「東急電鉄」とは?

関連ニュース

1.3メートル「東京一低い」ガード 頭上すれすれ電車が通る - 04月21日(日)11:16 

 東京都大田区の東急池上線洗足池駅を降り、中原街道を少し入ったところに「東京一低い」とうわさのガード下がある。  管轄する東急電鉄によると、桁下は最も低い場所で約1.3メートル。腰をくの字に曲げながら通ると、頭上すれすれを電車の通過音が響く。
カテゴリー:

大人気「幸福の招き猫電車」が5月12日から復活! - 04月19日(金)14:00 

[東急電鉄]  世田谷線は、前身の玉川線が、1907年3月に道玄坂上~三軒茶屋駅間を結ぶ単線として敷設され、同年4月に三軒茶屋~玉川駅間、8月に渋谷~道玄坂上駅間が開通しました。1925年には、玉川線の支線とし...
カテゴリー:

リサとガスパール誕生20周年記念東京×横浜スタンプラリーを開催します! - 04月18日(木)14:00 

[東京メトロ]  このスタンプラリーは、リサとガスパール誕生20周年を記念して実施するもので、東京メトロ・東急電鉄・横浜高速鉄道の各駅に設置したラックから専用リーフレットを入手し、スタンプ設置駅5駅を回りスタンプを集...
カテゴリー:

東急電鉄・東京メトロ、渋谷駅の地下出入口番号変更へ 11月にも - 04月18日(木)08:28 

東京急行電鉄(東急電鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)は、11月に渋谷駅地下出入口番号を変更する。 渋谷駅の利便性向上と、まちの回遊性の向上を目的に、東横線・田園都市線・半蔵門線・副都心線渋谷駅の地下出入口番号を変更するとともに、案内誘導サインを改善する。 従来の地下出入口番号は、道玄坂方面から渋谷警察署方面に向かって順次番号付けを実施していたが、出入口の移設や増設などに伴い、新たな案内誘導が必要としている。 官民共同で策定された「渋谷駅前サインガイドライン」に基づき、新しい渋谷駅地下出入口番号は、2027年度のまちの将来像を見据えて、A~D4つのエリアに分け、各出入口は数字を組み合わせて表記する。道玄坂方面をAエリア、宮益坂方面をBエリア、渋谷警察署方面をCエリア、桜丘方面をDエリアとする。 エリア制を導入することで、おおまかな行き先から出入口を想起しやすくするほか、各エリアにおける数字の番号付けは、今後の駅中心地区の再開発などによる地下出入口の新設に対応するため、外周部から中心部に向けて実施する。詳細については、夏頃に発表する予定。 投稿 東急電鉄・東京メトロ、渋谷駅の地下出入口番号変更へ 11月にも は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

公民連携によるインフラ設備の防災力強化・産業振興を目指し静岡県と東急電鉄が3次元点群データの利活用に関する協定を締結 - 04月15日(月)16:00 

[東急電鉄]  これまで、静岡県は防災、観光PRやインフラ維持管理の効率化といった観点から、構造物や観光地の3次元点群データを積極的に蓄積しています。東急電鉄も、首都高グループと共同開発中の「鉄道版インフラドク...
カテゴリー:

東急電鉄、世田谷線で好評「幸福の招き猫電車」復活! 5/12から運転 - 04月19日(金)19:05 

東京急行電鉄は19日、現在実施中の世田谷線50周年記念企画のひとつとして、2017年9月の玉電開通110周年記念イベント時に運行し、好評となった「幸福の招き猫電車」を5月12日から復活させると発表した。
カテゴリー:

シブピカ博2019『HAPPY HUNT』START! - 04月18日(木)15:08 

[渋谷ヒカリエ] 東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)が運営する高層複合施設「渋谷ヒカリエ」は、開業7周年を記念し、「シブピカ博2019 HAPPY HUNT」をスタートしました。 渋谷における情報・文化の発信拠点として、「渋...
カテゴリー:

リサとガスパール誕生20周年記念 東京×横浜スタンプラリーを開催します!4月27日(土)~5月27日(月) - 04月18日(木)10:00 

東京メトロ(本社:東京都台東区、社長:山村 明義)、東急電鉄(本社:東京都渋谷区、社長:高(※)橋 和夫)、横浜高速鉄道(本社:神奈川県横浜市、社長:鈴木 伸哉)の3社は、ソニー・クリエイティブプロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川 仁)と共に、リサとガスパール誕生20周年記念 東京×横浜スタンプラリーを2019年4月27日(土)から5月27日(月)まで実施いたします。 このスタンプラリーは、リサとガスパール誕生20周...
カテゴリー:

高級住宅街「尾山台」は渋沢栄一の思想が生んだ 幻に終わった世田谷区からの「玉川」独立運動 | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン - 04月16日(火)05:30 

昨年、東急電鉄の前身でもある田園都市株式会社が設立100周年を迎えた。1918年に設立された田園都市株式…
カテゴリー:

渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエア」、11月に東棟が開業へ - 04月14日(日)12:36 

東京急行電鉄(東急電鉄)、JR東日本、東京地下鉄(東京メトロ)と、3社が出資する渋谷スクランブルスクエアは、「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」の開業を2019年11月に決定した。 大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」は、渋谷エリアで最も高い約230メートル、地上47階建て。14階・45階から屋上に設置される、渋谷最高峰約230メートルのパノラマビューを誇り、日本最大級の屋上展望空間(約2,500平方メートル)を有する展望施設「SHIBUYA SKY」は、数多くのプロジェクトで世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・ライゾマティクスの、“ライゾマティクスデザイン”部門を演出プランナーとして採用。渋谷上空でしか見ることができない眺望体験と空間演出の融合によって想像力を刺激し、既存の展望施設の概念を超える新しい体験を提供する。 17階~45階のオフィス、15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」、地下2階~14階の商業施設についても詳細を発表した。 ⇒詳細はこちら 投稿 渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエア」、11月に東棟が開業へ は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

もっと見る

「東急電鉄」の画像

もっと見る

「東急電鉄」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる