「梅雨入」とは?

関連ニュース

福島県、日照不足対策を協議 農作物への影響懸念 - 07月19日(金)06:05 

福島県は18日、梅雨入り以降の日照不足による農作物への影響に備える技術対策会議を、同県三春町で開いた。7月上旬の日照時間は中通りと浜通りで平年比21〜46%にとどまり、モモやキュウリ、トマトなど主力の
カテゴリー:

暑い季節もミントで爽やか モヒートに恋しよう! ライムvsすだち 夏の恋の勝者はどっち? オリジナルレシピ含むモヒート4種 7月19日(金)から提供開始 - 07月18日(木)13:00 

自分のスマホからオーダーや決済ができる最先端のデジタルを駆使したバー『MURAバー』(https://mura-bar.com/)を運営するハルト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:薄井 英司)は、夏の人気カクテル「モヒート」をオリジナルアレンジしたメニューを、7月19日(金)より提供開始いたします。◆長引く梅雨から夏に向けて ミントでリフレッシュ気象庁によると、今年は7月半ばを過ぎても梅雨明けの兆しが見えず(気象庁/令和元年の梅雨入りと梅雨明け 速報値)、例年と比較しても遅くなっています。じめじめとした気候が続き、そろそろ晴れやかな青空が恋しくなってきます。そんな季節にMURAからミントをたっぷり使用した「モヒート」でリフレッシュすることを提案します。◆南米発祥の「モヒート」に すだち、梅の和風テイストをホワイトラムにライム、ミントを加えソーダで満たした「モヒート」は、キューバが発祥の地と言われ、作家のヘミングウェイが愛飲したことでも知られています。MURAではこの「モヒート」に、 すだちと梅で“和”のエッセンスを取り入れたオリジナルレシピを考案しました。特に、徳島産のすだちをぜいたくに使用したモヒートは、ライムがメインの本家モヒートよりもさらにフレッシュで爽やかなテイストに仕上がりました。すだちはカリウムやビタミンCの含有量がレモンよりも多く(農林水産省/国産の主な香酸か...more
カテゴリー:

鹿児島・奄美地方が梅雨明け - 07月13日(土)11:48 

 気象庁は13日、鹿児島県の奄美地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年と比べ14日、昨年より17日遅い。5月14日に全国で最初の梅雨入りが発表されていた。【平塚雄太】
カテゴリー:

嘉瀬川ダム貯水率、最低更新12・9% 農業者、夏場の用水不足懸念 - 07月10日(水)10:00 

観測史上最も遅く梅雨入りした佐賀県内は、その後もまとまった雨が降らず、佐賀市の嘉瀬川ダムの貯水率も過去最低を更新し続け、8日現在で12・9%に低下した。農業関係者は「夏場の用水不足が心配で、せめて例年並みに降ってほしい」と気をもんでいる。 佐賀地方気象台によると、九州北部が平年より21日遅く梅雨入りした6月26日以降、佐賀市では30日までに雨が5日間降ったが、合計50ミリにとどまった。7月は2日の44・5ミリが最多で、総雨量は8日までで76・5ミリ。豪雨に見舞われた九州南部とは対照的だ。
カテゴリー:

【「の」の字マッサージで便秘解消!小林教授教え.. - 07月06日(土)11:13 

【「の」の字マッサージで便秘解消!小林教授教える10秒健康法 】 梅雨入り前に真夏日になるなど、例年にも増して天候が不順です。自律神経のバランスが崩れて体が悲鳴を上げる前に、短時間…
カテゴリー:

〈ナチュラルライフ通信〉ニンジンの種下ろし - 07月18日(木)21:35 

春に種を下ろしたニンジンが梅雨の雨でようやく大きく太ったと思ったら、すぐに2次成長を始めて、白根を出して今にも花芽を付けそうな気配です。 気候によるのかもしれませんが、シーズンごとにいろいろと注意すべき点があって、種を下ろす量やタイミングを習得するにはまだまだ時間がかかりそうです。今年は梅雨入りが遅かったので、いつまで雨が続くか分かりませんが、雨が降るうちに次のニンジンの種を下ろし始めています。 ニンジンはセリ科なので水分を好みます。
カテゴリー:

〈ふるさとスケッチ〉夏の渓流 光と緑に歴史の香り - 07月16日(火)21:00 

雨にも負けず、風にも負けず、竹垣に上手に絡みながら淡い赤紫の花を咲かせる庭の朝顔。そのけなげな姿は、梅雨のうっとうしさをしばし忘れさせてくれる。 梅雨入り前のスケッチ。鳥栖市牛原町の四阿屋神社の境内を流れる渓流。その河内川の水量は多くないが、大小の岩の間をうまく滴りながら流れていく。チョロチョロ、サラサラと、絶えることのないせせらぎの音が心地よい。でも水の流れは手ごわい。
カテゴリー:

嘉瀬川ダム枯渇の可能性 少雨続けば来月上旬にも 筑後大堰取水で合意 - 07月13日(土)09:15 

佐賀県は12日、渇水対策本部設置に向けた準備会を開き、各部局長らがダムの貯水率や上水道、農作物への影響などの情報を共有した。6月26日の梅雨入り以降は計200ミリほどの雨が降ったものの、嘉瀬川ダム(佐賀市富士町)の貯水率は改善されておらず、県は「雨が少ない状況が続けば、8月上旬にも貯水率がゼロになる可能性がある」と危機感を強めている。 会議ではダムの12日午前9時現在の貯水率が13・6%で、例年の60~70%と比べて極めて低い水準で推移している点が示され「枯渇も考えられる危機的状況」とした。
カテゴリー:

〈つながるさがし~地域のいま~〉ツバメやヤモリも〝入居〟 - 07月09日(火)20:05 

新しい公民館で初めての春が過ぎ、とうとう梅雨入りです。 最近、当公民館でいろいろな入居者をお見掛けするようになりましたので、ご紹介します。 ツバメの一家です。大会議室のデッキテラスの天井に、ご夫婦で新築されました。実は建設作業に入られる前に、出ていっていただこうかと職員で話していましたが、館長の「この季節の風物詩でもあるし…」という言葉で入居が決定しました。現在では、無事4羽のひなが頭にホワホワの帽子をかぶって、ご飯を待っています。どうか、おうちから落ちないように気を付けて大きくなってください。
カテゴリー:

【酒井千佳の気分は明朗快晴】大雨の季節…「避難」意識もう一度確認を 5段階になった災害の警戒レベル - 07月05日(金)11:30 

7月に入りました。今年の7月は全国的に雨が多い予想です。西日本では梅雨入りが遅かったのですが、梅雨入り後、早々の大雨になっていますね。7月というのは通常でも梅雨…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「梅雨入」の画像

もっと見る

「梅雨入」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる