「東証マザーズ上場」とは?

関連ニュース

上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ - 08月07日(金)11:45 

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。 会社規模が大きく、つぶれにくい 物件の開発実績が豊富 コンプライアンス(法令遵守姿勢)活動に取り組んでいる 営業の説明を丁寧にしてもらえる 連絡が取りやすい 土地・物件の需要が高い 融資の条件で有利になりやすい 上記の条件を満たしていることが多いのが上場している会社です。上場企業は上場審査という証券取引所の厳しい審査を経て上場されているので、非上場の企業と比べると会社の規模や体制などがしっかりとしています。この記事では、投資会社選びでお悩みの方に向けて、不動産投資の上場企業7社の情報をまとめましたので、ぜひご参考になさって下さい。 ※本記事のデータは2020年8月調査時点のものとなります。最新情報は各社のサイトURLから直接ご確認下さい。 プロパティエージェント GAテクノロジーズ FJネクスト オープンハウス グローバル・リンク・マネジメント シノケングループ オーナーズブック 上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ 資産性の高いワンルームで入居率99.76%、新築・中古どちらも投資可能、東証1部上場企業「プロパティ...more
カテゴリー:

あらゆるスペースを貸し借りできる「スペースマーケット」が新たにワークスペース特化シェア開始 - 08月04日(火)20:58 

あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」運営のスペースマーケットは8月4日、オフィス・会議室など働くシーンに特化したスペースをマッチングする新サービス「スペースマーケットWORK」を開始した。年内めどに、全国3000件を超えるワークスペースの掲載を目指す。 スペースマーケットは、スペースシェアにより人々の「はたらく」「あそぶ」「くらす」のあらゆるシーンにおける選択肢を広げるとともに、遊休スペースの有効な活用・収益化に貢献。2014年のサービス開始から約6年半で、掲載スペース数は現在1万3000件を超えたという。スペースのジャンルは、イベントスペース、会議室、撮影スタジオ、映画館、住宅など多岐にわたる。 新サービスのスペースマーケットWORKでは、スペースを借りる企業・個人(ゲスト)は、テレワーク・打ち合わせ・会議・セミナーなどの用途で、最短1時間から15分単位で借りることが可能。また、スペースを貸す企業・個人(ホスト)は、所有・管理している不動産の遊休時間を貸し出し、収益化できる。オフィスの会議室やイベントスペース、コワーキング、飲食店舗の個室など、空いている日や時間帯を限定して貸し出すこともできる。 さらに、ゲストは、オフィス家具や備品が揃ったスペースを月・週単位での契約(オンライン完結)も可能。一般的なオフィスビルの契約で必要となる敷金・礼金など...more
カテゴリー:

投資前にチェックしておきたいソーシャルレンディング会社のブログは? - 07月31日(金)19:08 

日本では現在10社以上のソーシャルレンディング会社があります。その中には、ブログで積極的に情報発信をしている会社もあります。 このような各社のコンテンツをチェックすることで、プレスリリースやIR情報だけではなく、そのソーシャルレンディング会社の状態や業務への取り組みを知ることも可能です。 そこで今回は、ソーシャルレンディング会社が発信しているブログの一覧をお伝えしていきます。ソーシャルレンディングの情報収集を検討されている方はご参考下さい。 目次 ブログを更新しているソーシャルレンディングサイト 1-1.クラウドクレジット 1-2.LENDEX コンテンツを提供しているソーシャルレンディングサイト 2-1.クラウドバンク 2-2.OwnersBook ソーシャルレンディング各社のブログで見るべきポイントは? まとめ 1.ブログを更新しているソーシャルレンディングサイト まず、定期的にブログを更新しているソーシャルレンディング会社はどこなのか、ピックアップしていきましょう。 1-1.クラウドクレジット クラウドクレジットは海外案件を専門に散り扱うソーシャルレンディングサイトで、ブログでの情報配信も積極的に行われています。 クラウドクレジットのホームページ内には、「コミュニティブログ」というブログ専門ページがあり、社長ブログだけではなく社員のブログまた海外の状況を伝えるブログを発信...more
カテゴリー:

サマンサタバサが合併等の実質的存続性喪失に係る猶予期間へ - 不景気.com - 07月21日(火)11:34 

東京証券取引所は、東証マザーズ上場でバッグ・ジュエリー販売の「サマンサタバサジャ...
カテゴリー:

クックビズが希望退職者募集で50名を削減へ、全従業員25% - 不景気.com - 08月05日(水)11:22 

東証マザーズ上場で飲食業界専門の求人・転職サイトを運営する「クックビズ」は、希望...
カテゴリー:

オフライン広告プラットフォーム「Bizpa」が正式版を提供開始、検索、見積もり、発注をワンストップで - 08月04日(火)10:00 

ビズパは8月4日、全国のオフライン広告商品の検索から発注までをワンストップで行えるプラットフォーム「Bizpa」を正式版として提供することを明らかにした。2019年11月からベータ版をしており、取り扱い広告商品は700媒体、27,000点を超えている。具体的な広告媒体は、屋外の看板やデジタルサイネージ、紙媒体や店舗内ポスター、交通広告などのオフライン広告。10万円以下の広告商品が80%以上で、主な顧客や中小企業やスタートアップ企業とのこと。 これまでオフライン広告は、実際の掲載料が不明瞭だったり、デジタルサイネージの場合は掲出する時間や期間で掲載料に大きな差があるなど適正価格を知ることが難しかったほか、電話やFAXを使った在庫確認や見積書取り寄せ、発注などの業務も付随していた。Bizpaはこれらをまとめて解決するSaaSだ。 同社は今後は、取扱商品の拡充やプラットフォームのシステム強化を進めていく。具体的には、広告媒体のデータ充実、マッチング精度向上、クリエイティブ補助機能などを実装する予定だ。また商品数は、2020年内に4万点、2021年内に10万円を掲載を目指す。 同社は、2018年12月設立のスタートアップ。代表取締役兼CEOの石井俊之氏は、2006年に東証マザーズ上場、2016年に東証一部に上場したラクーン(現・ラクーンホールディングス)の創業メンバーの一人(ラクーンの創業...more
カテゴリー:

システム開発会社の「アイ・システム株式会社」が、基幹業務システムにクラウドERP「MA-EYES」を導入 - 07月28日(火)11:00 

2020年7月28日 株式会社ビーブレイクシステムズ   システム開発会社の「アイ・システム株式会社」が基幹業務システムにビーブレイクのクラウドERP「MA-EYES」を導入       株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986、以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「アイ・システム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:松﨑務、以下「アイ・システム」)」の新基幹業務システムとして、クラウドERP『MA-EYES』を導入したことをお知らせします。     背景 アイ・システムは、1980年設立のシステム開発会社で、豊富な開発実績・ノウハウ・技術力により、コンサルティングから開発、メンテナンスまでの総合的なソリューションを提供しています。   同社では、プロジェクト管理を表計算ソフトでおこなっているため担当者の業務負荷が大きくなっている点や、レポートを集計するために時間がかかっているためリアルタイムに内容を確認できない点などの課題を感じており、システムを導入することを検討しました。     MA-EYES導入効果 IT業に強いMA-EYESを導入することにより、以下の効果がありました。 -プロジェクトの情報...more
カテゴリー:

「東証マザーズ上場」の画像

もっと見る

「東証マザーズ上場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる