「格安航空会」とは?

関連ニュース

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線対象のセール延長 きょうまで - 02月20日(水)17:40 

エアソウルは、山口宇部〜ソウル/仁川線を対象としたセールを2月20日まで延長して開催している。 片道運賃は3,000円からで燃油サーチャージ、諸税等は別途必要。特別運賃の場合は手荷物の預け入れは有料となる。搭乗期間は1月24日から3月30日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら 2019/01/23投稿 エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線対象のセール延長 きょうまで は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

セブパシフィック航空、東京/成田〜セブ線でセール 片道6,300円から - 02月18日(月)06:43 

セブパシフィック航空は、東京/成田〜セブ線を対象としたセールを2月17日から19日まで開催している。 片道運賃は6,300円から。いずれも燃油サーチャージ、諸税別。旅行期間は3月15日から7月31日まで。販売席数には限りがあり、完売次第終了となる。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡~マニラ線と東京/成田~セブ線を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら 2019/02/17投稿 セブパシフィック航空、東京/成田〜セブ線でセール 片道6,300円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

宮崎 関西とバスで1本で結ばれなくなる - 02月16日(土)12:38  news

県内と関西を結ぶ夜行の高速バスは、赤字が続いていることから2月いっぱいで運行を終えることになりました。 県内と、神戸、大阪、京都とを結ぶ夜行の高速バスは、それぞれ夕方に出発して翌日の朝に到着する形で1日1往復、大阪府に本社がある近鉄バスが運行しています。 運賃は宮崎と京都の間が片道1万2000円で、去年11月からは年末年始を除き片道一律8900円の割引運賃を導入していました。 しかし、LCC=格安航空会社の宮崎と関西を結ぶ便との競合などから、定員27人に対し乗客は平均10人前後にとどまって...
»続きを読む
カテゴリー:

米航空当局、ベトナムが安全基準達成と発表 米国乗り入れ可能に - 02月15日(金)17:35 

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は14日遅く、ベトナムが国際的な安全基準を満たしたと発表した。これを受けてベトナムの航空会社は米国への乗り入れや米航空会社との共同運航が可能になる。 FAAはベトナムに安全評価格付けの「カテゴリー1」を付与したと明らかにした。 両国の間では現在、直行便は運航されていない。ベトナム航空 と格安航空会社(LCC)バンブー航空
カテゴリー:

ピーチ、沖縄/那覇〜香港線を6月28日より週7便で運航再開 航空券販売開始 - 02月14日(木)14:16 

ピーチは、6月28日より運航を再開する、沖縄/那覇〜香港線の航空券の販売を開始した。 沖縄/那覇〜香港線は2015年2月21日に格安航空会社(LCC)として初めて路線を開設し、2017年10月29日より運休していた。「シンプルピーチ」の片道運賃は6,980円から、支払手数料や諸税は別途必要となる。 また、沖縄/那覇〜台北/桃園線も週21便に増便する。増便となるのはMM927便とMM922便で、MM927便は6月28日から、MM922便は6月29日から運航を開始する。 これにより、6月1日より運航を再開する、沖縄/那覇〜東京/成田線を含めると、夏スケジュール期間中、国内3路線、国際5路線の計8路線を展開することになる。 ■ダイヤ MM963 沖縄/那覇(12:55)〜香港(14:35) MM964 香港(15:30)〜沖縄/那覇(19:20)/木 MM964 香港(15:35)〜沖縄/那覇(19:20)/月・土・日 MM964 香港(15:40)〜沖縄/那覇(19:20)/火・水・金 MM923 沖縄/那覇(08:20)〜台北/桃園(08:50) MM925 沖縄/那覇(16:50)〜台北/桃園(17:20) MM927 沖縄/那覇(21:25)〜台北/桃園(22:05)/月・火・水・木・金・土(6月28日〜) MM927 沖縄/那覇(21:30)〜台北/桃園(22:05)/日 MM...more
カテゴリー:

エアソウル、高松〜ソウル/仁川線利用者100万人突破で記念セール 片道1,000円から - 02月20日(水)17:38 

エアソウルは、高松〜ソウル/仁川線を対象に「高松搭乗客100万名突破記念イベント」を2月19日から3月4日まで販売している。 片道運賃は1,000円からで燃油サーチャージ、諸税等は別途必要。特別運賃の場合は手荷物の預け入れは有料となる。搭乗期間は4月1日から6月30日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら 2019/02/19投稿 エアソウル、高松〜ソウル/仁川線利用者100万人突破で記念セール 片道1,000円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ノックエア、第三者割当増資実施 日本線乗り入れ検討 - 02月16日(土)14:48 

ノックエアは、既存株主に対する第三者割当増資を実施した。 タイ国際航空はこれを引き受けず、出資比率はこれまでの21.8%から15.94%に5.86%減少した。2004年の設立当初は39%を出資していた。タイ国際航空は、自社ブランドの格安航空会社であるタイ・スマイルも運航している。 東南アジアでは航空会社間の競争激化に加え、原油価格の変動などから収益率が低い状態は続いている。ノックエアも多額の損失を計上し、債務超過状態だった。タイの現地紙THE NATIONによると、中国やインド、日本を中心としたアジア路線を開拓する一方、収益性を重視し、コスト削減に取り組むとしている。 ノックエアは、バンコクのドンムアン空港を拠点とする、短距離線を展開するLCC。スクートとの合弁事業であるノックスクートが中長距離路線を展開しており、東京/成田・大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線に乗り入れている。 投稿 ノックエア、第三者割当増資実施 日本線乗り入れ検討 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

マリンドエア、札幌/千歳〜台北/桃園〜クアラルンプール線開設 3月23日から週3便 - 02月15日(金)17:39 

国土交通省は、マリンドエアからの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、2月15日付けで許可した。 3月23日より、札幌/千歳〜台北/桃園〜クアラルンプール線を火・水・土曜の週3便を運航する。機材はビジネスクラス12席、エコノミークラス150席の計162席を配置した、ボーイング737-800型機を使用する。所要時間は、札幌/千歳発は10時間35分、クアラルンプール発は9時間40分となる。 マリンドエアは2012年9月に設立、資本金は3,100万マレーシアリンギット(約8.4億円)。社名はマレーシアとインドネシアから取った造語で、インドネシアの格安航空会社(LCC)であるライオン・エアと、マレーシアのナショナル・エアロスペース・アンド・ディフェンス・インダストリーズが出資して設立された。機材はボーイング737-800型機、ボーイング737-900ER型機、ATR72-600型機を41機保有している。 ■ダイヤ OD889 札幌/千歳(19:20)〜台北/桃園(23:00/00:05+1)クアラルンプール(04:55+1)/火・水・土 OD888 クアラルンプール(07:40)〜台北/桃園(12:30/13:45)〜札幌/千歳(18:20)/火・水・土 ⇒詳細はこちら 投稿 マリンドエア、札幌/千歳〜台北/桃園〜クアラルンプール線開設 3月23日から週3便 は トラベルメディア「Tra...more
カテゴリー:

名古屋・札幌から韓国へお得な直行便が就航!ティーウェイ航空 2つの新規就航キャンペーン【名古屋⇔済州】3,000円~【札幌⇔大邱】3,500円~! - 02月15日(金)13:30 

韓国の格安航空会社(LCC)『ティーウェイ航空』が、1. 【名古屋⇔済州】2. 【札幌⇔大邱】を結ぶ直行便を新規就航。 今回、2路線の新規就航を記念して、2019年2月20日(水)午後6時より、1. 片道3,000円~2. 片道3,500円~のイベント運賃にて航空券を販売するキャンペーンを実施します。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177141/LL_img_177141_1.jpg 青い海・自然・グルメがそろう済州 1. 名古屋で唯一の直行便!【名...
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、成田発着便の累積搭乗者数が2,000万人を突破 記念セールも - 02月13日(水)12:25 

ジェットスター・ジャパンは、成田国際空港発着便の累積搭乗者数が2,000万人を突破したことを明らかにした。 2012年7月3日の就航から約6年7ヶ月かけて到達した。就航当初は、東京/成田〜札幌/千歳・福岡線の国内2路線のみだったものの、現在は国内13路線、国際4路線の計17路線を展開しており、成田国際空港を発着する国内線で最大の格安航空会社(LCC)に成長した。3月30日には、東京/成田〜下地島線を開設する。全路線の利用者数は2,800万人を超えている。 2月14日午後6時から、成田国際空港を発着する国内全路線を対象とした、片道2,000円からの特別運賃を販売するほか、その他の路線も片道2,490円から設定する。2,000円設定便の搭乗期間は4月9日から24日まで、東京/成田〜下地島線のみ4月12日から22日まで。販売期間は2月20日午後6時まで。また、2月14日運航便では、国内線全便でバレンタイン特製キャンディーを配布する。 ジェットスター・ジャパンの片岡優代表取締役社長は、「国際線のイメージが強かった成田空港をメインベースとして国内線を皮切りに運航を開始し、約6年7カ月で2,000万人のお客様にご搭乗いただきました。成田〜新千歳、成田〜福岡の2路線から開始した運航路線も現在では成田空港発着の国内線最大の路線網、便数を運航するようになりました。これもひとえにご利用いただきましたお...more
カテゴリー:

もっと見る

「格安航空会」の画像

もっと見る

「格安航空会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる