億円の資金調達を発表した。引受先はENEOS、三信電気。 ゼロスペックは、灯油タンクの自動在庫&配送発注管理クラウドサービス「GoNOW」を2020年9月に正式リリース。GoNOW利用顧客が前年同期比約300%増のペースで推移していることから、さらなるサービス顧客拡大に向けシステム「GoNOW」機能追加・UI&UX改善・安全&安定性強化などに利用する。 システム開発:「GoNOW」システム機能強化&追加を加速させるための人材採用 人工知能技術開発:サービス&顧客満足度(CS)向上に向けての取り組み 販売先拡大:15都道府県(北海道30市町村)で導入、拡大に向けての販促費 新規事業用の開発費用 GoNOWは、IoTスマートセンサーを一般家庭など顧客の灯油ホームタンクに設置し、タンク内の残量を在庫情報として取得。在庫情報をクラウドサービスにおいてモニタリングすることで、最適な配送タイミングを把握し、効率的な配送を可能とする。 IoTスマートセンサーは、ホームタンクの蓋との一体型を採用。タンク内の液面レベルを検知し、無線で在庫量データをクラウド環境に蓄積する。センサー本体および通信にかかるコストの低減、電池の長時間持続などに強みがあるという(特許取得済み)。 またクラウド側では、在庫量に関する情報を...more
カテゴリー:

丸紅×富士急、 踏切道の安全確保に向けたAIカメラの実証実験 - 11月06日(金)10:13 

丸紅ネットワークソリューションズは富士急行と協力し、富士急行線(大月~河口湖)にある第1種踏切道及び第4種踏切道にて、AI機能を搭載した「TRASCOPE-AIカメラ」による滞留検知システムの実証実験を進めていると発表した。
カテゴリー:

大阪市、御堂筋でソーシャルディスタンス検知シス.. - 11月20日(金)12:16 

大阪市、御堂筋でソーシャルディスタンス検知システム実証 側道一部を閉鎖、歩行者空間に 28日から12月27日まで 新型コロナ
カテゴリー:

富士急行が協力、AIカメラ使用した踏切異常検知の実証実験 - 丸紅 - 11月07日(土)18:19 

丸紅ネットワークソリューションズは、富士急行の協力を得て、踏切内の人や車をAIカメラで検知する「滞留検知システム」の実証実験を実施していることを明らかにした。今後も富士急行線で実証実験を続け、年度内の本導入をめざす。
カテゴリー:

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました - 11月05日(木)16:00 

自然言語処理AIの独自開発など手がける株式会社バズグラフが、第1回 AI・人工知能EXPO【秋】にて「バースト検知システム」と「文章要約システム」を紹介
カテゴリー:

「検知システム」の画像

もっと見る

「検知システム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる