「林鄭月娥」とは?

関連ニュース

香港 大学占拠 こう着状態続く 24日の選挙行われるかが焦点 - 11月20日(水)04:41 

抗議活動が続く香港では19日夜、警察が大学に立てこもりを続ける若者たちに投降を呼びかけましたが、一部はこれに応じず、こう着状態が続きました。こうした中、政府トップの林鄭月娥行政長官は安全が確保できなければ今月24日の区議会議員選挙を延期する可能性を示唆し、今後は選挙が予定どおり実施されるかが焦点となります。
カテゴリー:

香港政府トップ 24日の選挙延期を示唆 - 11月19日(火)20:06 

抗議活動が続く香港の政府トップ、林鄭月娥行政長官は、今月24日に予定されている区議会議員選挙について、安全が確保できなければ延期の可能性もあると示唆しました。
カテゴリー:

中国、香港行政長官に引き続き確固たる支援=外務省 - 11月19日(火)17:18 

中国外務省は19日、同国政府は香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官に引き続き確固たる支援を提供し、また断固として主権を守ると表明した。
カテゴリー:

香港政府トップ 立てこもりの学生に投降を呼びかけ - 11月19日(火)13:28 

抗議活動が続く香港の政府トップ、林鄭月娥行政長官は、大学への立てこもりを続ける学生たちについて、「武器を捨てて大学の外に出てほしい」と述べ、すみやかに投降するよう呼びかけました。
カテゴリー:

【香港】香港司法長官が英国で「暴徒」に襲われる、中国が非難 続く抗議デモ - 11月15日(金)20:29  newsplus

香港司法長官が英国で「暴徒」に襲われる、中国が非難 続く抗議デモ [香港 15日 ロイター] - 香港政府は15日、ロンドンを訪れていた香港のテレサ・チェン司法長官が「暴徒」に襲われたと非難した。 同長官は紛争解決や取引の場としての香港をアピールするため、ロンドンを訪れていたが、抗議する集団から「殺人者」「恥を知れ」と罵倒され、香港政府の声明によると「身体に深刻な危害」を受けた。これ以上の詳細は明らかにしていないが、ビデオ映像では同長官が地面に倒れる姿が映っている。 香港の林鄭月娥(キャリー・...
»続きを読む
カテゴリー:

中国政府、香港警察トップをクビ。後任は親中で強硬派の鄧炳強氏 - 11月20日(水)00:05  news

 中国政府は十九日、香港警察のトップを交代させると発表した。「林鄭月娥行政長官の提案に基づく」としている。 理由は明らかにしていないが、一連の抗議活動への対応の責任を取らされた可能性が高い。 十月下旬に開催された中国共産党の重要会議では、司法や人事などで香港に介入することを決めていた。  新任の警察トップ●炳強(とうへいきょう)氏は十九日に記者会見し、「暴力をたたき、できるだけ早く治安を回復させる」と述べた。 ※●は登におおざとへん https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK20191119020...
»続きを読む
カテゴリー:

香港 政府と市民の衝突が収まらない - 11月19日(火)18:33 

抗議活動が続く香港。繁華街に近い香港理工大学の周辺では警察と学生たちとの激しい衝突が相次ぎ、大勢の学生たちがキャンパスに立てこもり、警察に包囲された状態が続いています。香港の政府トップ、林鄭月娥行政長官は大学への立てこもりを続ける学生たちについて、「武器を捨てて大学の外に出てほしい」と述べ、すみやかに投降するよう呼びかけました。衝突はいつになったら収まるのでしょうか。
カテゴリー:

香港デモを早く終わらせるために日本人ができる「一つの選択肢」 - 11月19日(火)15:34 

連日のように報道されている、香港の大規模デモに関するニュース。デモのきっかけとなった「逃亡犯条例」の改正ついて香港政府が撤回するも、抗議活動が終息する様子はありません。それどころか、学校に立て籠る大学生と現地警察との闘いは「デモ」という範囲を超え、もはや「戦争」状態で現場は「戦場」と化しています。17日には観光で香港を訪れていた日本人の大学生が、デモ現場付近で逮捕されるという事件も発生しています。 ● 香港で東京農大生がディズニーランド帰りにデモ見学し逮捕される 日を追うごとに泥沼化する香港を、再び「平和な姿」に戻すため、私たち日本人にできることはないのでしょうか。実は、「一つの選択肢」があります。それが以下のページへの署名です。 【署名ページ】● 常設仲裁裁判所へ香港警察の違法行為に関する調査のお願い(英語) 常設仲裁裁判所(じょうせつちゅうさいさいばんしょ)とは、1899年の第1回ハーグ平和会議で設立された常設の国際仲裁法廷で、オランダのハーグに設置されています。これは国家・私人・国際機関の間の紛争における仲裁・調停・国際審査を行うために常設されたもので、業務は国際法と国際私法の両領域を含みます。 この署名の起案者は「Reform Hong Kong Police(香港警察改革)」。彼らは常設仲裁裁判所へ「2019年6月9日より香港警察が犯した「3つの大罪」の実態について調査し...more
カテゴリー:

GSOMIA破棄目前。文在寅の反日政策が「日本に有利」という皮肉 - 11月19日(火)04:45 

米国の再三の「再考要求」にもかかわらず、GSOMIAの破棄に向けてひた走る文在寅大統領。その先には「脱日米、北朝鮮主導の朝鮮半島統一」があるとされていますが、隣国がもたらす混乱は日本にどのような影響を与えるのでしょうか。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、マイナス要素が強調される一連の動きを「日本の大チャンス」としその判断理由を記すとともに、日本が今すぐ取り組むべき「課題」を列挙しています。 韓国問題を考える 韓国の文政権は、23日に迫るGSOMIA破棄撤回をしないと米国防長官に表明した。韓国は米国の反対を押し切り、北朝鮮主導の朝鮮統一に向かう。何が起きるのか、今後を検討しよう。 米国株価 NYダウは、とうとう11月15日に222ドル高で史上最高値28,004ドルと28,000ドル台に乗せた。PERは18倍台に乗せて、非常に割高な水準になっている。 その理由は、1つに10月アメリカ小売売上高は、前月比+0.3%と好調な消費者性向があるし、もう1つが、トランプ大統領は、弾劾調査で不利な状況になっているので、株高を進めて、不利な状況を覆したいようで、このため、米中通商協議が、うまくいっているとクドローNEC議長に言わせている。 しかし、トランプ大統領が中国に求めていた500億ドルの農産物購入の取引条件として、すべての関税の撤廃を中国が求めたが、トランプ大統領...more
カテゴリー:

中国の差し金か。香港デモに乗じて市民を分断する中共の「犬」 - 11月15日(金)04:45 

先日掲載した「香港デモで高所から転落の男子大学生が死亡。香港で相次ぐ不審死」等でもお伝えしているとおり、香港情勢が混迷を極めています。11日には抗議活動に参加していた21歳の男性に対し、警官が至近距離から実弾を発砲するなど、香港警察の暴力もエスカレートしていますが、その理由はどこにあるのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんは今回、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、その裏には習近平中国国家主席による「命令」があると指摘し、警察による弾圧はますます激化すると予測。さらにここまでデモが激化した原因についての持論も記しています。 【香港】香港警察の暴力がエスカレートしている理由 ● 香港デモ隊が「口論の相手に火を付けた」と警察 動画も拡散 日本のメディアでもいろいろと報道されていますが、香港が第二の天安門になりそうなので、改めてここで取り上げたいと思います。この数日間の香港関連のニュースは過激なものばかりでした。以下に一部を列記してみます。 ● 香港デモ、警察の強制排除で転落した男子大学生が死亡 抗議活動で初の死者● 香港警察発砲で若者重体 動画が波紋、デモ隊「報復」も● 香港で警察が実弾3発発砲 デモ隊紛糾「殺人だ!」● 香港警察 実弾で再び負傷者 背景に習主席の圧力も● 香港 日本人観光客がデモ隊に暴行される 地元新聞 これらの報道は枚挙に...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「林鄭月娥」の画像

もっと見る

「林鄭月娥」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる