「東急電鉄」とは?

関連ニュース

田園都市線あざみ野駅周辺の3施設を一体リニューアル!あざみ野駅直結「エトモあざみ野」 3月28日(木)開業 - 02月22日(金)15:00 

[東急電鉄]  本施設は、エトモブランド最多、神奈川県初出店の5店舗を含む35店舗が出店し、「ヨリミチコミチ~豊かな時間を辿る場所~」のコンセプトのもと、あざみ野の持つ洗練されたイメージを醸成するとともに、周辺...
カテゴリー:

クラウド受付システム「RECEPTIONIST」がSalesforceから資金調達、サービス連携へ - 02月21日(木)11:00 

クラウド型受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」を提供するディライテッドは2月21日、セールスフォース・ドットコムの投資部門Salesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資により、資金調達を実施したことを明らかにした。調達金額は非公開だが、1000万円を超えない規模とみられる。ディライテッドでは、Salesforceとの資本提携により、サービス連携も進めていく考えだ。 ディライテッドは何度か外部からの資金調達を行っており、今回の調達は2018年3月に発表された総額約1.2億円の調達に続くものとなる。 大手向けに進化したRECEPTIONIST、アポ調整機能も追加 RECEPTIONISTは、TechCrunch Tokyo 2015で開催されたハッカソンで生まれた「キヨタン」というiPad受付アプリをベースに、譲渡を受けたディライテッドが追加開発を行って、2017年1月からサービス提供を開始したという経緯を持つ。同社は2017年秋開催のTechCrunch Tokyo 2017スタートアップバトルにも参加し、東急電鉄賞を獲得している。 RECEPTIONISTでは、従来の内線による来客対応を、SlackやChatworkなどのビジネスチャットやSMSで直接担当者に通知することで置き換え、無人化している。来訪者がiPadアプリで担当者の名前を検...more
カテゴリー:

伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」専用バスを導入 - 02月20日(水)14:00 

[東急電鉄]  本列車は、2017年7月の運行開始以来、多くのお客さまに「美しさ、煌めく 旅。」を体感していただいており、これまで1泊2日のクルーズプランでは、本列車乗車後、東伊豆、南伊豆エリアを中心にの伊東、下...
カテゴリー:

JR北海道、観光列車に本腰 沿線地域への波及効果は-- - 02月19日(火)09:57 

 魅力的な観光地が各地にあり、国内外から多くの人がやってくる北海道。JR北海道は新たな収入源として、観光列車の運行に本腰を入れている。JR東日本や東急電鉄が保有する車両を道内に走らせるほか、観光向けに使える自前の多目的特急車両の製造も発表した。「経営改善への直接的な効果はそれほど大きくない」との見方
カテゴリー:

東急電鉄「Qシート」の大井町線ユーザー優遇ぶりがスゴい - 02月18日(月)07:00 

 東急電鉄は昨年(2018年)12月14日から座席指定車両「Qシート」を始めた。大井町線から田園都市線に直通する急行電車の一部を指定席として運行する。田園都市線沿線住まいの筆者は、いままでに3回乗った。…
カテゴリー:

5年連続「健康経営銘柄」に選定されました! - 02月21日(木)14:00 

[東急電鉄]  当社では、2016年2月に「最高健康責任者(Chief Health Officer 以下、「CHO」)」を新設し、取締役副社長が就任するとともに、「健康宣言」(別紙参照)を制定しました。これに...
カテゴリー:

東急電鉄、伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」専用バス5月導入予定 - 02月20日(水)17:21 

東京急行電鉄は20日、伊豆急行と東急電鉄が企画・運行する伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」に、同列車を手がけた水戸岡鋭治氏のデザイン・設計によるクルーズプラン利用者の専用バス「THE ROYAL EXPRESS専用バス」を導入すると発表した。
カテゴリー:

東急電鉄3/16ダイヤ改正、オフピーク通勤・通学推進で混雑緩和図る - 02月19日(火)18:24 

東京急行電鉄は東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、こどもの国線の5路線で3月16日にダイヤ改正を実施する。おもに速達性の向上によるオフピーク通勤・通学の推進や夕方・夜時間帯の増発により、混雑緩和を図るという。
カテゴリー:

JR新幹線の自動券売機、特定の購入操作でフリーズするトラブル - 02月18日(月)13:28 

2月15日、JR各社の駅で新幹線の自動券売機が使えなくなるトラブルが発生した。問題が発生したシステムはJR各社が共通で使用しているシステムで、自由席特急券のみを往復で購入すると画面がフリーズし、再起動するまで券売機が利用できなくなるという(NHK、東京新聞、朝日新聞)。 14日から15日にかけてシステムのプログラム更新が行われており、これによって不具合が発生したのではないかと見られている。同日午後には応急措置として不具合が発生するようなパターンでの特急券の購入を行えなくする設定変更が行われ、仮復旧したようだ。 すべて読む | ITセクション | バグ | IT | 関連ストーリー: 東急電鉄、駅の券売機から銀行預金を引き出せるサービスを来年開始へ 2018年07月17日 米サンフランシスコ市交通局、システムに侵入されて券売機が利用不能になる 2016年12月01日 JR東海の自動精算機でエリアをまたいだ精算の場合計算間違いが発生する不具合 2016年05月28日 奈良交通で通常は使えない交通系ICカードが使えてしまう不具合が発生 2015年09月30日 JR九州で発生した輸送障害、原因は「SSDの動作仕様の認識不足」 2013年07...more
カテゴリー:

JR3社&東急、「北海道」観光列車戦略の全舞台裏 運行会社の公募ではなく「車両レンタル」案に | 経営 | 東洋経済オンライン - 02月18日(月)05:20 

JR東日本と東急電鉄の観光列車が北海道の大地を駆け抜ける。JR北海道、JR東日本、JR貨物、東急電鉄は2019…
カテゴリー:

もっと見る

「東急電鉄」の画像

もっと見る

「東急電鉄」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる