「核兵器廃絶」とは?

関連ニュース

核兵器廃絶 世界からメッセージ - 08月07日(金)17:35 

 広島に原爆が落とされて75年となった6日。世界各国からは“核兵器ゼロの世界”の実現に向けたメッセージが相次いで出されました。null
カテゴリー:

「被爆者が死語に…」 核廃絶への思い、消滅の背戸際 被団協7団体が解散・休止検討 - 08月06日(木)22:09 

 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の都道府県組織41団体のうち7団体が解散や活動休止を検討していることが毎日新聞の調査で判明した。被爆者の救済や体験の継承、核兵器廃絶運動の中心となってきた組織も、その記録も消滅の瀬戸際にある。原爆投下から3四半世紀。「あの日」を忘れないため早急な手立てが求め
カテゴリー:

原爆投下から75年。核兵器廃絶と世界恒久平和の.. - 08月06日(木)08:40 

原爆投下から75年。核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を目指し、平和記念式典で松井市長が平和宣言を発表しました。 【令和2年の平和宣言(日本語)はこちら】
カテゴリー:

ノーベル平和賞のICAN 「核兵器禁止条約への参加を」広島 - 08月06日(木)01:11 

3年前にノーベル平和賞を受賞したICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンのフィン事務局長が、広島原爆の日を前に広島市内で開かれた討論会にオンラインで参加し、核兵器禁止条約への参加に向けて議論を進めるよう呼びかけました。
カテゴリー:

「平和への声 世界に」 - 08月04日(火)07:00 

核兵器廃絶と世界平和を訴える「第23代高校生平和大使」に選ばれた鹿島高2年の川﨑花笑はなえさん(16)=白石町=が3日、佐賀県庁で会見した。「被爆3世だからこそできることがある。平和を求める人の声を世界に届けたい」と決意を語った。 川﨑さんの祖母は生後8カ月の時、長崎市内の自宅で被爆した。その後、親戚がいる佐賀県に移り住んだという。「戦争がなければ、私は生まれてなかったという複雑な思いがある」と川﨑さん。その祖母の勧めで平和大使に応募した。
カテゴリー:

原爆投下から75年、世界から核兵器廃絶へメッセ.. - 08月07日(金)15:31 

原爆投下から75年、世界から核兵器廃絶へメッセージ
カテゴリー:

広島市長、政府に核兵器禁止条約の締約国求める 75回目の原爆の日 - 08月06日(木)10:24 

 広島は6日、米軍による原爆投下から75回目の「原爆の日」を迎え、広島市中区の平和記念公園で平和記念式典が開かれた。松井一実市長は平和宣言で、新型コロナウイルスの感染拡大による自国第一主義の台頭に懸念を示し、核兵器廃絶と世界平和の実現に向け、連帯を呼びかけた。日本政府には昨年に続き、被爆者の思いを受
カテゴリー:

【75年】原爆投下から75年 広島で「原爆の日」追悼の祈りに・・・ - 08月06日(木)01:58  newsplus

広島は、原爆が投下されて75年となる「原爆の日」を迎えました。新型コロナウイルスの影響で、例年どおりの追悼が難しい状況となるなか、被爆地・広島の街は、6日(きょう)一日、犠牲者を追悼する祈りに包まれるとともに、核兵器のない世界の実現に向けた訴えを、国内外に発信することにしています。 原爆が投下されて75年の節目となる6日、広島市では午前8時から平和記念式典が開かれ、被爆者や遺族の代表をはじめ、安倍総理大臣のほか、およそ80の国の代表などが参列します。 ただ、ことしの式典は、新型コロナウイルスの感染を防...
»続きを読む
カテゴリー:

「核政策の国会論議不十分」複数議員が認識 広島で国連の中満氏らと意見交換 - 08月05日(水)21:29 

 与野党の国会議員や国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長らは5日、戦後75年の「原爆の日」を前に、核兵器廃絶に向けた政策について、広島市内で意見を交わした。複数の議員が、国会での核政策論議が足りていないとの認識を示した。
カテゴリー:

「過ち繰り返してはいけない」オンラインで伝える原爆の愚かさ ヒバクシャ国際署名推進連絡会 - 08月03日(月)15:00 

 国際社会に核兵器廃絶を訴える「ヒバクシャ国際署名」に取り組む推進連絡会が、新型コロナウイルス対策として、オンラインの被爆証言会を続けている。8月に被爆75年を迎える今年は核拡散防止条約(NPT)の発効50年となるが、4~5月に予定された5年に1度のNPT再検討会議も感染拡大の影響から延期された。思
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「核兵器廃絶」の画像

もっと見る

「核兵器廃絶」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる