「東証マザーズ上場」とは?

関連ニュース

医療プラットフォーム事業展開のメドレーが東証マザーズ上場、公開価格1300円で初値1270円 - 12月12日(木)09:19 

複数の医療プラットフォーム事業を展開しているメドレーは12月12日、東証マザーズ市場に上場した。主幹事証券会社は大和証券で、公募253万株、売り出し1123万株、オーバーアロットメントによる売り出しが206万4000株となる。オーバーアロットメントとは、当初の募集・売出予定株数を超える需要があった場合に実施される株式の販売方法。主幹事証券会社が対象会社の株主から一時的に株式を借り、売出予定株数を超える株式を、募集・売出しと同じ条件で追加販売すること。 公開価格は1300円で初値はそれを30円下回る1270円をつけた。12月12日午前9時18分現在の最高値は1350円で時価総額361億500万円となり、株価は1310円前後で推移している。 同社の具体的な事業内容は、人材採用システムの「ジョブメドレー」、クラウド診療支援システムの「CLINICS」、医療メディアの「MEDLEY」、介護施設検索サイト「介護のほんね」など。累計登録会員数は2019年9月末時点で53.3万人。顧客事業所数は17.5万カ所となっている。 直近の業績は、2018年12月を決算期とする2018年度(2018年1月〜12月、単独)は売上高17億1200万円、営業損失1000万円、経常損失8700万円、当期純損失は1億5300万円。2019年度(2019年1月〜12月、連結)の予想は、売上高46億7700万円、営業利...more
カテゴリー:

クラウドファンディングサイトのMakuakeが東証マザーズ上場、公開価格1550円で初値2710円 - 12月11日(水)11:19 

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を運営するマクアケは12月11日、東証マザーズ市場に上場した。同社は、2013年5月にサイバーエージェント内の新規事業を担う子会社としてサイバーエージェント・クラウドファンディングという社名で設立され、2017年10月に社名を現在のマクアケに変更して現在に至る。 マザーズ上場時には98万株を公募し、156万5000株を売り出す。主幹事証券会社は大和証券。公募・売り出し価格は1550円で12月11日の初値は2710円、最高値は2750円で、11日11時15分現在2710円前後で推移している。ちなみに上場前の同社の株式は、親会社のサイバーエージェントが71.36%、プロサッカー選手である本田圭佑氏が設立したKSK ANGEL FUNDが13.71%、同社社長の中山 亮太郎氏5.05%を保有している。いずれの株主も90日間のロックアップ、つまり株式を売買できない期間が設けられている。 Makuakeは、国内有数のクラウドファンディングプラットフォームであり、現在では海外製品やハードウェアスタートアップ企業のテストマーケティングの場としても活用されること多い。最近では、海外企業の進出を支援するMakuake Global Planや、大企業のオープンイノベーション戦略に参画したりと活躍の場を広げてきた。 直近の業績としては、2018年...more
カテゴリー:

tenki.jp共同運営元のALiNKインターネットが東証マザーズ上場、公開価格1700円で初値4020円 - 12月11日(水)09:38 

ALiNKインターネットは12月10日、東証マザーズ市場に上場した。公募・売り出し価格は1700円で初値は4020円となった。12月11日9時30分時点の最高値は4170円で時価総額は85億2500万円。現在、4000円前後で推移している。主幹事証券会社は野村證券。 同社は日本気象協会と共同で天気専門メディアの「tenki.jp」を運営している2013年3月設立のスタートアップ。現在の天気を調べられる「tenki.jp」、登山者向けの天気情報を提供する「tenki.jp登山天気」などのスマートフォン向けアプリも提供している。2018年12月には、首都圏や福岡市などで1日70円からの傘のシェアリングサービス「アイカサ」を提供しているNature Innovation Groupへ出資するなど天気関連事業も進めている。ちなみに、同社の従業員は9名、役員を入れても14名と上場企業としてはかなりの少数精鋭である点も特徴だ。 関連記事:傘シェアサービス「アイカサ」がtenki.jp共同運営元から資金調達 直近の業績としては、2019年2月を決算月とする2019年度(2018年3月〜2019年2月)は、売上高が6億9400万円、営業利益が3億4900万円、経常利益が3億4400万円。当期純利益は2億3200万円だった。2020年度(2019年3月〜2020年2月)の予想は、売上高が6億9400...more
カテゴリー:

パラレルキャリア支援サービス「Paranavi」“新しい働き方”を考えるイベントに働く女子100名が集結! - 12月06日(金)16:00 

2019年12月6日 トレンダーズ株式会社 パラレルキャリア支援サービス「Paranavi」主催 令和時代の“新しい働き方”を考えるイベントに働く女子100名が集結!  次世代型のマイクロマーケティングを提供するトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、女性のパラレルキャリアを支援する団体「和OW Nation(ワオネイション)」と共同で、2019年11月29日に女性向けパラレルキャリア支援サービス「Paranavi(パラナビ)」のローンチ記念イベントを開催いたしました。  ※「Paranavi」に関してのリリースはこちら:https://www.trenders.co.jp/news/1248/ ◆2代目バチェラー小柳津林太郎氏×安藤美冬氏のパラレルキャリア対談  イベントでは2代目バチェラーであり、複数の肩書を持つ“ハイブリッドサラリーマン”で起業家でもある小柳津林太郎氏と、フリーランサーとして多方面で活躍する安藤美冬氏をゲストにお迎えして、令和時代の新しい働き方やパラレルキャリアについてのトークセッションを実施。セッションは終始笑いが絶えず、和気あいあいと行われました。パラレルキャリアを実践するコツとしては、安藤氏は「自分の向いていることに特化することが大事」、小柳津氏は「1つ1つが中途半端に...more
カテゴリー:

【2019年12月最新】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・特徴・リスクなど - 12月02日(月)20:04 

国内には複数のソーシャルレンディング、また、それに類するクラウドファンディング投資ができる会社があります。投資ができる会社が多いため、投資初心者の方はどの会社を使って投資すれば良いのか、迷ってしまうこともあるでしょう。 そこで、ここではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめてみました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。 ※記載の情報はすべて2019年8月調査時点のものです。 目次 ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 1-1.ネクストシフトファンド 1-2.クラウドバンク 1-3.OwnersBook(オーナーズブック) 1-4.SBIソーシャルレンディング 1-5.Funds 1-6.クラウドクレジット 1-7.LENDEX(レンデックス) 不動産投資型クラドファンディング会社の特徴 2-1.CREAL(クリアル) 株式投資型クラウドファンディング会社の特徴・比較 3-1.FUNDINNO(ファンディーノ) 3-2.Unicorn(ユニコーン) まとめ 1.ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 以下では、ソーシャルレンディング投資を提供しているサイトの中でも、運営企業や運用実績などの面から比較的安全に投資することができるサービスをご紹介します。それ...more
カテゴリー:

上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ - 12月12日(木)00:15 

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。 会社規模が大きく、つぶれにくい 物件の開発実績が豊富 コンプライアンス(法令遵守姿勢)活動に取り組んでいる 営業の説明を丁寧にしてもらえる 連絡が取りやすい 土地・物件の需要が高い 融資の条件で有利になりやすい 上記の条件を満たしていることが多いのが上場している会社です。上場企業は上場審査という証券取引所の厳しい審査を経て上場されているので、非上場の企業と比べると会社の規模や体制などがしっかりとしています。この記事では、投資会社選びでお悩みの方に向けて、不動産投資の上場企業7社の情報をまとめましたので、ぜひご参考になさって下さい。 ※本記事のデータは2019年11月調査時点のものとなります。最新情報は各社のサイトURLから直接ご確認下さい。 FJネクスト プロパティエージェント グローバル・リンク・マネジメント シノケングループ GAテクノロジーズ デュアルタップ オープンハウス 上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ 入居率99.0%、都内の高品質なブランドマンションを提供する東証1部企業「FJネクスト」 FJネクス...more
カテゴリー:

HIT、グルメメディア「めしレポ」の事業を東証マザーズ上場のイードに譲渡 - 12月11日(水)11:00 

株式会社HIT(本社:東京都千代田区、代表取締役:海山龍明)は、12月1日、東証マザーズ上場の株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)にグルメ情報に特化したメディア「めしレポ」(https://howtravel-gourmet.com/ )の事業を譲渡しました。■「めしレポ」について「めしレポ」は、口コミ評価の高いおすすめグルメを紹介しているサイトです。ユーザーからのアクセスは2019年12月現在で月間約50万PVとなっています。「高評価の居酒屋を知りたい人」、「エリア別での飲食店を立地別や価格別、用途別に見たい人」など、ニーズに応じたコンテンツ構成となっており、国内有数のグルメ情報メディアに成長を遂げました。このたび、「めしレポ」のさらなる発展とサービス向上のため、株式会社イードへの事業譲渡を決定しました。■株式会社HIT (https://hitinc.co.jp/)株式会社HITはWebメディアのインキュベーション&グロースの専門集団です。自社メディア運営のほか、知見を生かしたオウンドメディア構築支援サービス(https://hitinc.co.jp/owned/)の提供、サイト売買マーケットプレイスUREBA (https://ureba.jp/)の運営を行っています。配信元企業:株式会社HITプレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

ビーブレイク、入金消込サービス「V-ONEクラウド」を販売開始、ERP連携で経理業務の効率化を支援 - 12月10日(火)11:00 

2019年12月10日 株式会社ビーブレイクシステムズ ビーブレイク、入金消込サービス「V-ONEクラウド」を販売開始 ERP連携で経理業務の効率化を支援 株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区 代表取締役:白岩次郎 東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、株式会社アール・アンド・エー・シー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:高山知泰 以下「R&AC」)と販売代理契約を締結し、R&ACが提供するクラウド型入金消込・債権管理システム「V-ONEクラウド」を本日より販売開始することをお知らせいたします。 クラウド型入金消込・債権管理システム「V-ONEクラウド」とは 入金消込・債権管理業務を低価格で自動化する、入金回収業務特化型のクラウドサービスです。独立型のシステムのため、既存の業務フローを大幅に変える必要はありません。手作業の入金消込を自動化し、工数削減・早期に正しい月次決算が可能になります。 (V-ONEクラウド製品サイト) https://www.r-ac.co.jp/v-one-cloud/ ビーブレイクシステムズにおける「V-ONEクラウド」 ビーブレイクシステムズが開発・販売しているクラウドERP「MA-EYES」と連携することにより、「MA-EYES」で計上された請求情報を「V-ONE...more
カテゴリー:

Da-iCE×ギフトEC「Anny」 「Da-iCEスペシャル誕生日ギフト」の提供を開始 - 12月03日(火)13:00 

2019年12月3日 株式会社BLT Da-iCE×ギフトEC「Anny」 「Da-iCEスペシャル誕生日ギフト」の提供を開始 メンバーから誕生日にギフトと動画メッセージが届く!  株式会社BLT(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男)が運営するギフトEC「Anny」(アニー)は、5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEをギフトコンシェルジュに迎え、2019年12月〜2020年3月にお誕生日を迎える方向けにお花とメンバーからのお祝い動画メッセージが届く「Da-iCEスペシャル誕生日ギフト」全10商品の販売を開始いたしました。 ※株式会社BLTは、トレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード6069)の連結子会社です。 ■「Da-iCEギフトコンシェルジュ」サイト https://anny.gift/concierge/da-ice/ Da-iCEから誕生日にお花と動画メッセージが届くスペシャルギフトの販売開始! 「クリスマスギフトをAnnyがコンシェルジュします」をテーマに、相手に本当に喜んでもらえるギフト選びのサポートをしているAnnyでは、各ジャンルの著名人が「Annyギフトコンシェルジュ」となり、とっておきのギフトを紹介するコンテンツの提供を2019年12月2日(月)より開始いたしました。Da-iCE...more
カテゴリー:

オーナーズブックの評判は?メリット・デメリットを解説、始め方も - 12月02日(月)19:45 

インターネット上で「お金を借りたい人」と「貸したい人」を結びつける「ソーシャルレンディング」というサービスが新しい投資方法として注目されています。ソーシャルレンディングは株式投資やFXと比べてリスクは小さく、また、不動産投資と比べて大きな元手を必要としないため、投資初心者でも始めやすいのが特徴です。 そこでこの記事では、ソーシャルレンディングの中でも不動産に特化した「オーナーズブック」の特徴やメリット・デメリット、評判について詳しくご紹介します。不動産投資やソーシャルレンディングに興味のある方は、参考にしてみてください。 目次 オーナーズブックとは オーナーズブックの投資方法 オーナーズブックのメリット 3-1.少額・分散投資が可能 3-2.不動産のプロが物件を厳選 3-3.案件情報が豊富 オーナーズブックのデメリット 4-1.元本保証がない 4-2.途中解約ができない 4-3.利回りは控えめ オーナーズブックの評判・口コミ 5-1.企業の信頼性について 5-2.最低投資額について 5-3.抽選について 5-4.情報開示について オーナーズブックの始め方 まとめ 1 オーナーズブックとは ソーシャルレンディング会社名 ロードスターキャピタル株式会社 サイトURL https://www.ownersbook.jp 本社所在地 東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東証マザーズ上場」の画像

もっと見る

「東証マザーズ上場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる