「検査場」とは?

関連ニュース

障がい者の移動不安解消へ JAL、羽田で空港体験会実施 - 05月25日(土)17:20 

日本航空(JAL)はきょう25日、体が不自由な人や怪我をしている人など、飛行機での移動に不安を感じている人を対象に、空港カウンターでの手続きから搭乗までの流れを体験できるイベントを羽田空港で実施した。 JALは、保安検査場をストレスなくスムーズに通過できる木製車椅子や、ビデオ通話を利用した遠隔手話通訳サービスを導入するなど、すべての人のアクセシビリティを向上するための取り組みを行っており、移動に不安を抱える人の航空機利用を現状(2017会計年度)の1.5倍以上にすることを目指している。今回のイベントは、「調査の結果、空港での流れを事前に知ることが安心につながるという声があった」(商品・サービス企画本部 三島良平マネージャー)ことから企画されたという。 イベントの参加者は、ユニバーサルデザインの設計など障がい者のためのサービスを手がけるミライロが協力して募集。視覚や聴覚に障がいを持つ人や、車椅子を使用する人など57名の応募があり、抽選で26名が招待された。JALからは、イベントを企画した商品・サービス企画部門の社員のほか、予約部門や空港部門の社員、グランドスタッフ、運航乗務員、客室乗務員が参加した。 参加者はまず、出発ロビーのチェックインカウンターの前で、予約・チェックインの流れや、木製車椅子などの関する説明を受けた。JALでは搭乗時に手伝いが必要な場合は事前の手続きを行うことを推...more
カテゴリー:

ダラス・フォートワース国際空港、6つ目のターミナル建設 2025年にも開業へ - 05月21日(火)08:12 

アメリカン航空とダラス・フォートワース国際空港は、6つ目のターミナルの開発計画を発表した。 新たにターミナルFを建設し、ターミナルCの改修により機能を強化する。ターミナルFは最大で24ゲートを備え、2025年にも開業する。投資額は30億から35億米ドルとなる見通し。 ターミナルCは1974年にオープンした、初期にオープンしたターミナルの一つ。すでにターミナルA、B、Eの改修は完了しており、これらのターミナルと同様にチェックインカウンターを再配置し、保安検査場を拡大するなど、カスタマーエクスペリエンスの改善を目指す。 ダラス・フォートワース国際空港は、2018年に過去最高となる6,900万人が利用した。アメリカン航空のハブ空港でもあり、海外の60都市以上にフライトを運航している。2015年からヨーロッパの就航地、便数は約2倍となった。アメリカン航空航空の運航便数は1日900便以上、就航地は230都市以上に及ぶ。地域経済への貢献も大きく、6万人の空港での雇用と22.8万人の地域全体の雇用を支え、370億米ドル以上の経済効果を与えている。 ⇒詳細はこちら 投稿 ダラス・フォートワース国際空港、6つ目のターミナル建設 2025年にも開業へ は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ANA、ホノルルに新ラウンジをオープン! 「ANAラウンジ」を徹底レポート(写真20枚) - 05月11日(土)19:57 

全日本空輸(ANA)は、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に、「ANA LOUNGE(ANAラウンジ)」と「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」を5月24日にオープンする。 ANAによる国外空港へのラウンジの設置は初めて。これまで利用対象者には、ユナイテッド航空が運営する「United Club(ユナイテッドクラブ)」を案内していた。 両ラウンジは「エバコンコース」のC4ゲート上に位置し、チェックイン後、保安検査場を通過して右側に約10分程度進むと到着する。これまでは「ダイヤモンドヘッド・コンコース」のGゲートを使用していたので、搭乗口を確認して間違えないようにしたい。 今回は、ANAラウンジの内装やサービスについて紹介する。 ■ ラウンジのレセプションは共用で、左側がANAラウンジ、右側がANAスイートラウンジ。左側に進むと、窓に面した開放的な空間が広がっている。 ANAラウンジの利用対象者は、ビジネスクラスとプレミアムエコノミークラス利用者、ANAマイレージクラブのプラチナ会員、スーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスゴールド会員と同行者1名、有料ラウンジサービス購入者が利用できる。 飲食物はセルフサービスのビュッフェ形式で、窓の反対側に一直線に配置している。おかきやクッキーといったおつまみ類のほか、パンやおにぎり、サラダ、フルーツ...more
カテゴリー:

「焼きマシュマロ・タルト スモア」抹茶味を関西地区限定のANA FESTAで限定販売 - 05月25日(土)05:37 

ANA FESTAは、「焼きマシュマロ・タルト スモア」の新フレーバーの抹茶味を関西地区の店舗限定で4月24日から販売している。 「焼きマシュマロ・タルト スモア」は、マシュマロを焼き、チョコレートをグラハムクラッカーなどでサンドして食べるスイーツ「スモア」をモチーフとした商品。これまでに、期間限定バナナ味や、九州地区限定あまおう苺味などを発売している。 販売価格は、いずれも税抜きで4個入740円、8個入り1480円。販売箇所は、関西空港、伊丹空港、神戸空港の手荷物検査場通過後のANA FESTA各店舗となっている。 ⇒詳細はこちら 投稿 「焼きマシュマロ・タルト スモア」抹茶味を関西地区限定のANA FESTAで限定販売 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

シドニーの空港で1万円分以上の「タダ飯」を食べてきた! - 05月17日(金)19:15 

世界を旅するフライト前、どんな過ごし方ってされてます?2時間前にはチェックインとか、行きも帰りも時間をもて余すのがザラ。そんな旅の“余剰時間”を有意義に使えるのが「プライオリティ・パス」って魔法のようなカード。ラウンジで過ごせるやつだろって?いやいや、それも悪くない利用方法なのは確かですが、他にもうまい使い方があったんですよ。都合144AUドル(約1万2000円)分になる、ある意味で“タダ飯”をたらふくご馳走になって、出発までの時間を過ごしたというオーストラリア・シドニー国際空港での体験をお伝えします。期待したのはラウンジ利用だったけど……そもそもは、上級クラス利用者やカード付帯のサービスで使えたりするラウンジ利用を期待して手にいれたプライオリティ・パス。このパスをもっていると国際線のエコノミー利用でも、多くの空港で充実したラウンジが利用できるんです。その詳細やお得な取得方法は、WEBで検索できるのでそちらにお任せするとします。で、先日シドニーの空港を利用したときのこと。このパスを片手にラウンジを楽しみにしてたんですが……どうやらこの空港ではプライオリティ・パスに対応したラウンジはほぼない!?ちょっと、呆然。でも、代わりのシステムがここでは採用されていたんです!それは、数軒のカフ...more
カテゴリー:

「検査場」の画像

もっと見る

「検査場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる