「検査機器」とは?

関連ニュース

PCR検査を遠隔操作のロボットで 神戸の企業開発、10月の実用化目指す - 06月04日(木)12:01 

 川崎重工業と医療検査機器大手のシスメックスが出資するメディカロイド(神戸市中央区)は3日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査の検体採取を、遠隔操作で行うロボットを開発すると発表した。医療従事者の感染リスクを軽減させ、検査体制の大幅な拡充が可能になるといい、10月からの実用開始を目指す。
カテゴリー:

歯の矯正治療の相場ってどのくらい?先輩ママたちのアドバイスとは - 06月03日(水)13:00 

歯の治療の中でも、治療費がかかる治療のひとつに歯の矯正治療があります。乳歯が抜け、永久歯も生え始めたお子さんを持つママの中には、子どもの歯並びが気になり始めているママもいるのではないでしょうか。ママスタBBSにもあるママから歯の矯正治療について投稿がありました。 『歯の矯正っていくらくらいかかるの?  1年生の子ども持ちです。安くてだいたいいくらぐらいでしょうか? 高い矯正器具は無理だから一番安いのでいきたいです』 歯並びが悪いとかみ合わせが悪くなったり、虫歯になりやすくなったりするため、できれば早めに治療したいと考えるママは少なくないのかもしれません。相場がわからないと判断が難しいですよね。ママスタのママたちは歯の矯正治療についてどのように考えているのでしょうか。 歯の矯正治療は自由診療。値段はピンキリ 『状態や方法によるよ~。30~100万円くらい』 『うちはコロナで延期しているけど70万円の予定。中学でたぶんまた50万以上する。私が歯並び最悪で遺伝しているから』 『私は高いところで180万。東京で相場が120万ぐらい。地方はもっと安いって言われたよ』 『うちが通っているところは100万くらいって……。友達ところは70万。もう一人の友達のとこは80万。年齢と歯医者によっても金額違うよね』 『200万くらいかかった。娘の歯はガチャガチャだったから色々な歯医者に見せて納得がいく先...more
カテゴリー:

「血液検査製品・サービスの世界市場:2024年に至る製品サービス別、技術別予測」リサーチ最新版刊行 - 06月02日(火)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「血液検査製品・サービスの世界市場:2024年に至る製品サービス別、技術別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】血液検査製品・サービスの世界市場規模は2019年の推計22億ドルから、2024年には33億ドルに拡大すると予測されます。当レポートでは、2024年に至る血液検査製品・サービスの世界市場予測(市場規模US$)、製品サービス別市場(試薬/キット各種、検査機器各種、ソフトウェア/サービス)、技術別市場(核酸増幅試験各種、酵素免疫測定法各種、迅速検査、ウエスタンブロットアッセイ、次世代シーケンシング)、エンドユーザー別市場(血液バンク、病院)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】血液検査製品・サービスの世界市場:2024年に至る製品サービス別、技術別予測Blood Screening Market by Technology (Nucleic Acid Amplification, (Real Time PCR), ELISA (Chemiluminescence Immunoassay), Rapid Test, Western Blot), Product (Ins...more
カテゴリー:

さとふる、新型コロナ医療対策支援サイトで香川県・京都府の寄付受付開始。寄付総額は約2億3600万円に - 06月01日(月)01:44 

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、「新型コロナウイルス医療対策支援寄付サイト」で5月29日から香川県、京都府への寄付受け付けを開始した。サイトの掲載自治体数は12自治体となり、同日までに約2億3600万円の寄付が寄せられている。 同サイトは4月24日開設、ふるさと納税制度を活用して、各自治体で新型コロナウイルス感染症の治療・感染拡大防止活動に従事する医療関係者を支援できる仕組み。新型コロナ対策で寄付を行っている自治体に対し、 1000円から1円単位で指定した金額を寄付できる。寄付金は医療関係者などの支援に活用される。自治体からさとふるへの手数料などは発生せず、寄付者の善意をそのまま自治体へ届けられる。 今回加わった香川県では「新型コロナウイルス医療対策支援『ガンバレさぬき応援寄附』」を実施中。検査体制の強化、患者搬送コーディネーターの配置、病床確保に必要な設備整備支援、軽症者を療養する受入施設の確保など、医療対策を支援する取り組みを支援する。京都府では、医療・療養の現場で働く人、影響を受けている子どもたちとその家庭などを支援する「新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金」を募っている。寄せられた寄付金は、新たに創設する「京都府新型コロナウイルス感染症対策応援基金」に積み立て、新型コロナ対策に活用する計画だ。 サイトの掲載にあたり、浜田恵造香川県知事は...more
カテゴリー:

新型コロナウイルス感染症に特化 医師によるオンライン診察・PCR検査を提供する新サービス 「MedLabメドラボ」の事業法人向け取次業務を開始 - 05月21日(木)14:00 

報道関係各位新型コロナウイルス感染症に特化医師によるオンライン診察・PCR検査を提供する新サービス「MedLabメドラボ」の事業法人向け取次業務を開始クロスボーダー株式会社https://x-border.co.jp/ビジネスコンサルティングなどを手掛けるクロスボーダー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役グループCEO:古川エドワード英太郎、代表取締役:佐藤泰也)は新型コロナウイルス感染症に特化した、医師によるオンライン診察とPCR検査をセットで提供する新サービスの事業法人向け取次業務を5月21日から開始します。このサービスは、健康相談サービスやオンライン診察アプリなどの開発・運用を行う合同会社MASAI Medical(代表社員:山田恵理、本社所在地:大阪府大阪市)が提供する、医師によるオンライン診察×在宅のままできるPCR検査(医師の遠隔指導下で実施)サービス「MedLab メドラボ」です。特徴としては、テキストチャットやビデオチャットを利用することで、通院の必要がなく、自宅から医師の診察を受診することが可能です。また、医師の遠隔医療指導をリアルタイムに受けながら自身でPCR検査用の検体摂取・配送することで、検体到着から13営業日ほどで検査結果を知ることができます。検査結果を踏まえ、必要に応じて指定感染症医療機関への紹介や、1ヶ月のオンライン診察を通して自宅療養時の遠隔医学...more
カテゴリー:

PCR検査を遠隔捜査のロボットで 神戸の企業開発、10月の実用化目指す - 06月03日(水)21:50 

 川崎重工業と医療検査機器大手のシスメックスが出資するメディカロイド(神戸市中央区)は3日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査の検体採取を、遠隔操作で行うロボットを開発すると発表した。医療従事者の感染リスクを軽減させ、検査体制の大幅な拡充が可能になるといい、10月からの実用開始を目指す。
カテゴリー:

防衛省、自衛隊の感染症対処能力引き上げ PCR検.. - 06月03日(水)08:31 

防衛省、自衛隊の感染症対処能力引き上げ PCR検査機器・CT診断車など増強 新型コロナ
カテゴリー:

すべてはメンツと利権死守。アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇 - 06月02日(火)05:00 

新型コロナウイルス感染症の治療薬として5月中の承認が期待されたものの、残念ながら見送りとなってしまった抗ウイルス薬「アビガン」。ロシアからはアビガンのジェネリック品が暫定承認されたというニュースも入ってきていますが、なぜ開発元を抱える我が国では未承認のままなのでしょうか。今回のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』では元国税調査官で作家の大村大次郎さんが、その裏にあるにわかに信じがたい理由を暴露しています。 なぜアビガンはなかなか承認されないのか?厚生労働省という利権集団 日本政府の新型コロナ対策は、後手後手に回ったと批判されています。 死者の数などは欧米よりはかなり少ないですが、これは東アジア諸国共通の現象であり、日本のやり方が成功したとは到底いえないものです。むしろ、死者の数は東アジアでは最悪のレベルです。人口比での死者数は台湾の数十倍、韓国の数倍に達しています。 また日本のPCR検査は世界最低レベルであり、現在、感染者が減ったとはいえ「本当に減っているか」不安に思っている国民も多いはずです。 この新型コロナ対策が後手に回った要因の一つとして、厚生労働省の存在があります。 筆者はこれから2回に分けて厚生労働省の悪事に関して書くのですが、それは書いている筆者自身が気分が悪くなるほどです。読んでいる方の中にも気分が悪くなる方が大勢いると思われます。ですが、これが日本の厚...more
カテゴリー:

新型コロナ検査機器・試薬 進む国産「全自動」体制 第2波想定し - 05月26日(火)19:30 

 新型コロナウイルスの国内での感染状況が収束して緊急事態宣言が25日に解除される中、「第2波」を意識した医療機器や防護具、検査機器の国産化が急がれている。ウイルスの有無を判定する検査でも、PCR法などの効率を大幅に向上させる「全自動検査」の国産体制が進みつつある。国内メーカーの新型コロナ検査用の「試
カテゴリー:

【コロナ】長崎大病院、PCR検査1日1000件超に ジャパネットたかた創業者の高田明氏から1億円の寄付も - 05月21日(木)12:11  newsplus

長崎大学病院は18日、新型コロナウイルスの感染拡大に備え、感染の有無を調べるPCR検査を1日最大千件超に拡充する方針を明らかにした。6月中にも新たな機器を導入し、運用を開始。半年後には全工程の自動化を目指す。   県内では現在、行政機関や医療機関の計15カ所で1日最大280件の検査が可能。このうち同病院は160件。県は500件まで拡充を目指している。   同病院によると、新たな検査機器は一度に384件の処理が可能。検査工程を自動化する機器も導入し1時間に100検体、1日約千件の処理が可能になる...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「検査機器」の画像

もっと見る

「検査機器」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる